トップ > My ページ > ALOHA21 さんのレビュー一覧

ALOHA21 さんのレビュー一覧 

検索結果:14件中1件から14件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 21人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/04/26

    この演奏について否定的な意見を読むと、このCDが残された意味を理解せず、条件が整ったスタジオ録音と同列視していると思われる。演奏自体を言えば、カラヤンのベスト盤ではない。アンサンブルにほころびが散見され、随所に衰えが見られる(「聴かれる」が正しい表現か)。しかし、これを含め3枚のCDは、死の前年に、介添えなしでは歩行もままらなくなった体を押して長旅を決意した、音楽史に永遠に残るであろう大指揮者の記録として大変な価値がある。「自分の音楽を最も理解してくれるのは、ベルリン市民と日本人である」と公言してはばからなかった彼が、自分が設計に関与したサントリーホール(うち1枚は東京文化会館だが)で、愛した日本の聴衆の前で演奏する気持ちはいかばかりであろうか。私はこれら3枚のCDを他のCDと同じ心境で聴くことはできない。そして、演奏についての小賢しい批評など虚しくなる。これは20世紀最高の芸術家の白鳥の歌である。

    21人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/04/08

    チャイコフスキーの交響曲ではオケの非力が露呈していたが、このワーグナーでは同じオケかと思う重厚で分厚い響き。朝比奈のスケールが大きい指揮も見事。やはり、朝比奈はドイツ・オーストリア系の作品に本領が出る。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/04/08

    伝説と化した名盤? このフレーズは首を傾げたくなる。演奏は良い。ただし、名盤が多い同曲の中で、際立ったものではない。チャイコフスキーの後期3曲の交響曲は、その曲想からして指揮者に燃えるような情熱がないとつまらなくなってしまうのだが、朝比奈はさほど燃えているようには聴こえない。ライブだというのに。第3楽章の途中でテンポを落とすが、作為的に感じる。しかし、この演奏の一番の問題は、オケに魅力がないこと。響きに艶がなく、深みに欠ける。ブルックナーならその非力もさほど気にならないが、チャイコフスキーではだめだ。タイプは違うが、チャイコフスキーはカラヤンとムラヴィンスキーがベストだと思う。それと、小林研一郎を聴くなら、生に限る。情熱がほとばしるコバケンのチャイコフスキーは感動する。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/15

    このオペラの決定的名盤として、どんな賛辞も惜しまない。カラスの全盛期を聴くなら1954年モノラル盤だと思うが、この盤はカラスの芸術性がさらに深みを増し、圧倒的な表現に感動する。有名な「清らかな女神よ」を聴くだけで、カラスが他のソプラノと同列に評せない巨大な存在であることが分かる。名盤の誉れ高いスリオティス盤も色褪せる。セラフィンの指揮は躍動感溢れ、スカラ座のオケとともに空前絶後だ。コレッリ、ザッカリア、デ・パルマの布陣も万全。ルートヴィッヒは異質と思いきや、さすが最高のメゾソプラノ。カラスとの愛の二重唱を聴けば、その美しさに感動する。この歴史的な名演がステレオで残されたことに深く感謝する。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/10

    何と言ってもクレンペラーの聳え立つようなオーケストラが素晴らしい。巨匠の棒の下、若き日のバレンボイムが力いっぱいに弾く姿が見えるような演奏。作品に正面からぶつかっていく熱演に感動する。数ある全集の中でも出色の1組だと思う。録音は良いが、さすがに古くなって、オーケストラの強奏部が金属的な響きになっているため星一つ減。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/10

    モーツアルトの作品の中でもピアノ曲が好きなので、ソナタや協奏曲の全集をよく買います。このピアニストは日本での評価が高くないので、どういう人かよく知らないまま、価格につられて購入してしまいました。奔放に弾いているな、というのが印象です。硬質な男性の弾き方で、ピリスのような豊かさは感じませんが、これはこれで楽しめました。録音も良く、買ってよかったと思います。ただ、問題のトルコ行進曲のシンバルですが、意味がないと感じました。若気の至りとでも言うのでしょうか、演奏の質を下げるだけだと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/17

    録音のせいか、金属的な響きで、耳障り。期待されているテナーだが、パヴァロッティ、ドミンゴ、カレーラスにはとても及ばない。声の輝き、表現の深みと豊かさなどどれを取ってもまだまだだ。このディスクを聴いて、3大テナーがいかに偉大であったかを再認識した。3大テナー以降多くのテナーが出ているが、残念ながら3大テナーを超える歌手は現れていない。今後の成長を期待したい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/16

    いいね。でも、GoodだけどVery Goodは付けられない。声の輝きと艶、歌い回しの妙、そして何より全体の高貴と色気、どれを取ってもフリオ・イグレシアスにはとても及ばない。オペラ歌手が本業ではないスタンダードポップスを歌っているのだもの、それは仕方がない。うまくまとめているが、フリオの気品、優雅そしてゴージャスは無理。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/09/17

    シュヴァルツコップ推薦で有名だが、ウィーン・フィルによる素晴らしいCDが多い現在では、特に優れた演奏とは言えない。録音も古い。昔の名盤と言ったところか。しかし、ライナーのCDはどれも水準以上の出来栄えだ。彼のレパートリーの広さと演奏水準の高さは、カラヤンに次ぐものと思う。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/04

    多くの演奏を聴いてきたけれど、最も優れたものの1つ。ロストロポーヴィッチはダイナミックで起伏が大きい指揮をするが、この曲も同様にスケールが大きい。録音も良く、名盤。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/03/21

    「魔弾の射手」がないのが本当に残念ですが、どれも素晴らしい演奏です。スィトナーの最良の1枚だと思います。自信に満ち、大きな余裕を感じます。たとえば、「オベロン」の幻想と瑞々しい勢い、そしてオケの深々した響きが魅力です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/03/21

    プレヴィンのバレエはなんと素晴らしいのだろう。愉悦に富み、上品で、美しい。心が温まる感動がこみ上げてきます。プレヴィンの音楽には、どれも温かい喜びを感じます。彼の人柄からきているのだろうと思います。この作品も大好きです。ドラティ=コンセルトヘボウとともに愛聴盤です。心が沈んでいる時、チャイコフスキーを聴くと慰められます。プレヴィンとドラティはもっと評価が上がっていいと思います。録音も良く、お勧めです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/03/21

    デュトワ=モントリオールは、どの作品にも、洗練された、エレガントな雰囲気を感じます。プレヴィンの演奏にも同様な印象を持ちます。このロッシーニもとても美しく、上品な演奏で素晴らしい。今までトスカニーニ=NBCを最高と思っていましたが、こういうアプローチもあるのだなと思います。トスカニーニの燃えるような情熱は感動的ですが、デュトワは作品の美しさを見事に引き出しています。それを受けるモントリオールもしなやかで実にうまい。素晴らしいコンビだと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/09

    最後まで緊張感が続く、よく出来た作品だと思います。ショーン・ペン始め男優陣の演技が光ります。しかし、何と言っても、ニコールが魅力的です。サスペンスものは向いていないと思いますが、美貌と演技力は素晴らしい。芸域の広さに驚きます。どんな作品でも最高の演技をするニコールは、映画史上稀に見る大女優の道を歩んでいると思います。同時代に生きて、彼女の新作を観ることができる幸せに感謝したい気持です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:14件中1件から14件まで表示