トップ > My ページ > ako さんのレビュー一覧

ako さんのレビュー一覧 

検索結果:21件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/04/28

    LPで確か3500円で買って、すりへるほど何度も聴きました。聴きたいという人のために、カセットテープの60分にはシューマン、入りきらなくて、困った・・・などと思っていました。まだわたしのLPプレーヤーは健在ですが、こんなに安くCD化されてるんだったら、買うかあ・・・三人揃った写真だけでも貴重。演奏は定評ある名演で、ワタシがあれこれ口を出すこともないのですが。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/04/27

    ワタシ確かこのライヴ、足を運びましたわ。G線上のアリアを弾き終わった後、涙をこらえきれなかったチョンが、目頭を押さえていた・・・「シャコンヌ」で何か物を叩くような音がするのでいったいこれはナンヤ?と思っていたら、靴を踏み鳴らしていた音のようでした。唖然として金縛りにあっていた心境に陥り、否、聴衆全体が異様な雰囲気になっていたことを思いだします。ポリーニいたのかあ?20世紀音楽弾かせたら、まず彼女の右に出る存在は考えられず、自分的にも協奏曲の録音(バルトークにしろストラヴィンスキーにしろ)もベストです。この求心性と遠心力の奇跡的結合には、録音だけでもある程度窺えますが、この実演で初めて納得がいきます。ラヴェルが終わったあと、急に緊張感を和らげ、いくつかアンコール弾いて下さいましたが、バッハの無伴奏は、デッカのとはかなりテンポ設定が異なります。実演の恐るべきハイテンションと凄み、そののちの、東洋の一婦人としてのにこやかな姿のあまりにもの差異にはやはりこのライヴ来てよかった・・・と。それにしてもCD化、毎度のことらしいですが、遅いですね。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/11

    ベートーヴェンは他の方に譲るとして、驚いたのは、他の録音。まずラフマニノフの3番。よくぞこんな凄い演奏が出来たものです。アシュケナージが色あせてしまうどころか、ベストと言っても過言ではないピアニズム、録音悪すぎる!もう少しオケの録音がよければ・・・。チャイコフスキーもショパンのソナタも、アルゲリッチを上回る完成度。なぜこんなところに押しやられているのだろう。みんなギレリスといえば、判で押したように、ドイツ音楽、ベートーヴェンのソナタとブラームスの協奏曲、というのだが、というより、わたしもそう思っていましたが、やはりリヒテルの影に隠れてしまうのか、過小評価されすぎ。ギレリス自身が、リヒテルのほうが上、といたるところで言っていたらしいが、そうやってスタンドプレーに縁がなかったからだろうか。こんな優れた演奏を成し遂げてしまうことには敬服の限りです。それにしても録音悪すぎる。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/05/19

    わたしは大まじめにガーシュインを聴きました。そして驚きました。ピアノの冒頭のフレーズの音階のあまりの美しさに。ハナからけなすものでもないです。リヒテルは曲と作曲者に絶大な敬意を払って演奏しています。堂々たる後期ロマン派風の「傑作」です。ヤマハの音はまろやか、オーケストレーションだって堂にいっている。正直、驚きました。ガーシュウィンが仮にヨーロッパに生まれてくれば、天才作曲家と言われたのに…と本当に思います。少なくともわたしのアメリカ音楽に関しての考え方は大いに変りました。単に先入観に支配されているだけではないか、と。アイヴスやケージもいれば、グローフェ、コープランド、バーバー…、皆食わず嫌いではなかったと。あれだけの優秀オケがたくさんあって、多分今日も自国の作曲家に夥しい委嘱作品をかいてもらっているに違いないのです。ジャズというのは、日本でいう演歌や民謡のようなものではないかとワタシはカネがね思っています。無論反論はありましょう。ただし何も先入観に左右されることもない。スゥイングがどうのこうのというのは副次的なこと。ドイツ音楽が唯一のクラシックではないのですから。ましてやブーレーズやシュットックハウゼンだけが、「前衛」の筈もない。虚心?に帰ればいろいろな「発見」があるものですね。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/05/19

    購入の目的は、わたしが現実にレッスンを受けた「アデライデ」コンチェルトを聴くためであった。だいぶ入荷まで待たされたが、実はこの曲は贋作であるという。しかも7番も真偽がはっきりしないという。しかしメニューインの演奏は誠実そのもの。これだけまとまって録音されているだけでも、この盤の価値は十分あると思う。加えて価格も妥当。届いた時の達成感たるや否やといったら相当のものであったが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/04/09

    あまり期待していなかったギレリスの1番が最高です。これはアルゲリッチなどをはるかに凌ぐと思いました。終楽章の盛り上がり方もすごいし、アルゲリッチの乱暴で粗野な音とは基本的に違う、透徹して芯の強い美音です。彼のベートーヴェンにも共通する音、加えてマゼールの力強い指揮ぶり、構築性。完全にハマりました。リヒテル・カラヤン盤と双璧です。ギレリスはとかくリヒテルの影に隠れがちですが、やはり20世紀を代表するピアニストですね。彼の「モスクワ音楽院のギレリス」というLPを持っていますが、CD化されているのでしょうか。一方のリヒテルは、バルトークが最高です。おそらくこの曲のベスト盤ではないでしょうか。国内盤で持っていて重複はしますが、解説によれば、パリ管の出来は「最悪」とリヒテルがコキおろし、マゼールも何度か指揮棒を折ったそうですが、それを差し置いてもやはりピアニズムは最高。加えてEMIにしては全体に録音も悪くない。ギレリス共々もっと聴かれてしかるべきディスクと思います。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/21

    何度かレヴューを書きましたが、その後インスブルックやモスクワ・ライヴ
    (一巻のみ)を聴きなおしての印象です。この演奏の素晴らしさは多くの人に共感ですが、たとえばこの3者の冒頭のハ長調プレリュード、微妙に違います。無論子供でも弾ける易しい曲ですが、ここでリヒテルは、実にヒューマンな感興と豊かな音楽性、そしてバッハに対する共感と尊敬の念を込めて
    格調高い音楽を聴かせます。グールドのスタカット使いやデジタル音楽のようなポリーニとは次元が違うのはこの一曲でもわかります。アシュケナージは聴く気になりません。幻滅が怖いから。色々な聴きかたがあっていいとは思いますが、やはり一曲一曲を丁寧に聴く必要があると思います。なお国内盤CD初出時(12000円盤)の解説は、実に的を得たものであったとおもいます。必読ものです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/20

    購入の目的は、ドッペルコンチェルトを聴きたいからでした。ワタシが20歳を過ぎてバイオリンを習い始めてちんたらちんたら、漸くクロイッツエルにはいると、まずバッハのドッペルだったのですが、学習者はオイストラフ校訂のペーターズ版を使うのです。その結果、騒音をまき散らし、自身の才能のなさを痛感したものです。子供のころから習っていれば或いはプロに、という思いはやはり妄想だったのですね。というわけで、この思い出の曲の
    オイストラフ父子の演奏は、必然的にベストとなります。これは、シェリング盤よりはるかに有機的に楽器が絡み合い、演奏不可能な重音ばかりの難曲を、一人で弾いているといった印象をうけました。親子でもここまで息のあった演奏とは、驚きです。CD1の曲は皆、学習者が学ぶ機会も多いもので、その点でも模範的で、お勧めです。バッハは、まずその品格と格調の高さに心うたれます。ロマンス二曲も素敵です。ブラームスは、クレンペラーやセルとの、EMIの録音が有名ですが、この演奏も両者に似ており、演奏様式がすでに完成されていたことがわかります。チャイコフスキーは、録音が悪い分、意外な音が聴こえてきます。というわけで大満足です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/19

    トリルにミスがあるかどうかは、わかりませんが、評論家諸氏がポリーニと並ぶ名演と称してはいます。デッカの録音は手の小ささを十分に補っており
    アシュケナージも助けられてはいます。ただ、あまり知られてはいませんが彼にはメロディアに録音したソ連邦時代の「練習曲集」があってこれがすばらしい出来です。デッカ盤の繊細さに比べてはるかに豪放、ショパンコンクールで例の「政治的」なんとやら(わたしはこの言葉を聞くたびにイヤになる)で2位になった直後だけに若々しく新鮮でポリーニの次に位置する名演です。ワタシは国内で発売された直後に買いましたが或いは今も手に入るかもしれないです。これが彼の若き日、今のように美音で勝負する以前のピアニズムが持続していれば、と残念でなりません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/18

    一番の演奏にアルゲリッチ以上の、この曲のベストを期待していた。それゆえ失望も大きかった。やはり指揮者を立てて、ピアノに専念すべきであった。円熟というより、小ぶりになったというか。国内版初出時の「チョピリアーナ」がすばらしい指揮ぶりだったので尚更である。ラフマニノフ3番協奏曲のグランドカデンツァで見せた、あの迫力とピアニズムはどこへ行ってしまったのか。70年代のままだったら・・・ワタシはこの人の実演までいった。N響の指揮も聴きにいった。人々を幸福にさせるピアニストだったのに。いまもそうかもしれないが、どうもこの人の最近の演奏は、納得がいかない。指揮に比重を置きすぎか?デッカの優秀録音に助けられているのだろうか。衰える年代でもない。ショパン全集が頂点だったのか。レパートリーの広げすぎで単なるオールマイティな偏差値68の音楽家になってしまったのだろうか。スケールが小さくなってしまったのだろうか。わからない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/01/22

    メンデルスゾーンの協奏曲は、オーマンディとの歴史的名演ですが、私が子供の時、家に唯一あったレコードで、古い再生装置(木でできたおんぼろプレーヤーを古いラジオに接続していたもの)で、バイオリンを弾く真似をして、数限りなく聴いたものです。成人してからやっとバイオリンを習ったのも、この演奏のおかげです。CDで聴けるだけでこの10枚組は価値があり!
    なのです。モーッアルトの協奏曲は、学習者はオイストラフの校訂のペーターズ版を使うので、それだけでも必聴ものです。安くていい買い物をしました。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/01/22

    まず何気なくチャイコフスキーの協奏曲から聴き始めたのですが、すごい。
    すごすぎる。カラヤンとの有名な盤より、ピアニズムでは上を行っているか、とすら思いました。展覧会の絵、これも私的ベスト。ブラームスのチェロソナタは、リヒテル自身が「おそらく秋の寒い日、雨が降っている時に作曲されたものではないか」といういわくのある演奏の可能性があります。(ロストロは天気はわからないと言った)そのせいか、ピアノの音が雨だれのように聴こえる個所あり、です。ラフマニノフやスクリャービンは自家薬籠中の名演。こんな安い価格で聴けるなんて感無量です。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/23

    実によく整理されて、見晴らしのいい、行き届いた演奏。速めのテンポで進めて、(でも7番の最終楽章は速すぎる感もなくはない)オーケストレーションが明快に浮かび上がってくるかのよう。ブルックナーのスコアはそんなに複雑ではない?とすら思ってしまった。それにしてもこのオケの、弦セクションの中声部から高音部の出す、何とも言えないまろやかで柔らかい音には参ってしまった。こんな弦を聴いたのも初めて。後々のNDRもいいが、4番など意外に、(別名通り)結構ロマンティック。ヨッフムも好きだが、(皆さんゴメンナサイ)これはこれで完成された、価値ある全集。買ってよかったあ。何しろ前々から欲しかったのだから、我慢して、それでこの値段。(皆さんスミマセン)七番にケチつけるのも失礼か。文句はいえない。言うことなし、です。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/25

    買うとか買わない以前ですが、このジャケットは一体何のつもりなのでしょう。クラシック音楽に似つかわしくない、ポルノに近い絵です。
    女性のワタシには到底容認できません。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/17

    何だかんだいっても素晴らしい。英雄名曲!ベルリン・フィル最高!カラヤンカッコいい!ただただ脱帽。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:21件中1件から15件まで表示