トップ > My ページ > 蓮華人 さんのレビュー一覧

蓮華人 さんのレビュー一覧 

検索結果:516件中211件から225件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/30

    ミサ曲6番と番号が振られたD950だけは数枚あるが、後は全く未聴の荒野。そのほぼ全容が一気に開かれる。まさに旱天に慈雨。ポップが起用されていることもあり、さらに魅力あるものに。届くのが待ち遠しい。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/29

    音楽で巡る英国の旅。iPodにでも録れて、ローカル線乗り継ぎの旅がしてみたーい。でも英国はあまりに遠し。せめては英国政府観光局に地域別のガイドもらい、気ままなる公園暮らしの余裕を。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/29

    掉尾を飾るはずのハンガリー狂詩曲集をフィリップスに持って行かれ尻切れトンボ。またマズアだけなら最高はためらったかもしれない。でもベロフが品のいいリストを聴かせてくれそうなので、ここは期待を込めて最高を。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/28

    ベートーヴェンの中後期作品は19世紀にずれ込んでいるが…などと野暮なこと言いこなし。作品・演奏とも選び抜かれた名盤が目白押し。箱に描かれている光によって照らし出すように、きっと素晴らしい楽興の時がもたらせられることだろう。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/13

    大全集と比べて800円あまりの差では、やっぱり…でしょう。全集にはファイブスターを贈ったので…これはあくまでもコストパフォーマンスでの評価でございます。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/29

    一番簡単に弾けて、一番聴いてもらえるのが難しいワルツ。マズルカとともに、ある意味ショパンの真髄であり、同時にはみだしモノ。さらに一般的には舞踊のために書かれた作品という認識が、殆どないに等しい。しかしピリスは、本来の舞踏曲の根幹であるリズムを大切にしつつ、余分な贅肉をつけることなくピュアに弾ききっている。演奏によっては、全曲を聴き続けることに抵抗感のようなものが付き纏うワルツだが、一気呵成に聴かせてくれた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/29

    ちょっと厚めの肉質感あるスーザンの声質が、振る気が殆どなさそうなビケットの、裏切るようなサポートによって宜しく労わられ、まことに心地よいグルック。まあありそうな話ですが、私は善しとしました。モーツァルトは両者おっとり刀で、可もなし不可もなし。で、容貌を加味して、なぜか最高。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/27

    先祖帰りかも知れない。ビオンディの名もあるが、殆ど無名という演奏家が主体。しかし誰もが、オーセンティックな、クリティカルな波も散々浴びただろう。基本的には、いい加減な伊国の演奏家も、まあそれなりに…、で、おそらく誰もが考えなかった奇跡が起こったような気がする。ラテン的な明るさを消すことなく、衒学的に復元された現代のヴィヴァルディから逸脱することなく、真に素敵な演奏を聴かせる。最高!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/27

    手元不如意で購う事が出来なかったチェーザレが、こんな価格で、オマケがいっぱい付いて手元に。アー!人生何があるかわからない。よかった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/15

    大時代的とされる世界を現代風に書き換えたスーパースターなのだが、で、代表作は、と訊かれると答えに窮してしまう。おそらく、その時の現代から古典派まで、何を振らせても名演。だから何でもいいのだろうが、やはり、ベートーヴェンの1番交響曲かな。個人的は。ところでRIAS響とベルリン放送響は同一団体で、まさに「手兵」。いい時代の、多種多様な作品が収められていて、買い!

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/13

    フォルクスクラントはオランダ第3の新聞。ちょっと左系だが文化面などが充実している。CDやDVDの企画販売も行っている。しかし以前からチェックしてきているが、同紙のホームページで、このショスタはお目に掛かったことがない。早々、販売が終了したのか、あるいは、プリントミスがあり発売できなくなったのだろうか。解説が蘭語であろうが、多少の間違があろうが、どうでもいいような安さ。企画、演奏共々、最高。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/12

    実演含め数多くバルシャイを聴いてきた。残念ながら、このセットはオイストラフとの競演以外は、ちょっと残念な結果。モツ40番の壮絶にして最悪なマスタリング!さらに…。いや止そう。あらゆる不満は、敬愛する氏の責で、ないと思うが故に。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 9人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/07

    ステレオ初期、EMIが一番輝いていた時代のベルリンフィル録音。見事なアンサンブルが、クリュイタンスの豊かな音楽性を、さらなるに高みに導いている。交響曲だけでなく、一貫して気品高く、晴朗な雰囲気に包まれた演奏が連なっている。おそらくマスタリングも施されているだろう、一番気持ちよく楽聖の世界を聴けるボックスが、こうして安価に手にはいることを、心から喜びたい。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/07

    30組のエルガーコレクターエディションがあるのだから、たとえ「秘曲集」と言っても相当数ダブルだろうと思いきや、もろダブりと見られるのは交響的前奏曲「ポローニア」くらい。「インドの王冠」の「万歳、永遠なるインド」はなさそうだし、「帝国行進曲」もOp.24とは別の曲だろう。未完のPコンを含め、聴いてみたいと欲が出そうな、いけないセット。ボストックはいろいろな演奏を聴いたが、なかなか聴かせ上手。価格も価格だけに、すぐ「購入」をチェックしてしまった。明日にも手元に。楽しみだ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/05/29

    違和感ない自然な拍節感で、どんどん推進していく。時に猛烈なアッチェランドもかますが、音楽は歪まない。ロンドンフィルも持てる機能を超える性能を示し、テンシュテットの棒に応えている。マーラーが求めた世界が、聞きやすく面白く楽しめ、また深々とした感慨を全作品から導き出してくれる。ブラボー!

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:516件中211件から225件まで表示