トップ > My ページ > CUL8er さんのレビュー一覧

CUL8er さんのレビュー一覧 

検索結果:80件中46件から60件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/03

    黒い音楽が中心の前作と、音楽を白くしてしまった以降の作品との狭間であるこの作品では、双方のいいとこどりをしている印象です。マイケル本人による作曲のみならず、タイトル曲や『Human Nature』を始め、外部ライターの手による作品も起用され、楽曲の質も高いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/03

    Billy Joelの『素顔のままで』に影響を与えたともされる特徴的なコーラスが印象的な2曲目の『I’m Not In Love』が有名ですが、1曲目も『イタリアン・レストランで』に多少影響を与えているようにも思います。他にも、全体的にドラマティックな楽曲が多数収録されていて、最後まで退屈しません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    おしゃれ路線の1枚目が大ヒットした彼女が、一転、ポップで売りに行った2枚目です。前作に収録された3曲から連続している全米1位を獲得した非常にポップな4曲を中心に、ときに強くときにスローに、全11曲を歌いまくっています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    ホント、George Michaelの天才ぶりがわかるアルバムです。誰もが初めて聴いた時から心地よさを感じるであろう楽曲群が収録されています。でも、爽快さだけでなく、どろどろした内面も所々で垣間見えます。楽曲制作だけでなく、歌手として天才なんです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    3曲目は、エレキなヒットシングルの別バージョンと呼んでもいいのでしょうか…?どちらも捨てがたいですが、強いて比べると、アコースティックなサウンドで飛ばしていくこちらの方が好きかな?全体的には、ドラマティックに楽曲が配置されています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    前作での『Brown Sugar』レベルにキャッチーな楽曲が収録されているわけではないですが、しかも約70分と長い作品ですが、度々聴いてしまいます。終盤に収録されている2曲のソウル風味のバラードが流れてくると、聴き入ってしまいます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    女の子との恋をテーマにした楽曲の割合が減っていく、後期のベスト盤です。非常にお得な感じがする1枚目と、赤盤には(自作曲どころか)ボーカル曲が一曲も収録されなかったGeorgeが存在感を示している2枚目、そんな印象です。Taxmanくらい収録してもよかった気もしますが笑

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    ビートルズの前期ベスト盤です。個人的には、アルバムで言うとHelp〜Sgt.あたりの楽曲が好きなので、2枚目が特に好きです。Rubber Soulの楽曲が充実している一方、Revolverからの楽曲が少ないですね。2枚合わせて1時間ちょいの長さなので、4,5曲増やして1枚にまとめて欲しい思いもあります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    いわゆる名作であるとの評判を聞いて入手しました。正当に評価できている自信はないですが、大好きな作品です。特に予定がないひとりの夏休み、そんなある日の昼下がりにピッタリな作品だと、個人的には受け止めています笑

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    ベスト盤っていうのはこういう作品のことなんですよ!と言えるヒット曲集ではないでしょうか。Pet Soundsより前の「夏!海!車!女の子!」な楽曲群が収録されています。そう考えると、やはり最後に『Good Vibration』は収録されていて欲しいなぁ笑

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    3部作の始まりです。やはり1曲目と6曲目が別格です。1曲目は、この作品でのアレンジに慣れたため、他の作品に収録されている管楽器が加えられたバージョンに戸惑ってしまいます。6曲目にもあてはまりますが、次作以降と比べると粘着気味なサウンドが特徴的です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    3部作の2枚目です。史上屈指(と言っても全く問題ないんじゃないかな笑)の天才であるStevieにとっても、ここからの3作品がキャリアハイだと個人的には思っています。最初は『Higher Ground』目的で入手しましたが、何回も通して聴くにつれ、他の曲も大好きになりました、特に終盤の2曲笑

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    発表自体は80年ですが、この作品までがStevieの70年代だと個人的には受け止めています。ただ、3部作+2枚組の頃と比べると、作品に込められたエネルギー量は減っている気がします、と言いたいのですが、終盤の2曲、『Lately』『Happy Birthday』はさすがです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    3部作の3作目、個人的にはStevieの作品の中でいちばん好きなアルバムです。でも、3部作の他の作品やこの次の2枚組と比べると、一般的な人気が低い気がして残念です。前作以前の乾いたサウンドも好きですが、この作品でのあたたかみのあるサウンドも好きです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/02

    3部作を総括した感じでしょうか。ポップな楽曲が多数収録されています。その分、2枚組はちょっと長い気もします。もうちょっとコンパクトにしてくれてもよかったような。そうは言っても、『As』が終わり『Another Star』が流れてくると身体が勝手に動き出してしまうわけですが笑

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:80件中46件から60件まで表示