トップ > My ページ > ぴたっきー さんのレビュー一覧

ぴたっきー さんのレビュー一覧 

検索結果:157件中106件から120件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    2018年に放送されたドラマの続編であり、完結編である本作。
    前作から時が経ち、舞台は中国、日本とスケールアップしているが、恋愛模様や面白さもスケールアップしている。
    ただ、本編ディスクはBlu-rayなのにも関わらず特典ディスクはDVDというのは画質的には勿体なさを感じてしまう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    2018年にテレビ朝日系列で放送され土曜深夜の放送にも関わらず、大ヒットを記録した本作。主人公春田創一を軸に様々な恋愛模様が繰り広げられるのだが、どの恋愛模様もお腹を抱えて笑い、そして時にはホロリとする素晴らしい作品となっている。特典映像も満載なのでファンは購入して損はないと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    2018年にフジテレビ、およびFODプレミアムにて配信された「ポルノグラファー」の過去を描いた作品。
    「ポルノグラファー」で登場した久住君と出会う前の話なので、久住君が登場するシーンはほんのわずかなのは残念だが、木島先生と城戸との間に何があったのかが完全に把握できる作品となっている。
    本作も三木監督の映像美が遺憾なく発揮されており、美しく感じるシーンが多数あり、見応え充分の作品となっている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    2018年にFODプレミアムというフジテレビ系動画配信サイトにて配信された本作。同名の原作漫画を実写ドラマ化した本作だが、キャスティングやシナリオ、映像どれをとっても完璧な内容となっている。特に二人のラブシーンはどのシーンもため息をつくほどの美しさが感じられ、三木監督の技量が遺憾なく発揮されているといっても過言ではないと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    2016年に放送され国民的ブームを巻き起こした「逃げるは恥だが役に立つ」放送終了後も何度か再放送され、その度に話題となったが、本作は2020年に再放送された未公開シーンを含む、いわば「逃げるは恥だが役に立つ」完全版と2021年1月に放送されたスペシャルドラマのBOXである。
    2017年に発売されたBOXを購入してしまった方は、未公開シーンが含まれた本作の発売に反感を買うかもしれないが、どの未公開シーンもファンにとってはたまらない内容であり、購入する価値あり。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    2000年10月クールに放送された本作。当時、子供だった自分はリアルタイムで視聴し、二人や二人を取り巻く登場人物達の物語に毎話夢中になっていた。放送終了後も何度か再放送はされたものの、近年は諸事情により再放送されることがなかったのだが、2020年にダイジェスト版ではありながらも再放送がされ、再びこの物語の虜になってしまった。心に残る作品はやはり何度見ても飽きが来ない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    私自身、幼い頃からの生活環境や性格上の問題で「HSP」=「繊細さん」なのですが、本書は「繊細さん」とはどんな人なのかという取扱説明書のような感じがしました。
    なので「繊細さん」本人が読むというよりかは、「繊細さん」とはどのような人なのか、どのように接したほうがいいのか、と気になる方が手にとったほうがより読み応えがある感じがしました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    著者の前作「あやうく一生懸命生きるところだった」が予想以上に心にぐっとくる作品だったので、本書も購入。
    前作の大ヒットを経てから書き綴られた内容なので、読む前は著者の心境に変化が起きたのではないか…と不安視していたが、本書も前作と変わらず心にぐっとくる内容の数々で、読み終えた後は気分が晴れやかになりました。
    心がちょっと疲れたときには読み返したいと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    昔からの生活環境や性格上、HSPという心の病を患いながら社会人生活を送っており、この所息苦しさを感じるようになった時にこの本に出会いました。本書は後ろから肩を優しくさすってくれるような暖かくも共感できる内容の数々で読み終わった時は一種の爽快感を味わうことができました。
    これからも人生に息詰まりを感じたときには読み返したいと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/18

    TVアニメや主題歌の大ヒット、そして本作が興行収入400億円超えという凄まじい記録を叩き出した本作。
    本作ではTVアニメ以上のクオリティが作品内で発揮されており、見応え充分の作品となっている。
    購入して損はない作品。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    New Sensationは当時、学生服のCMソングとして起用され、自分が初めて彼女の歌声を聴いた1曲である。
    軽快なサウンドの中に力強さを感じる彼女の歌声が耳に残り、今聴いても元気を貰える名曲。
    カップリングのリプレイマシンやHoney Flowerではまた違った彼女の歌声を堪能することができるので、こちらもおすすめ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    BRIGHT STREAMは彼女が出演するアニメ映画の主題歌。
    イントロのピアノの音色がこれから始まる曲への高揚感を演出し、曲中は彼女の繊細、かつ力強い歌声が曲とマッチしており、一つの物語を聴いているかのような満足感が味わえる1曲になっている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    Synchrogazerは彼女が出演するアニメの主題歌。
    彼女が歌う楽曲の中でもBPMの速さが上位になるほど疾走感に包まれた今作は、彼女だから表現できる力強さや儚さがふんだんに詰まっており、ファン以外の方も虜になること間違いなしの1曲となっている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    METANOIAは彼女が出演するアニメの主題歌となっているゴリゴリのロックサウンドが特徴の1曲。
    ロックサウンドと彼女の歌声がマッチしており、ライブでは盛り上がること間違いなしの1曲に。
    METANOIAが終わり、2曲目のBorn Freeにノンストップで続く構成は聴いていて心地よい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    今作は17曲入りという大ボリュームの内容となっているが、どの曲もそれぞれ異なった素晴らしさを持つ宝石箱のような1枚となっている。
    特に「DAYBREAKERS」は爽快な疾走感を感じさせる1曲で、ぜひライブで聴いてみたい。
    特典映像もスペシャルライブ「ナナラボ」がフルで収録されており、お得感満載のアルバムである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:157件中106件から120件まで表示