トップ > My ページ > k.k さんのレビュー一覧

k.k さんのレビュー一覧 

検索結果:257件中136件から150件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/31

    モーツァルトの後期ピアノ協奏曲でもどちらかと言うと演奏会頻度の少ない作品であるが、何とチャーミングな演奏である。テイトと内田光子の信頼関係がなし得たアルバムである。今回ラッキーにもセール価格で購入できた。他の作品も揃えようと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/30

    ベスト盤なので、てっきり炎のランナーのテーマが入っていると思ったが、ここに収録されたのは1970年代の曲ばかり。もっとよく見るべきでした。ベスト盤にしては、ブックレットもお粗末。メジャーレーベルからの発売かと疑うほどチープ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/26

    このアルバムが発売された時期は、パットとジャコを比べたら、明らかにジャコ>パットでしょう。パットもやや遠慮気味に聞えます。
    ECMの白を基調としたジャケットは大好きでした。懐かしいアルバムに再会できました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/26

    選曲が地味なのか、全般的に暗い(良く言えばクール)な印象である。童謡にも同じことが言える。編曲にもよるが、もう少し明るい印象の曲目があっても良かったのでは?と感じた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/24

    デオダートは、1st,2ndアルバムが今でも愛聴盤である。フュージョンブームの火付け役で、ECM,CTIレーベルには、多数のアーティストの名盤がある。
    このアルバムでは、なんと言っても摩天楼が名曲である。イントロから何かが起こりうる予感がするサウンド、摩天楼の中を飛行物体(ヘリコプター、セスナ)が飛んでいる光景が目に浮んでくる。かっこいいが当てはまる曲目である。発売から40年近く経っているが、色あせることはない。
    クラシック作品を前作と同様取り上げているが、ラプソディーインブルーは、軽快なアレンジ、亡き王女のためのパヴァーヌは、やや地味で対照的。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/20

    ポリドールのマークが懐かしい。映画を見てないのでどのシーンで使われたかわからないが、今回セール価格になっていたので購入した。ツァラトゥストラの冒頭を一躍メジャーにした映画である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/20

    紹介文にあるようなとっつきにくい交響曲ではない印象。ナクソスお得意のマニュアックな作品。第1番の第1、2楽章はショスタコーヴィチを思わせる音色でした。ジャケット写真や紹介文からはもっと激しい音楽かなと思ったがそうでもなかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/10

    演歌や懐メロの歌手の全曲集は、音源がオリジナルか再録音したものかによって印象がかなり変わる。特に再録音は、アレンジも含めかなりオリジナルより違和感を覚えることがある。このアルバムがまさにそれで、1曲目からこれは購入失敗した思いであった。懐メロ歌手の再録音はわからないでもないが。ヒット曲よせばいいのに、星降る街角など聞いていてもいまひとつ。
    オリジナルが1番。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/08

    ジョビン、ジルベルトそしてこのボンファもボサノバの歌い手はささやくようなへたうまが特徴。気だるい雰囲気にぴったりである。購入して損はないと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/08

    タイトルからもっとラテン色があるアルバムと思ったが、普通の現代ピアノ作品集であった。作曲家はほとんど知らなかった。あまり、印象に残る曲目もなかった。可もなく不可もなくです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/07

    編曲次第で作品が台無しになる典型的なアルバムではなかろうか?ホームミュージックを意識して楽しく聴きやすいようにしているか、原曲を知っているからとても違和感がそのうちフラストレーションとなり何とか忍耐を持って最後まで聴きましたがやはり、オリジナルバージョンが1番と再認識しました。もう2度と再生することはないでしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/05

    このようなセールでないと購入しないのだが、半額でこの曲目やったらよし。ピーナッツは当たり前の事だが、オリジナルバージョンでの収録なので安心して聴けるが、たまに演歌などは、ニューバージョンを収録しているアルバムもあり違和感を覚えることがある。改めて、ピーナッツの魅力を堪能したいと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/26

    DGレーベルのニューエイジ。クラシックの名門レーベルなのでどんなサウンドかと思いきや、ピアノベースであるがつかみどころのない変化にも乏しいサウンドで、忍耐を持って最後まで車のBGMとして聴いたのだが眠くなった。セール品なので購入したのだが、私の好みのサウンドではなかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/26

    ECMの透明感あふれる音色、モノトーン調のジャケットが懐かしい。1曲目が20分を越える大作。思い出のサンロレンツォも10分を越える作品でした。さすがに、発売当時は大学生で、サンロレンツォの10分でも驚いたものだが、20分越えの作品にはびっくりした。忍耐を伴って聴いたものだが、今ではそれも懐かしい思い出です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/22

    小澤征爾は、巨人を3度録音してますが、私は最初の録音が巨人、及び小澤のベスト盤だと思っています。あえてボストン響で2度目の録音が必要であったのか疑問である。デジタル録音で入れたかったのか?最初の録音が満足していなかったのか?最初の録音は、花の章つきであった。個人的には、最初の録音を愛聴している。今回セール価格になったこともあり購入しましたが、物足りなさだけが残りました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:257件中136件から150件まで表示