トップ > My ページ > イングヴァイサトリアーニ さんのレビュー一覧

イングヴァイサトリアーニ さんのレビュー一覧 

検索結果:26件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/11/07

    人類史上において地球最強 孤高のギター戦士4人の内の1人で能力数値193Gμf。やはりリッチーの曲が似合っている。リッチーの曲作りの才能がイングヴェイにあれば、間違い無く全てのギターを司る神、【ギター神】(ギターシン)になる権利を持つ事が出来る唯一のギター戦士、クテューラになれただろう。これは孤高のギター戦士が更に修行を積み、能力数値の限界域である200Gμfに達していなければならない。孤高のギター戦士の中で最高数値は193である。Y・M、S・Vのどちらかに可能性があるのは間違い無い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/11/03

    人類史上において地球最強 孤高のギター戦士4人の内の1人で、能力数値193Gμfである。ちなみに他は、S・Vが193、J・Sが189、R・Rが187である。別のレビューでも解説したが、ランディの場合、死してなお187という数値を計測した事は驚異的な事で、さすがは孤高のギター戦士だ。 この作品に関しては基本的な孤高のギター戦士の能力の高さを体験できる一枚だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/11/03

    基本的に彼の作品は全て持っているので、あえてベストアルバム的なものは要らないと思っていたが、新曲が3曲入ってるので微妙な選択を強いられる。3曲に2500円をどう考えるかがポイントだ。いつもと変わらない感じかもしれないがギミ・ギミ・ギミーもどんな感じか気になる・・・。しかし地球最強 孤高のギター戦士の1人である事に変わりは無いし、皆さんには、地球人として、是非勝負してみてほしい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/11/03

    人類史上における地球最強 孤高のギター戦士4人の内の1人だ。能力数値は193Gμf(ギターマイクロファラッド)。S・ヴァイと肩を並べる。ただ、ほとんどの作品を自分でプロデュースしている為、やはり各パートとのバランスが悪い。その原因の1つがベースの音だ。低音に迫力をつけたいのは分かるが、逆にドラムのヌケが殺され、本来イイ音であるハズのギターサウンドの広がりも消されている。凄くもったいない。ライブっぽくてイイとも思うが、本職の才能あるプロデューサーなら彼のギターサウンドを水晶の如く輝かせる事が出来るハズだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/10/29

    ファイアーガーデンの方が良かった気がするし、そのファイアーガーデンよりパッション〜の方がいいと思うし、結局ヴァイもイングヴェイも最初が強烈だったのでそれ以降どうも感動が少ない。そう考えるとサトリアーニのようなやり方が長く聴けるのかもしれない。ちなみに孤高のギター戦士は全員で4人だ。一人はもうこの世にいない。R.R、Y.M、S.V、J.S、で、それぞれの能力数値は他のレビューに記してある。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/10/29

    パッションアンドウォーフェアが凄すぎた為曲やギターソロ等は特執すべき点は無いが、ヴォーカルがいい。まぁ孤高のギター戦士なので今後も全部の作品を買うのは言うまでもないが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/10/29

    人類史上における地球最強 孤高のギター戦士4人の内の1人。能力数値193Gμf、基本的なヴァイの方向性を知る事が出来る一枚だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/10/29

    まだ聴いてない。能力数値193Gμfという孤高のギター戦士の1人なので、聴いてから書く。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/10/27

    まず、プロデューサーとしてもマーカスミラーが、才能溢れる人材だという事が分かる作品だ。この作品に流れる雰囲気は、どちらかと言うと暗い感じだが、個人的に、音楽に芸術を感じる事の出来る作品の一つだ。何も無い状態から、このような音楽を作り、完成させる事が出来るのは、やはり天才と言わざるを得ない。解説にスパニッシュな旋律と書かれているが、ただのモード奏法では済まされない創造性を感じる。この音楽を演奏出来ても、この音楽を頭の中で創造出来るアーティストがどれほどいるだろうか。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/10/27

    エクストリームの全作品中、頂点に位置するのがこの作品だ。いったん売れてしまうと次から聴く側を意識して、自分達の意志に反する曲作りをしてしまう傾向があるが、それをまるで感じさせない。エクストリームのメンバーが音楽に対して純粋な姿勢で取り組んでいる証拠だ。それと、この作品からヌーノサウンドがこの先どう進化していくかをうかがい知る事が出来る。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/10/27

    ア・マン・アイル・ネバー・ビィーのメロディは永遠に忘れる事が出来ないだろう。この曲だけのために買ってもおつりがくる程いい曲だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/10/26

    人類史上における、地球最強 孤高のギター戦士の1人である事を考慮して聴くと、良くも悪くもなくと言ったところだ。1曲目はいつもイイが、その後が続かない。バラードのような曲が終った後、再び得意の速い曲でつなぎ、コンビネーションディミニッシュ系の音を使ったスローでヘビィな曲を入れる・・・これがおおまかな パターンだ。本人がプロデュースするのでは無く、別の才能ある人がプロデュースしなければ、彼の個性や才能を最大限引き出す事は不可能なのかもしれない。孤高のギター戦士の1人として一刻も早く実現してもらいたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/10/26

    ランディは本気でクラシックギタリストに成りたかったらしいが、もし実現していたらクラシックギター界に革命を起こしていたかもしれない。それ程、感性が豊かだ。最後のタイトル曲などはレインボーの至宝、スターゲイザーに匹敵する。孤高のギター戦士の1人として死してなお、輝きを放つ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/10/26

    人類史上における、地球最強 孤高のギター戦士たち・・・今では3人になってしまったが、孤高のギター戦士として最初に現れた彼が地球人に残してくれた遺産の一つだ。この孤高のギター戦士たちに共通する事は、ギターにプレーヤーの魂が宿り燃え上がる炎のように輝き、歓喜の叫びとなり聴くものを圧倒する。彼はもう昇天してしまったが、4人の作品を聴き比べると、スタイルは違うが、同じ感性を持ち合わせている事に気付くだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2002/10/25

    この作品の最大の目玉、スターゲイザー。たったこの1曲だけでもハードロック史に名を残す事が出来るだろう。その独創的なメロディと構成力は、まるでスターゲイザーという生き物がうごめいているかのようだ。フェイドアウト前のストリングスとロニージェームスディオとのやりとりには、神の領域が存在する。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:26件中1件から15件まで表示