トップ > My ページ > イック さんのレビュー一覧

イック さんのレビュー一覧 

検索結果:191件中181件から191件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/09

    臨床犯罪学者火村英生とミステリ作家有栖川有栖のコンビが活躍する短編集です。6つの短編から構成されていて代表作はタイトルの絶叫城殺人事件なんですが、タイトルから怖いのをイメージしてたらそうでもなくてちょっと拍子抜けてしまいました。2人のやり取りが好きなので、面白くないことはないのですが長編と比較すると短編集は読みごたえがなくて残念。それに一応「館モノ」を集めた作品集なのに、建設中の建物やダンボールハウスも混じっていてかなりゆるーい括りでしたね。火村英生シリーズの中では個人的評価は低く、1度読めば十分といった感じです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/09

    火村英生シリーズで、一番印象的な作品が朱色の研究と言えます。物語は大学の講師で臨床犯罪学者の火村英生が生徒から未解決事件の調査を依頼されるところから始まります。2年前の事件を解決するだけではなく、新たな殺人が起こり、推理作家の有栖川有栖と共に犯人を追い詰めていきます。シリーズ中で最も火村の内面が描かれている一冊なのが魅力ですし、奇抜なトリックと推理を楽しめます。本格ミステリというと小難しいと思う人は多いかもしれませんが、火村と有栖のテンポがいい掛け合いが面白く読みやすいシリーズです。物語の要所要所で、朱色が散りばめられていて鮮やかな情景が脳裏に浮かびます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/09

    この作品は有栖川有栖のデビュー作であり、アリスの学生時代を描いています。だから相棒は火村さんではなく、英都大学推理小説研究会の部長江神さんで、陸の孤島となったキャンプ場での殺人事件を取り扱ったミステリーです。発売当時は新本格ミステリーが人気があり、私も謎解きに励みました。クローズドサークル物は基本的に好きなのでドキドキしながら読みましたし、どんどん人数が減ってくるのに犯人が分からない所が作者の力量と言えるでしょう。それにアリスシリーズはキャラクターもいいんですよね。アリスは探偵助手役で、本人は意識せずにアレコレ迷推理をしながらちょいちょいヒントを提示してくれます。実は有栖川有栖さんの作品はコレが一番好きかもってくらい私好みのミステリーです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/09

    私が学生時代「19」というアーティストが人気で、その音楽グループのメンバーでイラストと歌詞を手掛けていたのが326でした、この本はそんな326がイラストを手掛けていたので、懐かしくなって思わず手にとった絵本です。いじめられっこのエンゾーがダンボールでロボットを作ったら動きだしたといった設定で、ダンボールマンとの交流を描いた作品と言えます。まあ対象は5歳からだから読みやすいし、分かりやすいストーリー展開です。それでもラストはホロリとくるのとイラストが可愛いのでお勧めですよ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/09

    銀色夏生さんの考え方が凝縮された1冊です。人間関係や仕事に対する考え方など99つのテーマに対する答えが綴られていて、「すべての恋愛は片思い」とか「未完成を受け入れる」とかしっかりとした核があり、周囲に左右されない生き方がいいなと素直に思いました。普段のエッセイよりちょっと文章がカタメかなといった印象を持ちましたが、コレはこれで私はアリです。ちょっと人生に躓いた時や幸せについて考えたくなった時にお勧めできます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/09

    銀色夏生さんのエッセイ、つれづれノートシリーズ39弾というからそれだけ続いていることがスゴイですよね。当然ファンが多いシリーズで、どの1冊から読んでも問題ないので、特にイチオシなのがこの「みんなが、ひとりでいても寂しそうに見えなければいいのに」です。タイトルで心惹かれて、お一人様な私にとってはまさに「それ」って感じの納得の内容となっています。また夏生さんは今のことだけ対処する、人生のピークは晩年と設定いて淡々と生きているって書かれています。現代社会は女性は若さに価値を置いている人が少なくなくて、ちょっと息苦しい世の中だったりします。個人的には、まだまだそこまで悟りは開けないけどそんな生き方も素敵だなと思わせてくれる1冊です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/09

    銀色夏生さんは私にとってはキレイなモノを綺麗な言葉で教えてくれる人ですね。同じモノを見ていても独特の視点というか自分とは全く違うなと特に感じたのが「スーパーマーケットでは人生を考えさせられる」だったりします。エッスーパーがよく行くけど人生なんてスーパーで考えたことないよ?って正直思ったりしましたが、読んでみるとスーパーで作者が人間観察をしています。スーパーを利用する人や店員1人1人に人生があり、ごく普通日常を描いているのに銀色夏生らしさ前回で非常に興味深い本だと思いました。特に夏生さんのつれづれファンの方にお勧めの1冊です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/08

    小市民シリーズ3作目の続きとなります。このくりきんとん事件では連続放火事件を描いていて、日常のちょっとした不思議からミステリー度がアップしてきた感じがしますね。そして小市民を目指す小鳩君と小佐内さんのコンビですが、全然小市民ではないことが瓜野君との対比で明確になってきます。彼や仲丸さんこそが小市民であり、小鳩君と小佐内さんは高い能力と自意識故に一般には溶け込むことが出来ません。似て異なる2人は、業から解き放たれることはないからこそ一緒にいて欲しいですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/08

    小市民シリーズ3冊目にして、初の上下巻となります。その分ボリュームたっぷりで読み応えがありますし、切りのいい所で下巻に続くとなっているので相変わらず読みやすい作品です。前作で謎解きに突き進む小鳩くんと復讐を愛する小佐内さんは別々の道を歩くことになってしまいました。小鳩くん視点で物語が進むので、ちょっと小佐内さんの内面は分かりにくいですね。くりきんとん事件ではそれぞれに新しいパートナーが登場するので、2人のコンビが好きな私としては少しもやもやします。だけど平凡な人間と非凡な人間の対比が興味深くて、やはり面白い作品だとシミジミと思った次第です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/08

    小市民シリーズの2冊目です。といってもあくまで本人が小市民を目指していますが、実際はクールで無駄と目立つことが嫌いな小鳩君は全然小市民ではないんですけどね。ですがその捻くれた部分がいい味出していると言えますし、事件自体は日常の謎にテーマを当てているので軽く読めるミステリーです。そしてシリーズものとしては珍しく、小鳩くんと小佐内さんのコンビはこのトロピカルカフェ事件では、高校2年生に進級していたりします。春のいちごタルトと比較するとちょっとシリアス度はアップした感じですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/08

    小市民シリーズの第一弾となる作品です。このシリーズは小市民を目指している小鳩君と小山内さんの2人が活躍するミステリーですが、殺人事件等はないので安心して読めます。日常の中のちょっとした不思議を高校1年生の彼らが推理していくといった感じですが、キャラクターに癖があるのが面白く読みやすいのでお勧めですよ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:191件中181件から191件まで表示