トップ > My ページ > mimi さんのレビュー一覧

mimi さんのレビュー一覧 

検索結果:240件中211件から225件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/05/28

    これはほとんど絶対的な名盤です。これまで世界中の幾億人かわからない位の人々が、聴き、くちずさみ、演奏し、愛してきた「メヌエット」の原曲が、Leonhardtの何一つ余計なものは入れないけれど、限りない歴史の中に息づく滋味深い演奏で聴かれます。他にも平均律があったり、フランス組曲の原形があったり、その全てが最上の演奏で収録される。特に終わり近く、E.Amelling,Leonhardtで聴かれるカンタータ82番の’Schlummert ein’は、カンタータがバスのアリアであるため、この盤でしかAmellingの歌唱は聴かれず、しかもそれが自分が知る限り、この曲の全ての演奏の中で最高の絶唱ではないかと思います。若い頃LP盤で幾度聴いたか判らないくらいですが、現在聴きかえしても、こんなに素晴らしいこの曲集はおそらく今後も現れないでしょう。音楽を愛する人全てに必ず楽しんでもらえる、永遠の名盤です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/05/22

    ロ短調ミサは西洋多声音楽の総決算としての傑作ですが、マタイ受難曲は異文化人たる我々にとって、西洋キリスト教文化の根源を理解する鍵となる作品です。従ってNr.1 ’Kommt’から、裏切り、捕縛、裁判、拷問、処刑を経て、Nr.65のアリアまで、螺旋状に駆け上がって行くこの世にも不思議な物語に、音楽によって聴き手を導いてしまう力を持つ演奏でなければ、本来的な意味を持ち得ないものだと思います。S.Kuijken/La Petit Bandeの演奏は、本当にすべてが美しい、マタイ受難曲ってこんなに美しい曲だったか、と思わせてしまう程。それもネオンサインのような人工的な華美さと対極の、たとえばクリスマス深夜ミサのロウソクの一つ一つのゆらめきのような、あるいは路傍の草花のような、信仰と真心以外からはでてこない美しさに満ちあふれています。演奏形態の議論には深入り出来ませんが、Nr.20のアリア、Nr.27、終結のレシタティーボと合唱など、OVPPでなければ絶対に出せなかったであろう、新しい美しさが随所に発見できますし、なによりこの形態のマタイの中で、これほど演奏の精緻なものはロ短調ミサの時と同様史上初めてでしょう。La Petit Bandeの演奏はロ短調ミサを上回る素晴らしいもので、これも20数年前のLeonhardtの記念碑的名盤以来です。もしかすると、S.Kuijkenのキャリアの頂点ではないでしょうか。J.S.Bachの音楽の、そして西洋キリスト教文化の奥深さに、深い感動とともに心が誘われる尊い、稀有な名盤と思います。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/05/03

    この演奏の手触りは粗く、またおそらく表現も未完成な部分が多いのでしょうが、それを越えてなお現代に生きるBachを生みだす、清新な魅力に溢れていると思います。演奏形態の問題は今後もまだまだ決着の着かないものでしょうし、この形態によって失ったものも多々あるのでしょうが、他面この形態で初めて見えてくるものも多くあります。なにより、Bach生涯最後にして最大の作品というに留まらず、グレゴリオ聖歌以来の西洋音楽史の総決算としてのこの傑作の演奏様式は、決して過去の一時期に固まってしまったものであるはずはなく、常に問われ続け、改革し続けて現代さらに未来に生き続けていくべきものと思います。その意味でミンコフスキのこの盤は、現代に生きるロ短調ミサの演奏として、多少の未完成さはあれ、ロ短調ミサという傑作の存在に相応しいものであると感じられました。現在Kuijken盤と共に最も注目すべき演奏の一つと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/05/03

    オリジナル楽器による、合唱使用のスタイルでの、近年のロ短調ミサのCDでは、おそらく最も精緻で演奏の質の高いものではないでしょうか。独唱者の歌唱もほぼ十全であり、器楽ソロも全く様式的に正しく上質なもので、18c.orchの質の高さは驚異的としか言いようの無い、さらにこれがLive演奏であることがまた一層、驚くべきことで、Liveによる同曲の演奏としては史上最高の質と言えるのでは。ブリュッヘンの旧盤は熱気に溢れた演奏として名高いものですが、その熱気がいったいいかなるものに向けられたのか不明な部分があり、その意味でやや空回りの印象が拭えませんでした。今回の演奏では、その点表層に現れた過激さは後退し、本当にブリュッヘンの求める(宗教的?)情熱が無理なく表現されてるように思われます。おそらくこの20年の、ブリュッヘン自身の信仰の深化がもたらした自然な変化であり、その意味でKarl Richterの演奏に匹敵する、現代最も宗教的なロ短調ミサと言えるかも知れません(Richter同様あくまで演奏者の信仰告白であり、某指揮者のような教化的演奏ではない)。もちろん文句無く五つ星、ただロ短調ミサの演奏思想としては、未解決の課題をあくまで切り開いていく要素はなく、演奏が過去に向かって閉じた印象は否めません。その点だけが本当に現代のロ短調ミサがこれでいいのか、という気持ちはどうしても払拭できないのですが.....。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/28

    今から30年前、このCDが初発売される数年前にNHK-FMで放送されたD946(このCDにも収録されてます)の、あまりにも美しく優しい演奏にて、自分のPolliniに対するイメージは大きく決定づけられました。Kempffがその美しい一文で述べるように(Shubert ピアノソナタ全集の解説)、Shubertの演奏に必要なのは、おそらく技量とか解釈とかでなく、Schubertの音楽をどれだけ愛してついていくか、です。ここで聴くPolliniの演奏は、彼の一般的なイメージからすれば、むしろ粗いのではと思えるくらいに無造作な演奏にも聴こえますが、反面Schubertの音楽に頭でなく自然に寄り添える人間でなければ、Schubertを心から大切に思う人でなければ、こんなにも優しく心のこもった演奏はできないでしょう。Polliniがこの録音に寄せた短い一文を読んでも判ります。歴史に残る大名演ではないかも知れませんが、Schubertの音楽を心の奥底に密やかに持ち続ける一人として、いつまでも大切にしたいアルバムの一つです。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/19

    解釈どうこう以前にチェンバロの音があまりに汚い。まだ世界の一流に伍して語るレベルの奏者ではないのでは。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/11

    最近読んだ本で、シェリングが一般的なイメージと異なり、かなり破滅的な傾向があったことを知りましたが、自分にとってこの無伴奏を考える上で鍵となる記述でした。確かに現時点で、この演奏より技術的に優れた演奏は山とあるでしょうし、また初回録音(1955)の演奏が当時如何に清新なものであっても、この2回目の演奏も現時点ではスタイルとしてはもはや旧式かも知れません。でも聞きかえして思うのは、此れ程Bachに対して敬虔な無伴奏はなく、こんなにも感謝の念が聞き取れる演奏はやはり皆無ではないでしょうか。Ciaconneのニ長調部分に込められた思念など、感謝の祈り以外の何ものでもないでしょうし、Sonata Nr.3/Fugaの単純極まりないVeni Sancto Spirituの旋律が、こんなにも溢れんばかりの想い(神への感謝?)を込めて幾度も演奏されるのも、やはりこの演奏以外に自分は知りません。そしてその直後に置かれたLargoの、深く深く真心に満ちた演奏!...如何にシェリングにとって、この曲集が己の生命を生きるのに大事なものだったかが、これを演奏することでなければ救われない何かがあったのか、年齢を経た今ならば想像できます。技術も演奏スタイルも、所詮移ろい行くものでしょうが、(おそらく)この曲集を自分の生命として生きたシェリングの想いは、決して消え去ることのない永遠のものです。Bachの無伴奏Vn集にとっての、不滅の存在価値を持つ演奏と想います。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 8人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/03/26

    J.S.Bachの音楽ほど、演奏者の知名度、年齢、経歴、権威などが当てにならないものはありません。それはおそらく、Bachの音楽を正しく演奏することが不可能に近いくらい難しいからですが、この無伴奏Vn集にしても、実は世界的に有名な古今のヴァイオリニストの演奏のほとんどが、勝手な思い込みによる歪んだ演奏であるとさえ言えます。加藤知子の演奏は、Bachの音楽にひたすら謙虚に誠実にアプローチした、自分のようなBachファンでもめったに出会うことのない、正統的演奏に近いと思います。もちろん今一歩の強烈な個性など、ないものねだりしたい部分もなくはありませんが、この真摯であくまでBachの音楽をたてる演奏の前では小さなことです。お世辞抜き、同じ国民のひいき目抜きで、世界的に超一流の演奏であり、十分この曲集のFirst choiceと思います。そこらへんの世間的に有名なヴァイオリニストや、評論家や入門書が薦める古い「歴史的」名演奏を、この演奏より優先する価値はありません。レビュアー諸氏の慧眼に感謝致します。無伴奏vn集に興味を抱く方にまず御薦めできる数少ない名演奏です。

    8人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/03/22

    実はかなり前から所有してますし、折りに触れて何度も聞きかえしておりますが、やはり大方の評者の意見と、印象が大分違うことは否めません。Vn演奏経験がないので、確かなことは云えませんが、この演奏が技術的に下手というのは正確ではないと思います(表現に必要な技術に不満を覚えることは、聞いていてありません)。しかしながら確かに言えることは、シェリングの旧盤と録音時期が数年しか違わないのが信じられない程、大時代的な、ロマンティックな演奏であるということ。自分は生まれてたかだか半世紀ですので、新即物主義の何たるかを理解できてないと思いますが、曲のテンポの動かし方、独自の強弱の付け方、フレーズの気ままなこと、どれをとっても19世紀的な特殊な音楽に聞こえます。もちろん演奏者の解釈がそうであっていけない理由はないのですが、重要なことはその展開する音楽の姿が、GouldのようにBachの音楽構造を徹底的に分析して展開したものでもなければ、無伴奏Vn集の置かれた時代背景をも十分に考慮した歴史的なものでもなく、おそらく個人的な信念(思い込み?)にのみ基づくもので、共感する人にはよいのでしょうが、こういう自分中心のBachが共感できない者には永遠に近寄り難いのだと思います。一時代を築いた偉大な演奏なのでしょうが、自分にはBachより自分(シゲティ)、というタイプの演奏に感じられ、愛着は些かも覚えませんでした。ただKremerの新盤の、直系の先祖であることはよく判りましたが....。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 8人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/21

    不勉強にして50歳近くまで、名高いMilsteinのこの盤を聴いたことがありませんでした。多くの評者が指摘される通り、おそらく現代Vnの演奏として最高水準の演奏で、最も破綻のないまとまった演奏であると思われました。ただ...ここからが、本当にこの曲集の奥深い所と思いますが、ならばこれしかいらない最高の演奏か、と言われれば少し考え込んでしまいます。おそらくひとに薦めるのにこれ以上の演奏はないし、無伴奏Vn集を鑑賞し、一歩置いて眺め、考察するには絶好の演奏でしょうが、何故にこれだけ入り込めないのでしょう?Ciaconneにしても、Sonata Nr.3/Fugaにしても、こんなに完璧にまとめてるのにこんなに醒めた印象を持ってしまう演奏も稀です。文句なく極限まで磨き上げられたガラス細工のような音の構造物を(ただしBach本来の音構造を正しく具現化できてるか、は別問題)、脇で眺めているようなもので、ならばそういう奇麗な構造物と自分が何の関わりがあるか、と考えると....。家のどこかに飾っておくのはいいが、側においていたいか? どことなく往時のKarajanの演奏を思い出してしまいます。評論家云々は自分には判りませんが、この疑いなく最も完璧な演奏が、決定盤と言われることのない理由は何となく判る気がしました。

    8人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/21

    J.S.Bachのオルガン曲の演奏史上の、隔絶した存在。とにかくすべての線が明晰で、混濁を一切許さない。まるでブーレーズのマーラー演奏のような、縦の線も横の線も透徹した驚異的演奏で、ここまで突き詰めたのは、Bachのオルガン作品の他の全ての演奏中ではもちろん、すべてのBach音楽演奏を含んでも、Leonhardtのロ短調ミサ/フーガの技法くらいしか、おそらく存在しません。Bachのオルガン作品演奏史において、仮にヴァルヒャのこの演奏の存在がなかったら、Bachの音楽の最深奥を覗く機会を持たなかったであろう自分たちは、どんなにか不幸だったでしょうか。もちろんモノラル全集盤も史上に残る名演ではありますが、演奏の深度・透徹さ・録音の明晰さにおいて、この盤は到底比較にならない存在です。全てのBach演奏中の決して多いとは言えない、人類の遺産と言える宝物と思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/14

    いわゆる大指揮者によるロ短調ミサでは、最上質な部類の演奏です。オケも合唱も昔ながらの編成を使ってるのに、この全体のバランスの良さはさすがにGiuliniとしか言いようがありません。バイエルン放送響&合唱団のうまいことはあきれるばかりで(独唱はいまひとつの演奏ばかり)、Giluni氏の晩年の演奏でもいいものではないでしょうか。ただ、他の大指揮者によるロ短調ミサと比較して、何が違うかと言えば難しいところですね。西洋多声音楽史の総決算であるこの曲の、まだまだ明らかになっていない音楽構造をあくまで追求していくわけでもなく、問われ続ける歴史的位置、現代的意味を極めようとするわけでもない....となれば、近年では数多ある、作品の構造・本質に果敢に切り込んでいく演奏(古楽器云々は関係ない)の中での存在意義は、自ずと限られてくるでしょう。あくまでGiulini氏のファンが氏の演奏を偲んで聴くための演奏と思います。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/28

    あまり言われることはないけれど、GouldのBachはかなり出来不出来の差が大きく、また若い時と早い晩年の演奏では、演奏の質が全く違っています。近年夥しく明らかにされつつある、録音・演奏に関するInside storyもよく頷けるものが多いし、聞き込めばGouldがこの曲を初めとして、晩年再録音に着手した気持ちも判ります。それでも...この演奏がなければ、Bachの現代の受容そのものが確かに全く違っていたでしょう。このデビュー盤の、Bach演奏史を一変させた歴史的な価値は、すべてを差し置いても永遠不滅であることは疑いの余地がありません。Bachを心の糧として生きる私たちは、Gouldの存在そのものと共に、この盤にいつまでも感謝しつづけたいと思います。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 14人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/22

    Polliniがいかに、他の多くの音楽家と違うレベルにいるか、改めて実感させる演奏と思います。この平均律に何かを期待しても、裏切られる。情感、ロマンティシズム、厳格さ、新鮮さ、癒し...どれをとっても、この演奏は大したことはない。否、Polliniがここで、実現しようとしていることはそんなレベルではない、むしろ極力「何も付加しない」...言い換えれば徹底的に恣意性を排除して、Bachの音楽をあるがままに響かせることのみのようです。従って、平均律に対して先入観を排して、対峙した時に初めて聴き手にもその真価が判ってくる、おそらくこの演奏に最も近いのは、チェンバロによるLeonhardtの演奏で、両者は自己の恣意性をあまりにも厳格に排除して、結果その演奏の外見は限りなく何の変哲もなくみえる、という点で共通しているように思われます。もちろん、PolliniのそれはBachをモダン・ピアノで弾くという、永遠のジレンマを仮定とした上ですが、その代償としておよそモダン・ピアノで達成される極限的なピアニズムの世界が展開されます。Prelude Nr.2の開始が、ここまで濁り無くどの声部も明白なピアノ演奏は知りません。これに較べればAshkenazyすら、雑に聞こえる程。演奏の隅々まで神経を張り巡らし、どんな小さな曲でも彫琢を尽くして仕上げる集中力の尋常でない点で、Gouldの歴史的演奏に唯一匹敵すると思います。そう簡単に理解できる演奏ではありませんが、繰り返し聞けば聞くほどその真価がひたひたと迫ってくる、孤高の名演奏です。Polliniが現在の健康状態を保っているうちに、ぜひ第2巻の演奏を届けて欲しいですね。

    14人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/27

    第1集(2,3,4番)と同様に現代PianoによるPartitaの最も素晴らしいCDと思います。Partitaは一曲一曲があまりに多様性が強いため、6曲通して素晴らしい演奏にはなかなかなりにくいのですが、誰が演奏しても一番印象が失敗ない1番はさておき、明らかなフランス風スタイルの表現がとんでもなく難しい5番での、これだけの素晴らしい演奏は稀ではないでしょうか。6番の考えようによっては最も情念的な世界の、Perahiaによる表現が、決定的なものかどうかは分からないところですが、Bachの音楽スタイルに誠実で最も美しい演奏の1つであることは間違いないでしょう。Partitaでこれだけ素晴らしい演奏ができるPerahiaには、ぜひイギリス・フランス組曲の録音も期待したいですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:240件中211件から225件まで表示