トップ > My ページ > 八反35号 さんのレビュー一覧

八反35号 さんのレビュー一覧 

検索結果:4件中1件から4件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/01/14

    「フルトヴェングラーの演奏とはどんな物か聴いてみよう」
    そう思ったら真っ先に入手すべし。上手い整音で聴きやすい。
    第9(合唱付き)は何時でも入手できるから。
    個人的には晩年のEMIセッション録音によるベートーヴェンの
    「落ち着き払った感」に馴染めず,47年のライブ録音ばかり聴いていたが,
    最晩年となる54年3月25日のベト6,5の録音を聴いて,
    やっぱり「ライブで燃える人」だったのだと再認識した。
    精密な演奏や楽譜に忠実な演奏(綺麗な音)に慣れた現代の我々が,
    当時の熱気や個性をさらけ出した演奏に感じる物があるのは何故だろう?
    と考えさせられる。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/06/09

    演奏については色々書かれているので、ざっくりと。
    ベートーヴェン交響曲第4番は、私の好み。速めのテンポで進んで行くのですが、スポーティにはならない。ブラームスもサッと行ってるようで、実はしっかり聴かせる演奏。音質はビクターメロディア版より高音が聞き取りやすくなっています。楽章間の聴衆ノイズも残っています。折角のライブ録音だから、この方が私の好みなんです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/06/09

    いかにもムラヴィンスキーらしい。
    わたくしの好きな第9番演奏の一つ。
    ただし、ラシアンブラスOKな方でないと少々しんどいかも。
    曲の評価はすでに書かれていますので、ざっくりと。
    透明でどこまでも真っ直ぐなブルックナー。
    冷たい音色でも、どこか人間的な暖かみがある不思議な感触。

    音質については、たしかに向上しています。
    しかし、昔のビクターメロディア版をお持ちならば、
    買い換えるほどではないと思います。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/23

    意外や意外。一度聴くとワルターが基準になってしまいました。
    何度聴いても聴きあきない。良い物です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示