トップ > My ページ > テリーヌ さんのレビュー一覧

テリーヌ さんのレビュー一覧 

検索結果:1283件中1141件から1155件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/22

    特に第8番。40年ほど前に聴いた鮮烈な印象がいまだに心の底に残っていて、個人的には決定盤としか言いようがありません。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/22

    ストーリーも脚本も標準以上ですが、とにかく景色と天海さんが綺麗。邦画の海外ロケ作品としては成功作と思います。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/20

    天海祐希さんのイメージを愛するファンから非難も出て、視聴率も低かったのですが、綺麗でお茶目なゆりちゃんが見れる佳作。異色作として貴重。最終回は感動しました。オーラの輝く女優さんとしてますますファン
    度を上げました。タカラヅカ時代は女役もできる男役トップスターでしたが、今やこんなに綺麗で可愛い40代娘役女優はいません。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/20

    音楽的なレヴェルの高さ誇る実力派のロック。初めて聴いた35年以上前だったのですが、衝撃的な演奏でした。クラシック一辺倒だった私が初めてロックの良さを味わった作品です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/20

    山田耕筰の管弦楽曲については、ここにも収められている「勝ちどきと平和」「曼荼羅の華」などをアナログ時代に持っていましたが、あまり好きではありませんでした。このCDで「序曲」を聴き、初期作品の魅力を感じました。ヨーロッパ音楽の模倣が色濃いとはいえ、1886年生まれの日本人音楽家にこれだけの曲が書けたのかと、山田耕筰氏を見直しました。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/20

    室内楽はあまり好きではなかったのですが、ショーソンのP・Vn・SQのための協奏曲は、その日の気分によっては聞き惚れることがありました。管弦楽版は存在しないのでしょうが、編曲されれば嬉しいと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/20

    ショーソンの交響曲はフルネ盤が耳ざわりが最高です。私の耳では、強音でも柔らかい音響を維持し、爽やかな気分を味わえます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/20

    「ピアノと管弦楽のためのバラード」はやはりカサドシュ&バーンスタイン盤が心を惹かれます。なんとも落ち着いた気持ちを得られる曲だとあこがれている曲です。アナログ時代のレコードを災害で失ったのですが、この1曲が欲しいだけのためにこの4枚のCDを買うかどうか迷います。分売を希望します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    若い日に聴いて感動した「交響曲」が入っているだけで買った作品集。この交響曲はあまり有名にならないのですが、心を柔らかくしてくれます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    フランクの交響的変奏曲については、この盤が最高と思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    ホロビッツのラフマニノフPC3も聞き惚れますが、このワイセンベルク盤もそれに劣らず、緻密さでは優位に感じます。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    衝撃的な演奏です。トルコ行進曲の編曲(というよりはかなり凄いアレンジで複数部分を同時に弾いていたり、リストばりの難曲になっています)は驚くばかり。モーツアルト本人がこの世に戻ってきても弾けないかもしれません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    オネゲルのクリスマスカンタータは素敵な曲です。歌われ続けて飽きるほど耳にした賛美歌「聖しこの夜」がとても新鮮に聞こえてきます。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    もともと好きな曲ですが、今までの嗜好を更にランクアップできた名演。独奏者としても超一流のメンバーが集まるとやはり凄いですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    交響曲第6番はボーンウイリアムスの作品のなかでも最高峰と思います。激情と乾いた悲しみの対比が衝撃的。田園交響曲とは全く違う世界が展開され、交響曲9曲それぞれの個性のなかでも輝く独自性をもっています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:1283件中1141件から1155件まで表示