トップ > My ページ > ヴォイジャー さんのレビュー一覧

ヴォイジャー さんのレビュー一覧 

検索結果:19件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/05/20

    ムステイン絶不調!ほとんど歌えていません。演奏は相変わらず期待どおりなのですが、歌がとにかくひどい。風邪?後半すこし取り戻すがひどい!ミックスも最初はグチャグチャ、変なリミッタードラムに掛かっていたり・・・まあこの金額は納得。これを見て「メガデスって・・・」と思わないで下さいね。初心者は別のモノをオススメします。BIG4のやつとか(しかし始まってドシャぶりの雨で終わると止むって・・・何か持っているっていうか、けど逆にかっこいいというか いいですねあれは)とにかくファーストチョイスでは買わないようにしたほうがいいです。画質もイマイチ。なんかチープです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/05/20

    うーん。なんでこれを出したのか不思議?音源はブートで出回っていたので聴いたことありましたが余り変わりばえせず、映像は・・・ひどい。海賊盤並み。がっかり!よく許可して出したなぁって感じです。ミュージシャンとしてこの映像を正規の商品としてリリースすることに抵抗はなかったのだろうか?と思います。音源だけのリリースで止めとけばよかったのに。(といいながら買っている私)このレベルの画質だとわかっていたら購入しなかったと思います。期待大きすぎたからかかなりがっかりしました。武道館見に行って・・・デビカバ最後泣いていたなぁ・・・当時を思い出します。本当に海賊盤まで買っています!筋金いりのファンですっていう人だけ映像は購入された方がいいです。なんせコンサート時に後ろのお客さん用にスクリーンで映していた映像ですから。。。それを正規で出す???

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/04

    新譜を買う度に旧作を聞き返す。音質はデモテープ。どんどん周りもいなくなり孤高というより孤独。ヴォーカルもなんでその曲歌うの?ヴォーカルいるじゃん。けどリッパーあってないし。この人の最大のミスはイェンスを逃がした事。いっそのことどこかのバンドにはいっちゃえばいいのにと思います。いきずまり感あり。ほとんど手クセ、聞き飽きたインプロゼイションとよくいるギタリストに成り下がろうとしている。最初からのファンだけに悲しくなる。今求められるのは他の才能から刺激をうける事!もう買わないかも。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/28

    楽しい一枚です。やはり「このオケでスターウォーズ!」っていうのが購入した理由でした。ある意味怖いもの見たさ(聴きたさ)サントラとどうしても比較してしまいますが、何か別物のようというか印象が違いますね。それもそうですけどホルストの迫力きてますねぇ!野外録音だから響きがほとんどないデットな感じがすこし悲しかったりします。このままどこかのホールで録音しなおしてくれないかなぁ・・・・(できれば小澤征爾でって禁句でしょうか?病気じゃなかったらなぁ)リストは野外ではちときついですね。けどこれ生で聴いてたら腰ぬかしたろうなぁ・・・・けどやっぱり小澤征爾のタクトで聴いてみたい。ヴェルザー=メストもいいですよ

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/21

    うーん・・・何か欲求不満。バンドではなくプロデューサー・ミキサーのケヴィン・シャーリー何で起用しているのか? どんどん音悪くなっていっていますね。音の分離が悪くって喧嘩してる。変にハットの音いきなり大きくしたりとか不自然。マーティン・バーチの頃はよかったなぁ。エアロやジャーニー、ドリームシアターとかやっているけど音が細くってスケールダウンしちゃっていて何がいいのかわからない。昔はベースの音ぶっとく聞こえてじゃましてなかったのにこのミキサーうずもれてアタック音が変に目立つ。最悪のエンジニア。他のエンジニアで聴きたかったなぁ・・・楽曲よりもサウンドが気になって仕方ない。勢いがミックスでスポイルされている。バンド・楽曲の良さはもっと聞き込まないとわからない。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/05/02

    よっ!待ってました!待った甲斐があった。前作よりも曲がいい!やっぱファビオかっこいー!もう自分たちの「世界観」を持っていて共感したら最後「ついて行きます」という感じです。この世界に浸ると気持ちいいっていうのが実感です。曲もテクニックもいうことナシ。満足です。これライヴどうするの?見たいなぁ。すべてにおいて「上手い(巧い)っていいなぁ」

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/05/02

    なんか評価しずらいなぁ。もろRHAPSODYです。RHAPSODYがロールプレイングゲームしましたって感じ。ファビオ・リオーネが歌ったらRHAPSODYのデモテープです。ただ本家に負けるのはオーケストレイションが若干弱いかなってところで、テクニックはすごい!(とくにギターはスイーヴきめまくったりして)けどベースが「ピロピロ」とソロ取ったりしてみせびらかし感が鼻にかかる。女性ボーカルですけどバックのオケに負けてうずもれてしまうとこも感じ、ほんとファビオとかミケーレ・ルッピが歌えば化けると思います。というか本家クリソツ。また本家と同じタイミングで出すって。すこしズレていたらもっと感動したんだろうなぁ。疾走感といい本家すきならこの「分家」も好きだとおもいます。バックに負けない力強いボーカルだったら・・・ベースのあまり意味のないピロピロソロがなければ・・・もっと感動できたと。悪くはないですよ。「本家」の影が見え隠れじゃなく「見えっぱなし」

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/14

    音の洪水。「BLUE TRAIN」や「BALLADS」「GIANT STEP」を経てテクニック、サウンドを確立してこの混沌へたどり着くのかと思うと非常に興味をそそられます。ガンによって40歳で進化を絶たれた天才のその先を聴いてみたかったとつくづく思います。明らかに初心者向け(私も初心者に毛のはえたようなもんですが)ではないです。(それに2曲で約80分って!)けど混沌の中にいきなりあらわれる音の叫び(各楽器の主張)がすごくクセになって刺激的な音楽です。65年にこんな音楽やってるって素敵です。けど本当にマイルスとやっている頃から順番に(上の3枚や「ヴィレッジヴァンガード」のドルフィーとのライヴ盤やら)年代順に聴くとコルトレーンの音楽性の変遷はたまりません。もっと生きててほしかった。★の数は本当に個人的な数です。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/11

    やはりこの指揮者とオケでしか出せない音ですね。音にズシリと厚みと重みがあります。ウィーンやロンドンのオケでは言い方、表現が悪いんですが「無難」な音色に思えます。このショスタコには迫力と凄みがあります。正直あまり興味がなかった1番と15番を惚れ直してしまいました。この曲の、そしてショスタコーヴィチのよさをこのオケと指揮者から教えてもらいました。このコンビ相性一番いいように思います。(またこのコンビとロシア作曲者も!)できればこのコンビのほうでマーラー聴きたいです。(実際マーラーの9番生で聴きましたがカンドーでした。)しばらくは聴きまくるでしょう。最近ロンドンとの「青ひげ」も購入したんですけどこっちが上です。年末のコンサート楽しみです。(ゲルギエフで聴くチャイコの5番何度目かなぁ。けど泣いたんだよなぁ。)

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/04

    クラッシックをジャズにアレンジして弾くエヴァンスも良いです。オーケストラと一緒とはいえあくまでトリオがメインでオーケストラは最初は引き立て役という感じです。しかしだんだんと溶け込んでしまう不思議なアルバムです。ときどき昔の映画のサントラ聴いている錯覚に陥ってしまう感があります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/04

    ああ上手いっていいなぁ。楽器で会話してる。内容はもちろん最高ですがこのアルバムこのジャケット最高でしょう!センス良すぎ!私もジャケットでまず惚れてしまいました。死語かもしれませんが「ジャケ買い」したも同然です。正直ピアノとギターのデュオはなかなか手がでないというか尻込みしてしまいますが勇気をもって買え!ちなみにこのCDかざっています。インテリアにも是非!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/04

    トリオでの演奏になんか慣れてしまっていたせいか聴いてなんか不思議な感じがしてしまうのは私だけなのでしょうか?けどものすごく心地よいんです。特に2曲目の「星に願いを」なんて夜電気消して聴いた日にゃたまりません。ジム・ホールの紡ぎ出すギターの甘いトーンであのメロディ弾かれたら最高です。このアルバムのもう一人の主役はギターのジム・ホールです。ハバートやホール、もちろんエヴァンスがもちまわり、ヒースの気持ちいいベースランニングにフィリー・ジョーの軽快なドラムワーク(特にハットが気持ちいー!)他のエヴァンス作品にはあまり聴けないノリノリのアルバムです。だからこのリズム隊なんだなぁと今ふと思ってしまいました。しみじみというよりノリノリ!もっとこのエヴァンス聴いてみたい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/27

    ジャズ勉強中の私からすると目から「うろこ」ではなく「目」が落ちました!別の視点、観点から夢中になれます。ドルフィーのアヴァンギャル度!とコルトレーンってどうなの?とかなり興味本位で購入したのにもう虜です。この高揚感。テンションがどんどんあがっていくさまがリアルに伝わってきます。コルトレーンとドルフィーがバトルするかと思えば絡み合い、それに触発されるように温度がどんどんあがっていくさまがたまりません。4枚びっちりありますけど続けざまに通して聴いてしまいました。どちらかというと「じっくり」聴くスタンスから「前のめり」になって聴く事をおぼえてしまいました。私を進化させてくれたCDです。よりジャズが好きになりました。ジャズ喫茶とかでこれ聴いてたらどうなるのでしょうか?うーん聴いてみたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/25

    まずジャケットがすばらしい。そして曲も!特に「サウンドチェイサー」はド頭からひきこまれます。そしてやはりクラシカルというよりジャージーなモラーツの存在が大きいです。またこの時代のイエスの中でもこのアルバムは音同士がぶつかりあって喧嘩しています。全部音が太いので特にコーラスの混じり具合は邪魔してるとさえ思います。各楽器をバランスとっただけのような感じです。けど好きなアルバムなんですよ。だから別のミキサーで聴きなおしてみたいなぁと尚更思ってしまいました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    以前のアルバムに比べて明らかに音質アップ!かなり音いっぱいなのに邪魔していない。もちろん曲も秀逸!当時スーパーボウルのハーフタイムショウをマイケルがやり(野外のスタジアムで)世界最高のハーフタイム″エンターテイメント″ショウを魅せてくれました。絶対に誰も超えることができないショウに当時めちゃくちゃ感動しました。(またその時の試合がすごくおもしろくってなお印象に残っています。カウボーイズすごかった!)そして今当時の映像をみて涙しています。何の涙かわかりません。感動か、くやしさか。そのショウは「ヒール・ザ・ワールド」で終わります。子供を抱いているマイケルは印象的です。それもあって一番大好きなアルバムです。曲もいっぱいはいっているのに長さを感じさせないというのは陳腐な言葉ですが「すごい」です。けどいなくなってから何を聴いても感情的になってしまいます。同じ時代にいることができて心から幸せでした。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:19件中1件から15件まで表示