トップ > My ページ > pentancatsgoemon さんのレビュー一覧

pentancatsgoemon さんのレビュー一覧 

検索結果:330件中121件から135件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/21

    10CCは過去にベストアルバムを聴いただけで本格的にオリジナル・アルバムを聴いたのは初めてみたいなもんです。他の方が指摘の通りコレを聴くと同じ時期にリリースされ たクイーンの『オペラ座の夜』 に匹敵するほど何もかもが繋がっているような気がします。特に1970年代の作品は現在でも数多く再発されており大半がリマスター音源を採用しているせいか古さを感じさせないですね。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/20

    『リング・マイ・ベル』が大ヒット したのは1979年でしたが コレ一発だけで終わってしまいました。当時はドナ・サマーの『ホット・スタッフ』『バッドガール』グロリア・ゲイナーの『恋のサバイバル』などがメガヒットを飛ばした時期です。私は他の方が指摘するほど悪い作品とは思っていませんが音に関しては音圧が低くリマスター音源を採用していないようです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/19

    2012年1月に紙ジャケ盤でアンコールプレスされるようですが私は輸入盤のリマスター盤を既に持っており音源も共通マスターのようですから今回は敢えて買わない予定です。メーカーのサイトには生産枚数よりも出荷枚数が上回った場合は予約キャンセルになってしまう可能性アリと告知されておりました。こういう場合は予約開始と同時に注文しなければならず毎日サイトで商品リストをチェックしないと駄目なようです(笑)

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/19

    ファースト&セカンドアルバムを紙ジャケ盤で購入しました。当時は名前と顔が一致していなかったので曲に記憶があっても元ランナウェイズのメンバーとは知らずにいました。一通り聴いてみて採点するとファーストは80点。セカンドは95点くらいですが何回も聴き重ねていくと好みのジャンルなら満点になりそうですね。紙ジャケ盤は輸入盤と異なりボーナストラックは未収録ですがリマスタリングが完璧で音量レベル(音圧)もケチのつけようがないほど仕上がりに関しては良かったですよ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/17

    UK再発盤にはボーナストラックが収録されており日本のみシングルでリリースされた邦題『ハート・ワクワク』を聴きたかったのですが、あいにく廃盤になっており仕方なくUS再発盤を買いました。セカンドアルバム以降『BANANARAMA』〜『WOW!』まではUK再発盤を購入しただけにファースト・アルバムだけ欠けてしまったのは誠に残念無念です(笑)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/17

    ランナウェイズが解散したあと1980年にリリースされたオリジナル4作目。ただし日本では当時レコード化されず未発表のまま90年代にCD化されたようです。曲目は過去にリリースされたアルバムからは選曲されておらずライヴバージョン&スタジオ・バージョンの未発表作品と思われます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/17

    Cherry Popはイギリスの再発専門のレコード会社です。キム・ワイルドのオリジナルアルバムはデビュー作から5枚目までボーナス・トラックplusリマスター音源で復刻したので全て購入です。80年代の初頭にシーナ・イーストンと共に本国イギリスだけでなくアメリカでも旋風を巻き起こしましたが日本ではシーナ・イーストンの人気が絶大でサブ的な存在に終わりました。現在はシーナ・イーストンのオリジナルアルバムがファースト以外の初期作品が絶盤状態でキム・ワイルドは輸入盤だけですが購入するなら今のうちです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/16

    ミュージック・ライフの中古本には当時のビルボードチャートが掲載されており1983年4月は首位がマイケルジャクソン『スリラー』2位がジャーニー『フロンティアーズ』3位がホール&オーツ『H2O』3週間連続で同じ順位でした。この年はマイケルジャクソンに食われっ放しで他アーティストは2位が関の山。あまりにも相手が強すぎてジャーニーも2位どまりでした・・・私も前作『エスケイプ』よりはコチラのほうが遥かに出来は上だと思います。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/15

    当時はレインボーやマイケル・シェンカー・グループばかり聴いていましたがアイアンメイデンを知ったのは30年前ですから1981年の事です。このアルバムと次のプローラーまでは熱心に聴いていましたので最近になって輸入盤を購入したので今になって再びハマっています(笑)音源は90年代の後半みたいですが 音質と音圧は予想以上の良さなので非常に満足しております。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/15

    クリフの曲は断片的しか知らないのでコレを買いましたが懐かしいものが非常に多かったです。特に初期にあたる60年代〜70年代の代表曲を知るのに参考になりました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/15

    知名度の高いファースト&セカンドアルバムとライヴアルバムは輸入盤だけでなく国内盤もリリースされましたがコレを含むサードアルバム以降は輸入盤しかなく貴重な存在です。カタログには何も書かれていませんが音質や音圧に関しては非常に良いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/15

    EMI紙ジャケ国内盤と廉価国内盤は音質と音圧で大きな差があります。紙ジャケ国内盤は2008年リマスター音源に対し廉価国内盤は旧音源のため音質や音圧が劣ります。権利の関係などで難しいかもしれませんが異なる音源は非常に困ります(笑)このメーカーからリリースされたブロンディやデヴィット・ボウイの廉価盤はリマスター音源を使用していましたし音源くらい統一してもらいたいものです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/15

    DVD映像には70年代〜80年代の新旧アーティストが目白押しです。最初はCDだけが目当てでしたがDVDも貴重な存在です。CD収録『WE ARE THE WORLD』は日本で1985年の洋楽部門で首位!!総合部門でも上位にランクインされました。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/15

    音圧や音質は国内盤も輸入盤も共通のリマスター音源ですから中身は同じです。値段の安い輸入盤を買えば、国内盤を買うよりも予算は半分以下で済みますが 個人の自由ですから一概に私は強制できません(笑)ちなみに私は輸入盤を買いました!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/15

    1980年から1981年にかけてイギリスで10週連続アルバム売上ナンバーワンを記録したオリジナルアルバムです。2009年にファースト&セカンドの2作品がリマスター紙ジャケ化されました。当時あまり日本では話題にならなかったようですが 私にとっては懐かしい曲が満載で評価は百点満点 です。まだ聴いた事がない方には是非オススメします!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:330件中121件から135件まで表示