トップ > My ページ > サニーデイズ さんのレビュー一覧

サニーデイズ さんのレビュー一覧 

検索結果:1051件中976件から990件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    ドタバタが多かったシーズン3の中で、急にシリアスかつ意外な展開となった部分。誰がここでビリーがいなくなると思ったでしょう。ビリーのラストシーンは、TVで観た時もかなり驚きました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    アカデミー賞を始めとした世界各地で絶賛され、栄誉を勝ち得た名作。
    英帝国主義の暗部とされる実態を描きながらも、時系列でインド成立の過程も紐解いて行く。脚本が丁寧であり、歴史の勉強にも最適な作品となっている一方、人が戦う原点を考えさせられる哲学的側面も持ち合わせる。
    ベン・キングスレーの演じるガンジーは、途中でドキュメンタリーを観ているような錯覚に陥るほどの名演を見せており、多くの主演男優賞を当然のように受賞している。尺も長い大作であるが、じっくりと鑑賞すべき。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    前作のヒットを受けて製作された続編だが、アクションシーンが増えて噛み合わない会話の妙が減らされた感が強い。脇役のような扱いをされていたジャッキーが、ようやく対等な扱いを受けて脚本が書かれたという印象も。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    正統派のラブコメ路線で、恐らく女性に好かれるタイプの作品。
    但し、男性には「Bullshit!」と言われるかも。
    気軽に見られる作品で、デートなどには良い系統の作品でしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    これはコメディ。大笑いするための作品なので、ストーリーや設定などに難癖を付ける様なことは野暮というもの。素直に笑えます。下ネタとかブラックジョークで笑わせるタイプでもないので、子供と一緒に観ても楽しめるでしょう。この映画のヒットを受けて米国はもちろん、日本でも博物館で宿泊してのナイトツアーが企画され、大賑わいだったそうです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    管制官などの多くは、実在の本人を起用し、臨場感に拘った秀作。名の知れた俳優を一切起用しなかったことが作品にリアリティを与えているし、残された通話記録に忠実なセリフなどは、涙を誘う。誰もが知る結末へ向かうラストは分かっていても本当に胸が痛む。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    全米No1に輝いた”Nothin’ gonna stop us now”などを収録。彼らが頂点を極めた一枚。調和の取れたハーモニーと印象的なサビを持つ楽曲は、世界的な支持を得たが、バンドでありながらオリジナルの曲で勝負していなかったことがウィークポイントとなり、この作品以後は急激に名前を聞かなくなってしまった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    個人的にはラリーが登場するこのシーズンがベスト!
    話も無理なく進んでいくし、強引な展開もなく楽しいエピソードが多く感じられます。スティングが出演する回は鳥肌物。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    元気なイメージの楽曲が並ぶアルバムの中で落ち着きをもたらすバラード。
    ライブではこの曲の時だけ自らギターを持ち、歌い上げる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    これがビデオで発売された頃は誰もあのようなキャラクターとは知りませんでしたね。本当に正統派アイドルと売り出されていたし、可愛かったですね。まぁ、今も綺麗ですが…。収録された曲を見るとデビューアルバムのものが多いですが、歌はうまくありません。映像作品として楽しむべきものでしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    お得な1st&2ndのセットアイテム。どちらの作品も超の付くビッグセールスを記録し、多くのシングルヒットを産み出した。1stのしっとりした曲で抜群の歌唱力を見せつけ、2ndではリズム感も豊かにライブで観客を高揚させる術も身に着けた。今でこそ、忘れ去られたスターのような扱いを受けることもあるが、当時の彼女は正しくスーパースター。抜群の声量と伸びのあるハイトーンボイスだけでも、ホイットニーが何故世界の頂点に立ったのかが分かるはず。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/03

    ソロ初期のライブアルバム。とはいえ録音状態が悪いのか、オーディエンスの熱気が伝わってくるような臨場感に乏しく、全体的に収録されている音自体が小さい。選曲は悪くないが、ライブとしての流れもそれ程充実しているようには感じないのも難点。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/03

    雑誌の1コーナーをまとめたものだが、三浦兄が意外にインタビューアーとしての引き出しが多いため、興味深い話を引き出せている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/03

    恐らく1stより取っ付き易いと感じる人が多い2ndアルバム。CDではエレクトロの香りが強い”CHinese”や”The fear”なども、ライブでは非常に彼女のボーカルがはえる曲となっているし、今後のステージでキラーチューンとなること間違い無しの”Fuck you”などを含め、楽しくなれる曲が満載。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/03

    近年では最も攻撃的な色のするアルバムといわれる「Know your enemy」リリースに伴うツアーの一環であるため、選曲も新譜中心の構成。このときのツアーでは来日公演がフジロックのみであったため、日本のファンにとっては初めて演奏している姿を見る曲も多いと思われる。バンドにとっても特別な場所、環境であることを十二分に認識したであろう気合の入った姿は、画面を通じてよく伝わって来る。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:1051件中976件から990件まで表示