トップ > My ページ > サニーデイズ さんのレビュー一覧

サニーデイズ さんのレビュー一覧 

検索結果:1051件中961件から975件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/09

    2大コメディ・スターの共演。要するに突然金持ちとなった隣人に嫉妬する中で巻き起こるドタバタ劇なのだが、ジャック・ブラックの濃いキャラクターがいちいち笑いを誘う。レイチェル・ワイズが無邪気で多彩な表情を操り、良いアクセントとなっている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/09

    好き嫌いを抜きにし、人として一度は見ておくべき作品。ユダヤの血が流れるスピルバーグが、使命感に燃えて製作しただけあり、脚本からモノクロの画まで全てが緻密な計算の元に練りこまれている。シンドラーのリストによって生き残った人やその子孫から丹念に取材して作り上げたという収容所での出来事には決して目を背けるべきではない。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/09

    有名な小説を映画化。主演の2人が夫婦として登場する場面は非常に少なく、レイフ・ファインズ演じるジャスティンがアフリカの地で何が起きたのかを探る過程に力点が置かれている。一種のラブストーリーには違いないだろうが、精巧に作られた社会派ドラマとして評価すべき作品。英アカデミー賞やゴールデングローブ賞では作品賞にノミネートされていたのも納得の出来。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/09

    元々は俳優のマイケル・ダミアン。デイビッド・エセックスのデビュー曲をカバーした「Rock On」で全米ナンバーワンに輝いた。このアルバムは、90年前後にピークを迎えたミュージシャンとしてのキャリアを総括したような内容で、オリジナルアルバムには収録されていないクリスマスソングも入っている。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/09

    シンプルなタイトル通りの3rdアルバム。前2作でいずれもバラードが最大のヒット・シングルとなったためか、よりメロディーや曲の持つ雰囲気に重点を置いた作りとなっている感もあり、それが逆にパンチ力を軽減させたのかもしれない。彼らの王道とも言える”I live my life for you”は期待を裏切らない秀作。
    2009年に行われたナイト・レンジャーとのジョイント・ツアーで、古くからのHR/HMファンを喜ばせてくれたことも記憶に新しい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/08

    顔に似つかわしくない趣のある声で、独特の空気を産み出すアーティスト。今後も長く彼女の代表曲として響くであろう「City of Angel」や「Room Blue」は、低めの入りからリズミカルな中盤まで期待感を持続させる楽曲となっており、真の才能に触れた気になるだろう。
    日本ではジャズのチャートを席巻して注目を集めているが、枠にとらわれない幅広い楽曲をこなせる素養を感じさせるものであり、それこそポップスから演歌までハイレベルに自分のモノにしてしまいそう。
    但し、個人的には英語詞の曲だけで勝負してもらいたい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/08

    毎年恒例のサマーフェスティバル特集。サマソニ終了後1週間での発売という事で、速報性には二重丸を付けられるだろうが、十分に時間があったフジのリポートの方が薄く、ライターによっては悪意を感じさせるような書き方をしているくだりもあって、気分の良いものではない。毎年変わらない質問事項にも工夫は見られないし、通常の発行間隔を守るためにやっつけ仕事になっているような気もする。他社のようにフェス特集号を別途発行した方が良いのではないか。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/08

    原作の面白さを全て詰め込むのは無理にしても、重要なエピソードを削りすぎてパンチが効いていない感じがしてしまう。とはいえ、ヒュー・グラントはハマリ役だと思えるし、良い音楽に素敵な描写も多く、これはこれで好きな人も多いだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/08

    「ミート・ザ・ペアレンツ」や「ナイト・ミュージアム」でもお馴染みのベン・スティラーが主演したシモネタ満載のコメディ。『ウォッチメン』で有名となったマリン・アッカーマンや「イーグル・アイ」のミシェル・モナハンといった綺麗どころを揃えているが、内容はかなり下らないもので、劇場未開も当然。浮気男の懲りない性分が色々なトラブルを引き起こす過程を描いているだけ。ファレリー兄弟の作品なので、個々の場面では笑えるものの、些か度が過ぎる感もあって、上質なコメディを期待する人にはオススメできない。2008年したまちコメディ映画祭出品作。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/08

    2008年の浅草コメディ映画祭出品作。日本での劇場公開がなかったのも頷けるお下劣作品。アダム・サンドラー主演だが、とにかくシモネタのオンパレードで、子供には見せられません。エージェントとしての活躍はあっと言う間に終わり、あとは美容師としてのバカバカしい展開が長々と続く。最後の最後で真面目なテーマも盛り込んでいたけど、品のなさには本当に閉口するしかない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/08

    ファンからの人気も高い5thアルバム「The Boy With No Name」からのセカンドカット。重量感ある幕開けから、軽快かつ優しげなメロディーに転換し、力強いサビへと移行する。サマーソニック07ではオープニングで披露され、すし詰めとなっていた観衆をすぐに沸点へと導いた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/08

    セカンドアルバム「Drawn from Memory」からのシングルカット。
    かなりポップス寄りの作品であり、チャートアクションも芳しくなかったが、On Airでの来日公演では盛り上がった一曲。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/08

    Garyの熱唱型ボーカルが最もよく映えているアルバム。彼らの代名詞ともなった「Place Your Hands」他、グルーブ感に長けた曲が多く収録されており、評価を決定付けたアルバム。聴いた人に「Higher Vibration」を感じさせることは確実。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    それほどシングルヒットが多いバンドでもないので、ファンにとっても聴きたい曲は、大方網羅されているお得なベスト盤。90年代を代表する1曲となったCommon People他、チャート上位に食い込んだ曲は懐かしさを覚えます。当たり前ですが、後期のアルバムから選ばれた曲ばかりで初期の売れていなかった頃の作品は、完璧に無視されています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/04

    今も昔もカラオケ、学芸会レベルのアイドルが作られて消費されていく。
    80年代の象徴とも言える彼女たちは、その際たるものだろうけど、よくこの歌唱力でデビューさせたものだと驚きを感じる者もあろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:1051件中961件から975件まで表示