トップ > My ページ > hyperion さんのレビュー一覧

hyperion さんのレビュー一覧 

検索結果:13件中1件から13件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/02

    端正で、かつ感覚的なショパン。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/07/26

    わたし自身は、コンテンポラリーをメインとするドイツ系の二人のピアニスト、シュライヤーマッハーとリープナーによるこの作品の録音しか聴いてはいないのだが、アムランのこの演奏も、フェルドマンの秘めやかに光沢を放つ水晶のような世界を解き放ち、聴く者を深々とした瞑想へと誘い込む。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/06/01

    19世紀の「ピアノの詩人」の諸作品を、20/21世紀の「ピアノの詩人」が「ピアノの詩人たち」のために弾いた記録。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/02/21

    疑いなく、「現代」を代表する「記録」の一つ。オーケストラの響きの豊かさ、暖かさ、気宇の大きさと、やはり「正統的」に進むソロとの「共同作業」は、「ヨーロッパ」の奥深さを感じさせる。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/06/29

    バレンボイムの40年前の「記録」である。ややゴツゴツした感触の「バレンボイム節」を、すでにここでも聴くこととなり、彼の流儀が30代前半からこのようであったことを知ることができる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/11/18

    文字通り綺羅星のごとく出現する若手ピアニストのなかでも、レヴィットは、疑いもなく、21世紀を代表するアーティストの一人となる逸材である。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/08/10

    美しく、かつ情熱的なベートーヴェンであり、格調の高い成果である。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/26

    ある意味では、きわめて「ヨーロッパ的」な、穏健で趣味の高い演奏である。ヨーロッパの小ぢんまりとした瀟洒なホールで静かに耳を傾ける人びとの間で、彼らと空間と時間を共有しているかの幻影に陥ることのできる録音である。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/23

    《夜のガスパール》を聞き始めて、「スカルボ」が入っていないことに愕然(?)とするものの、40年代後半の録音としては信じ難いほどの音質と、なお壮年期のアラウのピアノの冴えゆえに、基調な復刻である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/23

    かつての国内盤LPとは異なり、音質的にも(50年代初期の録音としては)きわめて美しい復刻であるが、なによりも卓越した音楽性そのものが圧倒的である。同じ四重奏団のステレオ録音も優れたものではあるが、バリリのいかにも「ウィーン」を彷彿とさせるモノラル録音と並んで、この演奏は、1950年代のみならず、二〇世紀を代表する全集録音に属するものであることは疑いない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/04/30

    ユジャ・ワン、フリッターといった、最近登場した若手ピアニストのなかでは、やや地味な存在であるが、いかにも「ヨーロッパ的」(その意味は、もちろん、多様でありうるが)な雰囲気を放射するアーティストであり、デュディユーの作品の演奏なども、卓抜なものである。おそらく、将来が嘱望される一人である。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/04/25

    高橋アキさんの音楽性と技巧の高さを如実に示す、瞠目すべき一枚。シェルシのいくつかの録音の中でも、屈指の演奏である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/04/25

    かつてのメロス四重奏団の録音に匹敵する、卓越した演奏である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:13件中1件から13件まで表示