トップ > My ページ > Damien さんのレビュー一覧

Damien さんのレビュー一覧 

検索結果:156件中106件から120件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/28

    いつでも純粋で深みのある素敵なアンネでいたい。きっとそうなれるはず。もしも…この世に生きているのが私1人であったならば。そう言い残して日記は終わった。3日後にアウシュヴィッツに連行され、翌年にベルゲン=ベルゼン収容所で息を引き取る。彼女は美しかった。どんな時も、美しかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/26

    俺は閉塞された世界が好き。映画にしても音楽にしても。これを聴く時はベルリン天使の詩のライヴを思い浮かべる。ゴスとはこのことを言う、なあの世界。イスに座るニック、立ち上がり地を這うような黒い叫びを上げるニック。From her to eternityは暗黒の世界のテーマ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/17

    すぐに降伏してしまう。曲ごとに全く違う自分がいる。ピュアやリップは、悪意に満ちたどす黒い力が俺の心をハイにする。ウォーキングウィズシャドウズは信じる力、マイジーザスは黒い希望を俺に与える。ワンパーフェクトライは俺を沈ませ、君を想う。愛することだけが目的だった。なのに君を失望させてしまった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/12

    昼間愛した彼女は忘れて真夜中の散歩に出かける。俺は独りが似合う。「人と関わりたくない」と彼も言っていた。人間になる必要なんてない。女なんて俺を苦しめるだけだ。“俺たちは恋人じゃない。俺たちはロマンチストじゃない。”(Down in the park)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/12

    彼の美しいラヴソングの中でも1番好きなのがSeed of a lie。最後の“失望させないでくれ。君は俺を失望させる。”が美しすぎる。Sacrificeは彼のアルバムでも特に内向的で孤独だから心の奥に響く。奥さんに捧げたYou walk in my soulの詞も感動的。“今、君は俺が生きている理由だ。”

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/10

    全てはここから始まった。特に最高なのはパンク時代の13曲のライヴ。当たり前だけど他のどのパンクバンドよりも素晴らしい。そして激しい。彼の原点。エヴリデイアイダイは今でも新ダークヴァージョンでお馴染み。ジョーザウェイターは優しい名曲。冷静で激しい性格は今も全く変わってない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/09

    Disc1は80年代中盤のなぜか女とデュエットしたがってた頃のダンスミュージック。My BreathingやBerserkerは大好きな曲。Disc2は悪魔が降りてからのダークミュージック。出来ればDisc1の何曲か削って初期の名曲たちを入れてほしかった。あとVoixも。1つだけ確実なことがある。ゲイリーニューマンは最高だ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/03

    ゴダールの中でも特に好きな作品の1つ。どの映画でも孤独な美しさを輝き放つアンナカリーナ。お気に入りの場面は“君はどう思う?内面と外面、どちらが大切だろうか。”と聞かれ黙ってブリュノの頬にキスをするヴェロニカ。“自由と感じ、幸せなのか。幸せを感じ、自由なのか。”

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/04/30

    私の過去を知った時、愛する人は態度を変えて言った。“君はもう別人だ。僕が愛したのは違う君だ。”そして行ってしまう。彼が迎えに来た時、言葉では突き放してしまう。だけど人を殺してまでも彼を愛してる。短い時間だったけど幸せだった。さようなら。ナスターシャが特に美しい映画。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/04/29

    Tilt以上に暗い重たい作品を期待。楽しみ♪

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/04/02

    根暗なブキミ女?何度見ても無理がある。可愛すぎる。白塗りも可愛い。恋愛は私に向いてないとアートに時間を費やす。そんなのたいていブスだけど、もしレイチェルみたいな子なら...

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/04/02

    今回の再発で嬉しいのはこの勝手にしやがれ。やっとDVDが手に入る。見返してみたらやっぱり隙がない無駄がない完璧な作品。美しくてわかりやすい名言の数々に脱帽。ずっとアナーキー&キュートでいたい。“何がいけない。密告者は密告し、強盗は強盗し、人殺しは人を殺し、恋人は恋をする”

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/03/31

    本家オーメンとは違っても悪魔、キリスト(十字架)、ロウソク、黒猫、儀式...オカルト満載はまさにオーメン。18の天使が現れると悪魔が蘇る。18番目はレイチェルリークック。美と純朴といえば彼女。ドキドキさせるのはレイチェルだから。人間の中に悪魔が宿る。獣ではなく美しい顔で

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/03/20

    暗黒の日々。この痛み、いつまで続くんだろう。君の幹が体中の神経に絡みつき俺を窒息させる。何に嫉妬し、何を憎めばいいかもわからない。何もわからないんだ。君を愛したのが間違いだった。不器用な過去、現在、全てを忘れ去りたい。‘暗黒の日々’この辛い恋にぴったり。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/03/18

    数ある美しい場面の中でも特に好きなシーンは、クロエのカラオケと、工場の窓から顔を出すクロエ。君はいくつの時この映画を真似てタバコを吸い始めたんだっけ。この映画のクロエはホントに美しい。俺も女なら絶対真似したくなる。そしてブルーエスト~は曲を思い浮かべるだけでグッとくる。いつまでも特別な曲

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:156件中106件から120件まで表示