トップ > My ページ > イック さんのレビュー一覧

イック さんのレビュー一覧 

検索結果:191件中76件から90件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/13

    人気SFコミック原作で、死んだ人間がGANTZに召還されて星人と戦うといったストーリー。漫画の実写化は当たり外れが大きいのですが、コレは当たりです。二宮君と松山くんのスーツ姿で銃を持って戦うシーンがカッコイイし、西丈一郎役の本郷奏多くんが嵌っていました。原作との違いで気になる部分はありましたが、違和感なくこの世界観に入っていけたのでいい作品だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/13

    実はこの作品実在の人物を元にしていて、様々なシチュエーションでコスプレをして写真を撮る変人、もといユニークなカメラマンの浅田政志を二宮和也、その味を妻夫木聡が演じている家族の物語です。初めはコメディと思ったのですが、後半はシリアスでそのギャップ、演じ分けが流石ニノといった感じです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/13

    この映画は日本独自の太陰暦を作る為に試行錯誤をする渋川春海に焦点を当てた作品で、渋川春海を岡田准一が演じています。この映画を見て、岡田准一はいい年の取り方をしたと思ったし、アイドル俳優などではなく実力派の俳優だと感じました。暦を作ることはそれまでの常識をぶち壊す前代未聞の挑戦なのですが、映像としては少々地味ですね。でも味のあるいい作品に仕上がっていると言えます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/13

    原作が凄く良かったので、流石にそれには及ばないかなと映画を見る前は正直思っていました。ですが文章には文章の世さがあり、映像にはまた違った魅力があると改めて実感しましたね。岡田准一が演じる主人公は宮部久蔵、太平洋戦争で零戦パイロットです。凄腕のパイロットでありながら生きることに執着した男の人生を描いた作品で、現代パートとの比較がより戦争というモノの悲しさ、壮絶さ、遣り切れなさを引き立てています。他にも三浦春馬、井上真央、濱田岳と豪華な上に実力派キャストです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/13

    図書館戦争の続編で、通常シリーズモノは1に比べて2の方が勢いは失速するケースが多いのですがこのシリーズはTHE LAST MISSIONの方がお勧めです。最も続編だけ見るという訳にはいかないので、是非セットで見て下さい。主要キャストは引き続き出演で、この作品には手塚慧役で松坂桃李が登場します。ちなみに手塚兄は悪役なんですが、カッコ良すぎる。アクションが圧巻で、銃撃戦の迫力がヤバイです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/13

    有栖浩原作の図書館戦争の実写映画化です。堂上教官が岡田准一、笠原郁が榮倉奈々と原作ファンの私も納得のキャスティングでした。アクションシーンは迫力で見応えありです。映画自体はかなり楽しめましたがラブコメ要素が原作と比較して少な目だったように思います。ジャニーズ所属のアイドル主演だから仕方がないのカナと思う反面、少し寂しですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/13

    生田斗真が感情がない殺人鬼を演じることでも話題になった作品です。主人公の脳男を演じる生田はすっごく体を鍛えていて、引き締まった肉体とサイコパスな感じが妙に嵌って怖い。あと最初の爆破シーンが迫力です。生田斗真は普段バラエティ番組などでは、笑顔が多いだけにギャップが激しい。新たな一面が見れた感じで良かったです。それからクライマックスの鈴木対緑川のバトルは見もの。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/13

    大人気コミック&アニメの実写化で、主演は山田涼介、ウィンリィを本田翼、マスタングをディーン・フジオカが演じています。ストーリーは弟を元の姿に戻す為に賢者の石を探す旅をしていて、エド役が山田くんに合っていましたね。弟は鎧の姿に魂を宿しているので、声のみの出演で水石亜飛夢さんが演じていて2人のやりとりが良かったです。ただ全体としては、原作との相違に少々違和感がありましたね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/13

    映画暗殺教室の続編で、キャストはそのまま潮田渚を山田涼介、赤羽を菅田将暉が演じています。そしてこの映画では殺せんせーの過去が明らかとなり、最強の殺し屋死神役で二宮和也が声だけではなく登場です。この作品では3年E組の生徒達が、卒業までに先生を暗殺することが出来るのかが焦点と言えます。あとCG技術やアクションシーンが凄くて、見所満載でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/13

    人気コミックの実写映画化で、潮田渚役を山田涼介、赤羽業役を菅田将暉が演じています。発表されたビジュアルを見た時は渚の髪の色が違うとか赤羽の髪型はそうじゃないとか思ったモノですが、映画を見ている内にそんな些細な相違は気にならなくなりましたね。特に菅田将暉の演技力が凄くて、難しい役どころを違和感なく演じていました。あと殺せんせーの声は二宮和也が声優を務めているのもポイントが高いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/13

    この作品はシンガポールを舞台としていて、園子の恋人の京極真がメインキャラクターとして登場です。あと怪盗キッドも出ていて、いつも通り美味しい所を搔っ攫っていきます。怪盗キッドは人気キャラ故に、テレビアニメでの登場はあまり多くないのに、映画の出演率は高いですよね。年を重ねるごとに登場人物もどんどん増えてきますが、根強い支持があると言えます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/13

    純黒の悪夢はタイトルから分かるように黒の組織をメインとした作品です。コナンにとっては、まさに因縁の相手と言えますしコナン=工藤新一だってバレたらいけないので動きにくい相手でもあります。事件の裏では黒の組織だけではなくFBIやCIA、さらに公安警察が絡んでいて、当然安室透(降谷零)も活躍します。特に赤井さんとのバトルが熱い、それと個人的には降谷の部下の風見裕也に注目です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/12

    僕のヒーローアカデミアの劇場版第一弾です。巨大人工移動都市I・アイランドを舞台に、ヴィランとの闘いを描いています。コミック原作ですが、個性を使用してのバトルシーンが多く、アニメ向きな作品だと思っていました。それが映画となるとさらに派手になって、すっごい迫力です。あと設定の説明が丁寧なので、アニメを見ていない人でも話についていけます。原作にないオールマイトとデクの共闘が見られるのはこの作品だけなので、お勧めです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/12

    大人気アニメ&コミックの劇場版第2弾です。ストーリーは雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒がヒーロー育成プロジェクトで訪れた那歩島で、ナインというヴィランと敵対します。新たな強敵出現と派手なバトルシーンが見所ですが、ストーリーは後半やや失速といった感じですね。ちょっとラストはご都合主義だったのが気になりますが、ジャンプらしい作品と言えます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/12

    探偵たちの鎮魂歌はとにかく登場人物が多い、レギュラーメンバーに加えて少年探偵団、服部平治、怪盗キッドとあと警察関係者も沢山出てきます。劇場版10作目の記念すべき作品に相応しい豪華さと12時間以内に事件解決しないとフリーパスIDが爆発するといったスリリングな展開。視点がスピーディに切り替わるのが特徴で、間に合うのかとハラハラドキドキします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:191件中76件から90件まで表示