トップ > My ページ > masato さんのレビュー一覧

masato さんのレビュー一覧 

検索結果:402件中391件から402件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/28

    本当にいい音ですね…。重低音もズシンッとくるし、爪弾かれた音の繊細さも魅力的です。目を閉じると、まるで目の前で弾いているような錯覚を覚えてしまうような、臨場感のある録音も魅力です。資料的価値を超えた芸術的な価値を湛えた全集だと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/24

    シベリウスだなぁ…としみじみ感じられる演奏です。多分に先入観もあるんだとは思うのですが、ベルグルンドにしてもセーゲルスタムにしても、その先入観を裏切らない。立派なことだと思います。緻密・繊細なベルグルンド、幾分豪快なセーゲルスタムでしょうか。甲乙付けがたい…。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/24

    みなさん書かれている通り絶品です。たまに他のものも聴きたくなるでしょうし、古楽器奏者たちの刺激的な演奏に喝采することもあるでしょうが、我が家では不動の全集です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/24

    素晴らしい音楽体験・音響体験をさせてくれるセットです。いつも書くことなんですが、本当にブリリアントに感謝です。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/24

    寝る前に数曲ずつ、先日やっと聴き終えました。うんざりするどころか、また寝る前に1番から聴きなおそうと思っています(ハイドンのバリトン3重奏を聴き終えたら)。1度聴き通すだけでも、それで元が取れるぐらいのセットですが、これから何順するんでしょう。素晴らしいセットです。ベルダー、ブリリアントに感謝。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/24

    今まで有名曲ばかり聴いてきましたから、このセットで初めてラフマニノフの全貌(ほぼ?)を知りました。曲自体にしても、演奏にしても、出来不出来があるのは仕方のないこと。全貌を知れるということは素晴らしいことです。ラフマニノフに限らず、様々な作曲家の全貌を知らせてくれるブリリアント、本当に感謝です。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/24

    『ロマンティック』に関しては私が絶賛するまでもないと思うので、シューベルトについて書きます。まるで軽やかな足取りで散歩にでも出かけたような出だし。楽しく、うきうきした気分で、思わず駆け出してしまったような終楽章。ピリオド・アプローチ全盛の中、軽やかだが確固たる足取り…この時期のヴァントにしか表現できなかったのでは、と思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/24

    カラヤン自身の新録音を含め、美しい演奏、味のある演奏は沢山ありますが、冒頭の数分で、もう勝負ありです。遥から聴こえてくるが存在感のあるトランペット、味のある低弦のピツィカート、そして何よりティンパニ! ティルの木管群の表現力にも脱帽です。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/13

    数少ない恍惚となってしまう演奏の一つです。いつも、時が経つのも忘れ、忘我状態で聴き終えます。ブルックナーの7番,8番を含め,カラヤン晩年の演奏は、私の音楽鑑賞人生の宝です。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/13

    ウィーン・フィルは本当にいい音を出すオケですね…。“燻し銀”に華麗さを加えた“燻し金”なんて言葉があったら、ピッタリです。その響きはベーム、カラヤン、バーンスタイン、ショルティ、ジュリーニ…巨匠たちの晩年の音にとてもよく似合います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/07

    豊かな(豊か過ぎる)残響に関しては、賛否両論だと思いますが、私は心地よく聴けました。ブルックナーには残響がよく似合うと思います。特に4番以降は個性的な名盤揃いですが、ブルックナーの音楽を聴きたい…と思ったとき、手に取るのはこの全集かもしれません。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/26

    幻想は魅力的なものばかり。否定するのではなく、違いを楽しみたいと思っています。「幻想って、どんな曲?」と聞かれたらブーレーズのを教えます。「定評があるのは?」と聞かれたら、勿論ミュンシュ・パリ管を。「録音がいいのは?」と聞かれたらアバド・シカゴ響を。「面白い幻想はない?」と聞かれたらクレンペラーを。「美しい幻想は?」と聞かれたらチョン・ミュンフンを。「ベルリオーズって、どんな曲を書いた人なの?」とか「一番好きな幻想は?」と聞かれたら、このマルケヴィチ盤を教えます。それから、今までの私のように、この演奏を聴

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:402件中391件から402件まで表示