トップ > My ページ > どらん さんのレビュー一覧

どらん さんのレビュー一覧 

検索結果:145件中91件から105件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/19

    イメージや名前ばかりが先行してしまって、実際に聞いてみると大した事無いってアルバムも多いですけど、これは別格。じっくり聞いても、BGMに使っても素晴らしい。音の一つ一つに聞き惚れてしまいます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/19

    イベント用に最適です。正直助かりました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/19

    当時の3大ショック、ヴァンヘイレン、クラッシュ、そしてこのボストンの「More Than A Feeling」、ラジオから突然流れたフェイドインに初っ端からぶっ飛んでしまった記憶が有ります。ほんとに「宇宙の彼方へ」ってのは良く出来たネーミングです。後半ちょっと息切れ感が有りますが、文句無しの名盤です。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/19

    LP時代のスペーシーなダイナニズムには及びませんが、音質はなかなかのもんです。曲は1st同様、旧A面には圧倒されます。この反面だけで充分と感じさせます。「遥かなる想い」は今でも私の洋楽ベスト5に入る名曲中の名曲です。勿論旧B面も標準以上の出来映え、「Feelin’Satisfied 」がちょっと飛び抜けています。この声で新しい曲が聞けないのは残念です。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/19

    この音世界にはまります。これだけ評価が豹変したバンドも珍しいですが、今回のベスト盤は選曲には不満が残りますが、音質の向上のお蔭で今まで以上に気持ち良く聞けます。改めてジャパンというバンドの偉大さを再確認出来ます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/19

    キュアーに対して日本のリスナーの多くはこの辺のイメージが強いのかも知れない。70年代後半から80年代に掛けて、日本は「根暗排除運動」が真っ盛りだったので、キュアーも一発除外でした。キュアーを聞いてるなんてのは中島みゆき、山崎ハコ、オフコース等の内向派ミュージシャンと同等に見られていたので、当然隠れファンが存在するのみでした。そんな経緯が有って日本ではキュアーは余り聞かれませんでしたし、アメリカでバカ売れして、「FRIDAY〜」なんかが大きく扱われたりした今でさえ、そこそこ知識の有る人間でも「キュアーは暗い」とかいやな顔されます。そんな彼等のイメージを最も象徴的に表している作品で、今は大手を振って聞ける様になったって感じですね。辛い時代でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    数々の思い出に残る曲、アルバムを出し続けて来ている彼等ですが、やはりベストはこれかも知れません。チープトリック程の多数の名曲があるバンドの最高峰であるならば、歴史的名盤に成り得た筈なのに、何故かそんな気配が有りません。大体がこのバンドは各アルバムに必ずや数曲の名曲を入れてくるので、好みによりベスト作を選ぶのが難しい事も有ります。このアルバムを選ぶ人もきっと「ヴォイシズ」や「ドリームポリス」が入ってるから、位の差だと思います。しかし、余りにキャリアが長くて、チープ初体験者にどこを切って聞かせたらと悩んだら、やはり全編チープトリックそのまんまのこれが良いと思います。一方で、余りにポップで、ロック上級者には煙たがられた面も有ります。女の子に人気有り過ぎ、なんてのもアンチの意見で有りました。でも残念ながら私が耳にしてきた何百何千のロックアルバムの中でも、これは屈指の名盤です。チープマニアが悩むのは分かりますが、アンチでこのアルバムを拒否する方々にはちゃんとした耳を持てと声を大にして言いたいです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    売れ線に走り過ぎた反省から、随分と地味目で暗い曲(彼らにしては)を集めましたが、以降またポップな方向に進んだ所を見ると成功ではなかったようです。コマーシャルな曲は最初の一曲位で、あとは結構渋めの曲が続きます。ただファンとしてはチープのこんなアルバムも宝物になります。決して曲が悪いとか、気が入ってないとかそういうわけではないので、逆になかなか曲を覚えられず、飽きる事が出来ずに聞き続けた記憶が有ります。たまに色々と趣向を変えた作品を出す彼等ですが、結局はチープトリック節に戻ってしまいます。我々としてはいつまでもチープ節で満足なのですが、彼等も色々とチャレンジしてみたくなるのでしょう。皆暖かく見守っていますよ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    アルバムがバカ売れしましたが、売れるには理由がある。実力は元より、シングルの切り方や、PV、ジャケットデザイン裏表に至るまで計算されています。確かな実力を持つ者達がまっとうな評価を得る。それはこんなにも大変な事なのかと感じた。まだ彼らは幸運なのかも知れない。さすがにクイーンは合わないと思うけど、何かこういう愚直な真っ直ぐさを感じるバンドが売れると嬉しいです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    キャリアを通しての最高傑作と後々に言われそうな危険性を孕んだ作品。このバンドの台頭はエモに完全に市民権を与えてしまった。シーンでの認知が高くなればなるほど、エモと呼ばれる事に不快感を示すバンドが増えるのはパンク時代で経験済。そんな事お構い無しに強烈な曲を網羅したこの作品はエモの代表作であり、アンチエモを増大させる結果ともなった。この後、彼等もそんな流れに乗って、退屈な曲を演る事を成長と思い込んだら、もうこれ以上の作品は作れない。そんな事を願いながら「WHEN〜」を聞いたら。。。まあこれからを期待しましょう。将来エモが廃れたとしても、このアルバムが時代を代表する一枚である事は間違いない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    エモの超新星として現れた彼等。若さから溢れ出るエネルギーと才能の衝動がこの作品には表れています。見事期待通りにスターダムにのし上がって行くわけですが、新作を出す度にまたここから聞きたくなる、そんな彼等の生き様も垣間見れます。あまり早く大人になって欲しくは無かったのですが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    彼等のヒット曲がどっさり聞けます。演奏は薄っぺらですが、日本のアイドルとは比べ物にならないほど歌唱力は有ります。と言うか、このベスト盤で初めてじっくり彼等の歌を聞いて、ちょっと驚きました。もう少しまともなサウンドを付けてあげて欲しいですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    ジャムの軌跡を年代順に収録したベスト盤。彼等の疾走感そのままに、短くて激しい曲が次から次へと並んでいます。ジャムと言うバンドは、パンクの隆盛、ポールウェラーの才能の開花、メンバーの若さ、そんなタイミングが奇跡的にマッチした一瞬の出来事だった。スナップと言うアルバムタイトルは出来過ぎです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    ロックしか聴かない私が嵌った数少ないジャズアルバムです。ダントツで一番に聴いているジャズアルバムです。このジャケットを抱き締めたくなる気持ちをどうやって頭の角質化したロックファンに伝える事が出来るだろうって、いつもそればかり考えています。全ての音楽ファンに聴いていただきたい一枚です。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    ロックしか聴かない私が嵌った数少ないジャズアルバムです。ダントツで一番に聴いているジャズアルバムです。このジャケットを抱き締めたくなる気持ちをどうやって頭の角質化したロックファンに伝える事が出来るだろうって、いつもそればかり考えています。全ての音楽ファンに聴いていただきたい一枚です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:145件中91件から105件まで表示