トップ > My ページ > せごびあ さんのレビュー一覧

せごびあ さんのレビュー一覧 

検索結果:659件中121件から135件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    微妙なボックスデザインですが、オリジナルジャケ仕様など嬉しい企画です。ボスコフスキーの演奏は非常に柔軟で音作りもやわらかく、特にモーツァルトなどはいつまでも聴いていたいと思わせるものです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    第1集とは少し趣きを異にしたいわゆるスペイン的要素が垣間見られてきますが、音符がキラキラと輝くさまは同じです。第1集でも感じたことですがスカルラッティを連想させられることが多く、商品の説明ではソナタでそれを思わせると説かれているがそれだけでなく全般で感じられることです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    これは素晴らしい! キラキラと音符が輝いているような美しい曲ばかりです。演奏もそれらを表現しており、とてもすばらしいです。ロドリーゴで最も有名なのはアランフェス協奏曲ですが、それとは趣きを異にしています。むしろこれらのピアノ作品のほうこそが彼らしさであり、これを聴かなければ作曲家ロドリーゴを知ることはできないでしょう。後半ではギターなどでも弾かれるミランやムダーラの曲を編んでいます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/22

    音楽の価値についてよく理解できる盤で、競争とは無縁の最後の時代の記録ではないでしょうか。ベートーヴェンが自分の作品をどう表現して欲しかったかについて何が正解なのかはわかりませんが、実はこんな演奏だったのかもと非常な説得感のある演奏のひとつと感じました。唯一無二のケンプにしかできない演奏でしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/15

    まあすごい企画商品が出たものです。潔くオリジナルジャケでの全集とは、これでこそ天下のDGです。改めて順を追って聞くとポリーニという真面目な演奏家の姿がよくわかってきます。世の声とは裏腹に彼が独りで苦悩してきたこともよくわかる。そしていよいよ今は集大成時期、というよりも、自分の人生を改めて振り返っている時期のように思えてならない。まだまだ重ねられるであろう録音の数々を楽しみにしてゆきたい。そしてまたいつの日か、改めて全集と成されるであろうことでしょう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/15

    これは良いと思いますよ。音色が多少尖っていますが愛にあふれる演奏です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/08

    オリジナルジャケで全集とは、良い時代になったものです。LP時代にモーツァルトのコンチェルトを聴いてからシェリングに関心を持ってきました。しばらくご無沙汰でしたが久しぶりに聴いてみると少々地味に思いましたが、音楽に真摯な印象には変わりありませんでした。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/08

    ベルリオーズだけといわず、そろそろDG録音全集が出ても良いのではないでしょうか?

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/08

    ソロだけといわず、そろそろDG全集が出ても良いのではないでしょうか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/02

    カサドシュは好みではなかったので購入したものの聞くのを先延ばしにしていた。このたび新ボックス再発の知らせをきっかけにカサドシュを30年ぶりに聴いたのですが、大きく印象は変わりませんでした。達者な技術、粒立ちのよい音、美音、上品・・・そんな印象。しかし今回、モーツァルトが私の好みには合わなかったのだということも少しわかりました。シューマンの詩人の恋やショパンなどでは人間カサドシュを感じることが出来、個人的にそれは収穫でした。演奏家と言うのは一作品だけで判断できるものではないということが改めてよくわかりましたし、そういう意味でも生涯を容易に理解できるボックスシリーズはありがたいものです。しかし・・・新ボックスの案内で知ったのですが、セルとのモーツァルト第23番が抜けていたとは・・・(名盤の誉れ高き作品を抜いた意味が全くわかりません)。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/02

    初期録音の幻想曲を聴いていますが、技術の壁をクリアーした先にはこれほどにまで大きな世界が待っていたのだということを教えてくれた感がします。オリジナルジャケ仕様である点も魅力的ですね。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/02

    本人としては一生涯かけて完成させようと思っていたのかもしれませんが、おそらく結果的に全集になったというものと思われます。意外にも近年録音された初期作品の出来が良いですので、後期作品を再録音したらどうなるのでしょうか。なお本品、オリジナルジャケット仕様ではありません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/01

    シノーポリは大好きな指揮者です。躊躇するところのない鳴らし方が痛快でありながら軽薄さは微塵もなく、濃厚な歌心もいっぱいです。シノーポリの全集ボックス企画を心から期待します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/01

    シノーポリは大好きな指揮者です。躊躇するところのない鳴らし方が痛快でありながら軽薄さは微塵もなく、濃厚な歌心もいっぱいです。ミンツとの協奏曲でもその音楽に変わりはありません。シノーポリの全集ボックス企画を心から期待します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/01

    シノーポリは大好きな指揮者です。躊躇するところのない鳴らし方が痛快でありながら軽薄さは微塵もなく、濃厚な歌心もいっぱいです。シノーポリの全集ボックス企画を心から期待します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:659件中121件から135件まで表示