トップ > My ページ > RCS さんのレビュー一覧

RCS さんのレビュー一覧 

検索結果:31件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/06/30

    アルヘンタさんは私が尊敬してやまないシューリヒト先生が認めた才能という触れ込みでしたので、一度じっくり聴いてみようと思いこのボックスを購入しました。まだ全部を聴いたわけではないのですが、聴いた演奏は録音年代のわりには音も良くとても聴きやすい録音でした。それにもまして演奏にメリハリがあり、しかも歌うところはしっかりと歌っており大変感動しました。グレート、幻想、スペイン奇想曲など素晴らしかったです。残りの曲を聴くのが楽しみです。一聴に値するボックスだと思います!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/05/12

    新譜で出た他のロッシーニ序曲全集に興味を持っていた時に、某CDショップの店員さんから安価で演奏もいいのが他にもありますよと薦められ購入したCDです。こちらも全集なので、ロッシーニの珍しい序曲が沢山収められており、曲自体がどれも聴きやすく楽しかったのですが、それに加え初めて聴いたクリスティアン・ベンダさんの指揮するプラハ・シンフォニアの演奏が素晴らしく感銘を受けました!あまりCDとかでは知られてなくても、世の中にはまだまだ素晴らしい演奏家がいるのだと再認識させられました。商品説明にも書いてありますが、演奏はとても洗練されており、各パートの絡みも自然で、曲想が良いことも当然あるのですが、確かに大変気持ちの良い演奏となっております。4枚一気に聴き通してしまいました。発売されて1年以上経っているのにレビューがなかったので早速書いた次第です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/03/11

    今日、実演で初めてこのグルダ作曲の「Concerto for myself」を聴きました。私もこのCDを手にしてから、ジャズが特に好きな訳ではないのですが、この曲は気持ちが非常に高揚する大変好きな曲となりました。その音楽性の素晴らしさに驚愕しているバッティストーニの指揮ということもあり、大変期待して聴きに行ったのですが、今日だけは実演を聴いて、逆にこのCDに聴くグルダの素晴らしさを思い知らされました!会場でも販売していたみたいですが、このCDの演奏は一聴の価値ありと考えます。グルダはやはり天才です!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/10/24

    プログラムの前半のみでしかも2曲だけのCDでしたが、唯一のザルツブルグ音楽祭ライブということもありミケランジェリのCDを久しぶりに購入しました。以前からピアノのタッチやその音色に関しては、素晴らしいピアニストだと思っておりましたが、このライブ演奏のCDを聴いて度肝を抜かれました!録音はMONOだそうですが、それを度外視したピアノという楽器から極限とも思える眩いばかり様々な音色を紡ぎ出し、それに加え半端でない打鍵力も駆使した演奏に唯々驚嘆させられました。ピアノという楽器の可能性を思い知らされた一枚でした。このような録音が残っていたことに感謝感激です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/10/05

    バイエルン国立歌劇場の来日公演を聴いた方から「魔笛」を振ったフィッシュさんが良かった、ブラームスの交響曲のCDが出てると聴き、早速購入して聴きました。確かに!各パートがよく歌い有効に絡み合い、心地よいアクセント、淀みのないテンポで推進して行く演奏で、全曲とも大変気持ちの良い素晴らしい演奏でした!元々オペラ指揮者ということもこのような演奏となる所以なのでしょうか、一聴の価値ありのCDだと思います。オーケストラも初めて聴きましたが良かったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/08/21

    マリラ・ジョナスさんのピアノを初めて聴かせて頂きました。ショパンは勿論のこと、ここに収められているどの曲も、その強靭さも兼ね備えた美しいタッチで詩情豊かに奏でられており、大変な感銘を受けました!このような数奇な運命を背負ったにもかかわらず、こんなに素晴らしい感受性を失うことのなかったピアニストがいたことにも驚きです。古い録音ですが、それを全く感じさせずに一気に聴き通してしまいました。このような録音を世の中に残してもらい感謝感激です。もっと広く聴かれるべきピアニストだと思います。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/07/11

    今までもトスカニーニの演奏の凄さは実感していたのですが、このSACDの音の迫力には度肝を抜かれました。とても1950年代の録音とは思えない音で聴かされたトスカニーニのこの演奏は、既出のCDで聴く演奏を遥かに凌駕する、メンデルスゾーンとは思えない重厚感で迫ってくる迫力満点の凄い演奏でした。生演奏を聴いたら、こんな感じだったのかなと、只々トスカニーニの偉大さを再認識させられた1枚でした。フルトヴェングラーの演奏もこんな音で聴いてみたいという思いが脳裏をかすめました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/03/15

    グリゴリー・ソコロフさんは、最近発売されたザルツブルクでのリサイタルCDを聴いてから、私の中で気になるピアニストの一人となっておりました。今回、協奏曲のCDでかつロシア物ということで迷わずに購入しました。聴いてみて期待を上回る演奏で、本当に凄いピアニストなのだなと再認識させられました。特にいつも聴いているラフマニノフの協奏曲はピアノが思いっきり鳴っており、音が洪水のように湧き出て来る素晴らしい演奏でした。もう他には協奏曲のCDは出ないのでしょうか?大いに楽しめたCDでした。因みにDVDの方はまだ観ておりません。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/01/28

    それ程期待せずに購入した事もあり、このCDには驚きました!今までジュリーニさんのCDは何枚か聴いて来ましたが、今回のようなエネルギッシュな演奏は聴いたことがありませんでした。しかも1950年代後半の録音とは思えない程、音の分離が良く、とても聴きやすい迫力のある音でした。若い時のジュリーニさんは、感情のうねりが物凄く、それは1曲目の「マンフレッド」序曲から感じたことですが、特にチャイコフスキーに至って最高潮といった印象でした。今までに聴いた「小ロシア」で最高の演奏ではないかと・・・。是非とも一聴の価値ありの1枚です!ジュリーニをあまり聴かれなかった方も印象が一変すること間違いなしと思われます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/12/04

    クリスティアン・ベズイデンホウトさんのモーツアルトピアノ協奏曲は第1弾の第22・17番の時はあまり印象に残らなかったのですが、今回のCDは感動しました!元来、特に13番が好きだったこともあるのですが、フォルテピアノは勿論のことオーケストラも含め、私の耳にはとても心地よい素晴らしい演奏で、繰り返し聴いております。第13番の愛聴盤はハスキルさんだったのですが、全く趣の違う演奏なんですが気に入っております。以前、アルテュール・スホーンデルヴィルトさんの弾くフォルテピアノによるベートーヴェンのピアノ協奏曲に嵌まり、そのフォルテピアノとメンバーによるモーツァルトのピアノ協奏曲にかなり期待をかけて聴いたのですが、ベートーヴェンの時程のインパクトがありませんでした。モーツァルトのピアノ協奏曲をフォルテピアノで聴くのであれば、今回のベズイデンホウトさんのCDがベストであると思います。なお、スホーンデルヴィルトさんのベートーヴェンピアノ協奏曲でのフォルテピアノによる演奏は素晴らしいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/12/04

    以前にファイさんのモーツァルト交響曲39番に夢中になったことがあり、今回も迷わずに購入し、また嵌まってしまいました。ハイオウ・チャンさんに関しては全く予備知識がありませんでしたが、ファイさんとの息はぴったりと言った感じで、その演奏は素晴らしかったです。そのピアノはファイさんのような刺激的な力強い面に加え、しっかりと情感もこもっており、非常に聴いていて気持ちの良い満足のいく爽快な演奏でした。一聴に値するCDだと思います、この組み合わせでの更なるモーツァルトピアノ協奏曲のCDが発売されることを期待しております。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/06/27

    ラビノヴィチさんの指揮は、以前にモーツァルトの「ハフナー」交響曲を聴いて、壮快な演奏だなと好印象を持っておりました。指揮をされているCDは少なかったので、今回「幻想」を指揮されているCDを店頭で目にして迷わずに購入いたしました。やはり、期待に違わね切れのある刺激的な演奏で、かつ音楽の流れも自然でした!一聴の価値ある貴重なCDだと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/02/07

    元来、ウェーバーの序曲は好きで、しかも全集ということで珍しい曲も入っていたので、店頭でちょっと視聴して演奏も良さそうだったため、何の気なしにこのCDを購入しました。グリフィスさんの演奏は確か初めてでしたが、あまり普段聴いたことのない『プレチオーザ』の間の取り方も心地よく、『ユーベル』は序曲集の最後を飾る盛り上がりを見せ、ケルン放送交響楽団の素晴らしい演奏も相まって、購入してから何度も聴きなおす「頻聴症候群」を発症しております。以前に初めて聴いたアレッサンドリーニさんのモーツァルト序曲集の時と同じで、何年かに一度ふと購入したCDが大変楽しめたというこれまた序曲集でした。ウェーバー好きでなくとも、一聴の価値あるCDですのでお薦めいたします。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/12/23

    サントリーホールでの実演を聴いて感動し、再びこのSACDでの「トゥーランドット」を聴いて、今回は何度も感動しております。バッティストーニさんの振るオペラでは、本年2月の「リゴレット」でも音楽が如何に舞台を盛り上げるかを思い知らされました。今まで、私はオペラよりはオーケストラコンサートばかり聴いて感動しておりましたが、このSACDはオペラの醍醐味を再認識させてくれる1枚だと思います。バッティストーニさんのこれからがますます楽しみでならない今日此の頃です。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/07/18

    このシューマンの交響曲全集は素晴らしいです。各楽器が意味をもって鳴っていて、音楽の流れも自然で派手にならず、独的な渋みもある重厚感溢れるシューマン演奏です。このような素晴らしい演奏のCDが、今回さらに安価なCDとしてかつ全集で再発売となり感謝感激です。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:31件中1件から15件まで表示