トップ > My ページ > テリーヌ さんのレビュー一覧

テリーヌ さんのレビュー一覧 

検索結果:1282件中121件から135件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/17

    もっと多く発売されてもよい佳曲です。ベートーベン5の動機も出てきたり、興味深いです。諸事情で散逸したりなど謎の多いシューベルトですが、まだ発見されていない埋もれた名曲がどんどん出てくればと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/12

    特に第一番の第三楽章に聞き惚れます。この楽章の輝きと美しさが引き立つ演奏だと思います。Biret女史の演奏は魅力的です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/12

    聴きごたえのある演奏です。ひと味ちがう優秀なピアニストが出てきたと感じます。Vadym Kholodenkoの今後の活躍に期待します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/12

    Van Cliburn International Competition is very interesting.It makes me feel happy.

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/12

    コンクールの現状だけでなく、音楽の世界あるいはそれを取り巻く産業や国も含めた外部要因の複雑さが理解できます。音楽家という仕事の苦労も滲み出てくるような内容です。もともとテレビ放映用のテキストですが、たいへん興味深い本でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/12

    コンクールに関する中村さんの著作はどれも輝いています。たいへん興味深く、楽しく読みました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/12

    この人の著作には味があり面白いです。夢中になって読みました。最近中村さんの著作を連続して読んでいますが、魅了されます。ご主人の影響も大きいのでしょうか。もっと長生きしてほしかったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/12

    買ってから長らく読まずに放置していたのですが、最近見つけて読みました。大宅壮一ノンフィクション賞受賞作であったことは最近知りました。夢中になって読める面白さでした。中村紘子さんの文章力や発想力は凄いと思います。中村紘子さんの若き日のエピソードなども挿入されていて、またいろいろなコンクールやピアニストあるいは旧ソ連の音楽家などのことにも触れられていて、興味深い作品でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/07

    6つの小品(作品118)の第3曲バラード(ト短調)やラプソディー(作品79の1)などが好きです。バックハウス氏はこれらの曲を重厚になりすぎないごく自然なタッチで演奏しており、好感が持てます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/12/28

    日本での湯山昭さんに相当する世界的な作曲家&音楽教育家ギロック。子供のための曲が中心ですが、どの曲も素敵な輝きがあります。その人生や評価についての出版物で、静かな感動を感じます。子供向け以外の秘蔵の曲などあれば聴いてみたいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/12/28

    ナクソスのCDで近年発売が増えていますが、日本には戦前から凄い作曲家がいたものだと最近になって注目しています。もっと評価されるべきです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/12/28

    苦労の多かったショスタコーヴィチについて、家族から描かれた素顔に接し、ショスタコーヴィチの人間像が浮かび上がります。人間としてイメージアップしたご本人に近付けたような気がします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/12/28

    春の祭典(ひとり多重録音4手ピアノ)がピカイチです。ピアノをはじく音や足踏みなども聴こえ、楽しめます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/12/28

    Anderson & Roeは聞き手を明るくしてくれる音楽をどんどん発信してくれています。このCDではブランデンブルク協奏曲第3番(レーガー編)が光ります。特に第3楽章で元気をもらいました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/12/26

    晩年の作品、交響曲ハ長調『アルトゥーロ・トスカニーニのための思い出に』は録音される機会が少ないようです。しかしこれこそがコダーイの隠れた大傑作なのではないかと思っています。40年ほど前に初めて聴いたのですが、なぜか心惹かれる作品です。ドラティはコダーイ作品の演奏については高レベルと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:1282件中121件から135件まで表示