トップ > My ページ > k.k さんのレビュー一覧

k.k さんのレビュー一覧 

検索結果:257件中121件から135件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/02/24

    このCD購入の目的は、バルトーク、モーツァルトではなく、ヒグドンのブルー大聖堂です。昨年、京都市交響楽団の定期演奏会で聴き透明感溢れる新鮮な曲目でしたのでCDを捜していました。同じ指揮者で別の曲とのカップリングのアルバムがすぐ見つかりましたが、廃盤か生産中止のため入手できませんでした。このアルバムは、ネット検索で見つけました。
    早速聴きましたが、最初に聴いてから9ヶ月経過しているためコンサート会場で聴いた印象からかなり逸脱していることがわかりました。もっと、色彩感溢れる曲目かと思いきや以外と平凡。盛り上がりも少なくやや期待外れの印象。やはり、コンサート会場では良く聴こえるのかなあ?(笑)。もう少し聴き込んだら良さがわかるかもしれません。ヒグドンは、女性の作曲家で、バイオリン協奏曲や室内楽曲もありますので、そちらの作品もいずれ聴いてみようと思います。
    他の、モーツァルト、バルトークは個人的にはあまり好きな曲目ではないのでコメントは差し控えます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/02/16

    収録曲目を見て購入はしたが、やはりエリントンの代名詞「A列車で行こう」がないとベストでないように思えて頼りない。あえて外したのかもしれないが?
    特に私は、ジャズ初心者なのでお決まりの曲目がベスト盤にないと辛いです。ゆえに★3つ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/02/16

    マスタリングの事をかかれているので、CDは所有していましたが聞き比べるために購入しました。セール価格にもなっていたし。
    私の再生装置は高級な機材ではないですが、音圧が低めという指摘は感じられませんでした。差異はなかったように思えます。ただ、摩天楼の再生レベルが低めであることは同じでした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/02/09

    ジョージ・ベンソンのベスト盤であるが、セール価格でも高い。リマスターしてあると言っても1枚もので4,000円を超えるとは?購入には大変迷ったが、ベスト盤に負けました。(笑)
    ベンソンは、カールトン、メセニー、シャガタク、スタッフ、クルー、ジェイムス、デオダートなど、フュージョンブームを築いたアーティストの一人である。
    インストだけでなく、ヴォーカルバージョンも心地よい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/02/08

    海外アーティストでフュージョンブームを牽引した1人である。このアルバム、瞳のマジック、ハートストリングスあたりが一番脂の乗った作品で、よくTV番組のBGMやFMの番組のテーマ曲にもなっていた。Pメセニー、Gベンソン、Rカールトン、アジムスなど70年後半から80年初めにかけてFM「クロスオーバーイレブン」と共に歩んだアーティストである。3LP2CDのシリーズで所有しているが、懐かしさについ衝動買い(セール価格なので)してしまった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/02/08

    コンヴィチュニーのベートーベン序曲集は、LPで900円当時、フォンタナレーベルから発売されていた。今から50年近く前である。エグモント序曲以外、主要な作品が収録されていた。CDでベートーベン:交響曲全集の余白に収録されていたが1枚ものでは所有していなかったので重複するが今回セール価格で運よくゲットできた。1枚ものではカラヤンも所有しているが曲目数はカラヤンの方が多い。
    最初にベートーベンの交響曲全集や序曲集を廉価LPで購入した思い入れもあり懐かしい。録音は古いがまだ輝きは失っていない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/20

    運命、田園、コリオランが1枚に収まっている。このような表現が正しいかどうかわからないが、体言止めのベートーヴェン。冒頭のコリオランがまさにその印象。テンポも早く、余韻を感じる間もなく進む音楽。これでは、前述の3曲が1枚に収まるはずである。コンヴィチュニーを愛聴盤にしている私にとってこのシャイーの指揮は同じゲヴァントハウス管の演奏とは思えない。渋いベートーヴェンを好む方にはお勧めできないが、ある意味今時のベートーヴェンかもしれない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/17

    私事で恐縮ですが、バーンスタインのマーラーの交響曲第5番は因縁めいたものがありまして、高校生のとき初めて海外の大物指揮者の演奏会を聴きに行ったのがバーンスタイン、プログラムはモーツァルトのピアノ協奏曲第17番(指揮、ピアノ:バーンスタイン)とマーラーの第5番、新婚旅行でウィーンに滞在した一週間後にあった演奏会がこのCDの第5番でした。
    高校生のバーンスタイン来日公演時は、まだマーラーを良く知らず、事前にどんな曲か廉価LP盤を買って予習?したのを懐かしく思います。その時のLPは、ワルター/ニューヨーク・フィルのモノラル盤でした。後に、アダージェットが映画「ベニスに死す」に使用され有名になったことを知りました。
    それから、第5番は、ショルティ、カラヤン、小澤、アバドなど名だたる巨匠たちに録音されています。ブルックナーと共に、長大な交響曲のブームになったマーラーですが、当時を懐かしみながら聴きたいと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/12

    ニールセンは、カラヤンやバーンスタインも取り上げている作曲家であるが、日本ではあまり知られていないようである。北欧=シベリウス、グリークまでで終わってしまう。初めて聴いたが、この2つの交響曲だったら第3番がユニークで声楽も効果抜群。
    ただ、堅実なイメージのあるディヴィスが晩年にコンサートプログラムで取り上げたのは意外な感じもするが、この作曲家の日本と欧州での評価の差であろう。
    日本で、ニールセンをコンサートで聴ける機会は皆無に等しい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/11

    60年代のフィストラーリ、アンセルメと並んで、70年代のボニングとバレエ音楽を得意とした指揮者のアルバムである。前述の2人に比べてボニングのCDはチャーミングで聴き所を押さえた演奏でもっと評価されても良い指揮者だと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/11

    皆様も書かれてますが、何と重々しい出だし。曲が進みにつれても解消されず、第2楽章冒頭のピアノの囁きも暗いし、ウキウキ感がない。第3楽章も惰性で流れているだけ。コンサート終了後の拍手もブラボーの声はあるがいまひとつ。
    ミケランジェリがOKを出さなかったのもうなずける。むしろ、ドビュッシーのほうがクールな演奏でシューマンよりは聴ける内容である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/08

    クリスマス時期に必ず演奏されるハンドベルだが、やはりハンドベルは視覚と共に聴く音楽である。聴覚だけだと限界がある。
    むしろ、クリスマス物のコンピレーションアルバムの何曲かは収録されても良いが、延々と聴かされると飽きてくる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/08

    車のBGMに持って来いの内容。アーティスト名、セール価格のみで購入したが良い買い物をした。古きよき時代のビックバンドのサウンドである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/05

    古くは、EL&Pの展覧会の絵があったが、ポピュラーアーティストがクラシック作品をアレンジし大ヒット、まさにフュージョンブームに火をつけた名盤である。
    ツァラツゥストラは2001年宇宙の旅でメジャーになった曲である。発売当時、ドーナツ盤で3:30位にカットされたのでLPでノーカットを聴いたときの驚きは忘れていない。ロックでもシングル発売時はカットされていた。(収録時間の問題です。)リマスター盤で2ndも発売され、どちらもセール価格で購入できラッキーでした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/05

    まず、録音年代がバラバラなので、作品でかなり音質に差が出る。デッカの録音は定評のあるところだが、1950年代後半と、1970年代半ばと同じアルバムに収録されたら辛いものがある。演奏は悪くないだけにこの並びは残念である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:257件中121件から135件まで表示