トップ > My ページ > robbie さんのレビュー一覧

robbie さんのレビュー一覧 

検索結果:8件中1件から8件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 9人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/31

    DVDには収録されている「ハート・オブ・マター」や「ヘルプ・ミー・スルー・ザ・ナイト」や、当日演奏されたが収録漏れの「我が愛の至上」「呪われた夜」「ピースフル・イージー・フィーリング」「ラヴァーズ・ムーン」等が収録されてないなら購入する意味がない。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 8人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/10/05

    「TAKE IT EASY」のB面の「GET YOU IN THE MOOD」一曲しか未CD化曲が無いのに、この高価格とは。

    8人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/04/28

    浅野温子より、山崎努が主役といえるこの作品。
    当時クレスタやアウスレーゼのCMで見れた、山崎努のダンディな中年が見られる映画はこの1本だけ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/04/09

    名盤だと思う。1曲目などを聴くとマイケル・ジャクソン(というよりクィンシー・ジョーンズ)の「オフ・ザ・ウォール」などに、かなり影響を与えているのが解る。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/20

    さすがに、当時全米ナンバーワン・ヒットがあったイーグルスより人気があったわけではないが、同じマネージメント所属という仲で
    ヘンリー、フライ、マイズナーが参加。
    特に寡作なヘンリーが、作詩のみとはいえ「FALLING DOWN」という曲を共作しているのが珍しい。
    ハードな曲からメロウな曲まで、ウオルシュらしい幅の広い曲が楽しめる佳作。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/08

    この作品は傑作だと思う。
    中だるみなく、最後まで一気に観られる疾走感。
    クイズと警察と過去のシーンが代わる代わる出てくるが判りやすい。
    世界的には無名な俳優ばかり使ったところも、リアリティがあり新鮮。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/10

    当時本放送で観ていたが、島田陽子が夫の篠田三郎を探す場面で、
    唐突に松田優作が出てきたのには驚いた。
    実は重要なキーパーソンだったのだが・・・

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/12/09

    ジャケットで谷村までがエレキを持っており、選曲も洋楽のカバーはこの時期だけのこと。
    ちょうど「青春時代」などアルバム「アリス3」ではプロの作家の曲を歌うなど、もっとも過渡期であった時代のライブ。
    というわけで数あるアリスのライブアルバム中最低の出来であった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:8件中1件から8件まで表示