トップ > My ページ > ラジオあたま さんのレビュー一覧

ラジオあたま さんのレビュー一覧 

検索結果:100件中46件から60件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/03/17

    全てのポップミュージックは、このアルバムに嫉妬する。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/03/17

    新世代ルネッサンス!もし革新的でビートが効いてる音楽が聴きたいならこれを聴けばいい。ブロックパーティーもクラクソンズも、そしてアークティックモンキーズさえも羨みそうなビートが詰まってる。それでいて決して完成されたとは言えない音楽は、充分に今後の可能性を感じさせてくれる。数年後振り返って僕らはきっとこう言うはずだ“WE WERE RIGHT(僕らは正しかった)!”正に新しい世代のための新しい音楽!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/03/10

    もしストロークスがもっと柔軟なら、こんなアルバムをどこかで出したんじゃないだろうか?それにしても今年は新世代ルネッサンスと言いたくなるくらい自由な発想を持った新人ばかり。ヴァンパイアウィークエンドに、ロスキャンペシーノス!、ブラッドレッドシューズ、ジーズニューピューリタンズ、そして大本命ケイジャンダンスパーティー!!偶然にも米大統領選も初の黒人か女性で争われ。世界は新しい何かを求めているのかもしれない。皮肉にもロックンロールをリセットしたストロークスのデビュー直後、世界をリセットさせた911が起きた。あれから数年またロックンロールはそんな歴史の分岐点と交わりだしたのかもしれない。。。その第一声をアメリカはニューヨーク出身のこのバンドが挙げたのは、偶然ではなく必然だったのではないだろうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/03/09

    普通にいいがちょうどいい。そんな気持ちよくて心地いい音楽。歴史的名盤とか革新的なアルバムではないけれど、長く付き合えるとってもポップなアルバム。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/02/27

    一発録りのニューアルバム!!オーケストラと渡り合ったディスク1は、あの『ワルツ〜』の楽曲でさえよりよくなったと思うほどの圧巻の1枚。そして原点回帰といってもいい地元京都のライブハウスでの演奏はブルージーで今では珍しいくらいに岸田が叫ぶロックンロールな1枚。つまり新旧のくるりが最もいい形で収められたこの2枚組。下手したらくるり史上一番いいアルバムかもしれない。。。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/02/27

    日本人であることを誇りに思えるほど、素晴らしく世界中に響いて欲しい。そんな掛け値なしの世界最高のポップミュージック!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/02/19

    今年のバラエティ豊かな新人レースの先陣をきって出てきたのは、コロンビア大学の仲間で作っただけに、ダンスパーティーの生バンドのようなお行儀のいい音楽。。。しかしそこにニューヨークの血が混じると知的で豊かな音楽が!気付けば耳から離れない病み付きミュージック!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/02/18

    言葉にならない歌、音楽にならない音。それでも口に出してギター掻き鳴らしてみたらそこにあったメロディが輝いていた。そんな奇跡がここには詰まっている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/02/11

    圧倒的!!言葉が出ないほど…ただ世界はこんなにも混乱している。でも切ないほどリアルに描かれる人間に僕らは圧倒される。まるでマーズヴォルタとレディオヘッドのアルバムを一緒に聴いたような感覚に襲われる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/01/30

    もしこれがビートルズ最期のアルバム『アビーロード』に比肩し得るなら…もちろんラストになってもいいと思うほど素晴らしい作品だ。しかし可能ならその先を見てみたい。そうもし解散しなければきっとレディオヘッドが次に作るアルバムのような音があったはず。思わずそんなことを夢見てしまうほど素晴らしい作品。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/01/30

    加速する地球温暖化。グローバリゼーションを謳い何もかもを受け入れ、混乱を招いたあの国が描かれている。そして世界は…あまりにも圧倒的な音に私たちはただただ驚愕するしかない。。。しかし世界はもうそんなところまで来ているのだ。レディオヘッドはさらにその先にいる私たちに優しく手を差し伸べたのかもしれない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/01/27

    別に好きじゃなかったはずなのに、どこかで聴いたことがあるような。。。つまり名曲だらけ。次は解散する頃に青盤を出して欲しい。だってこれは僕らの時代の僕らの赤盤でしょ?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/01/26

    完璧

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/01/07

    2007年最高傑作!!サントラがレイハラカミで主題歌がくるり。思いだしたいのに、思い出せないあの純粋な気持ちがここには詰め込まれている。だから思わず何度も見返したくなる!観てないあなたはもちろん!観たあなたももう一度手に取ってみて観てください。きっとまた観たくなるはず!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/01/06

    幸か不幸か、レディオヘッドが未だ最前線から降りないため新世代が育たなかった00年代…まるでそのことを知らしめるように終わりに近づいた07年最後に『ベンズ』『OKコンピュータ』『キッドA』と立て続けに歴史的名盤を送り出してきたバンドがここにきて、まさかの最高傑作!?まるで初心に戻ったかのような新鮮さは、決して後退でも集大成でもなく、ここからまた新たな挑戦が始まる予感さえ感じる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:100件中46件から60件まで表示