トップ > My ページ > ぴたっきー さんのレビュー一覧

ぴたっきー さんのレビュー一覧 

検索結果:157件中31件から45件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    彼女たちにとって3枚目となるミニアルバム。タイトルトラックの「Lupin」はニコルの流暢なラップから始まるインパクト大のダンスナンバー。振り付けも特徴的なものとなっており、韓国でも大ヒットした理由が頷ける。個人的には「Umbrella」が可愛らしい楽曲となっていてお気に入り。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    ジヨン、ニコルが脱退、新メンバーとしてヨンジが加入したKARAにとって3回目の新体制で初となるミニアルバム。タイトルトラックの「Mamma Mia」はこれまで見せてきた彼女たちは異なるダンスナンバーとなっており、彼女たちの可憐さがより際立つ楽曲となっている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    彼女たちにとって5枚目となるミニアルバムは中毒性が高いサウンドが耳に残るアグレッシヴなダンスナンバー。サビのキャッチーさも魅力的だが、個人的にはCメロから大サビに入るまでの盛り上がりが完成度が高くお気に入り。個人的には「Miss U」もお気に入り。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    彼女たちにとって7枚目のミニアルバムであり、2021年現在最後となる作品。タイトルトラックの「CUPID」は彼女たちにとっては新開拓となったポップさ溢れるナンバーとなっており、4人の歌声がマッチした素晴らしい楽曲となっている。個人的に「Starlight」もお気に入り。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    少女時代にとって「Gee」「Genie」に続く大ヒットナンバーとなった「Oh!」の日本語バージョン。韓国語バージョンを聞き慣れてしまったファンにとっては日本語バージョンに違和感を覚えてしまうかもしれないが、楽曲と日本語詞がマッチしており、個人的にはお気に入り。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    少女時代にとって日本初となるオリジナルアルバムのリパッケージアルバム。今作は新曲2曲、リミックス2曲の計4曲が追加された内容となっているが、個人的に「Time Machine」がクオリティが高いバラードナンバーとなっており、何度も聞きたくなる仕上がりとなっている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    「PAPARAZZI」は前作の「MR.TAXI」とは異なった彼女たちのアダルティックな魅力が溢れ出ている楽曲。特にジェシカの歌声が楽曲と見事にマッチしており、より楽曲に怪しげな雰囲気を醸し出している。両手で作るパパラッチポーズも振り付けとして印象的に残る。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    少女時代にとって7枚目となる日本オリジナルシングルは、彼女たちのキュートな魅力が溢れ出ているラブソング。ミュージックビデオではファンも参加したパーティー感溢れる仕上がりとなっており、画面から楽しさが伝わってくる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    少女時代にとって初となる日本オリジナルアルバム。第二次K-POPブームの効果もあって売上が100万枚超えた歴史的アルバムだが、発売から10年経った今、聴いてもどのトラックも彼女たちの魅力が溢れ出ている素晴らしいアルバムである。個人的には「BAD GIRL」のアグレッシヴさがお気に入り。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    今作はこれまで見せてきた可愛らしい彼女たちとは一変して、大人の魅力を見せてくれる一枚。サビのキャッチーさは勿論だが、個人的にはBメロからサビに入るまでの盛り上がりが少女時代最高傑作だと思う。カップリングの「BEEP BEEP」は可愛らしい彼女たちを見せてくれるお気に入りの一曲。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    少女時代にとって4枚目となるフルアルバム。前作の「The Boys」は全米進出を目論んだアグレッシヴなダンスナンバーとなっていたが、今作は転調を多く取り入れた目新しいダンスナンバーとなっている。少女時代の大人の魅力が垣間見える一枚となっている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    少女時代にとって2枚目となるフルアルバムは、ポップさとキャッチーさが爆発した「Oh!」がタイトルトラック。彼女たちがこれまでリリースしてきた「Gee」「Genie」と並ぶほどファンにとって人気曲となった。個人的にはリードトラックである「Show!Show!Show!」がお気に入り。少女時代の代表作となった一枚である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    サマンサタバサのCMソングでもお茶の間を席巻し、少女時代にとって新たな代表曲になったであろう今作。スタイリッシュな楽曲とともにミュージックビデオで見せるスキニーを履いた彼女たちの素晴らしいスタイルでのダンスパフォーマンスは圧巻の一言。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    少女時代にとって初のオフィシャルリミックスアルバム。今作はm-floの☆TAKU TAKAHASHIさんがリミックスを担当しており、少女時代がこれまでリリースしてきた日本語曲をこれでもかというほど詰め込み、一枚に集約している。フルコーラスを聴きたい人には向いていないが、このアルバムを流しながらドライブをするのにももってこいの一枚だと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/27

    少女時代にとって3枚目となる日本オリジナルアルバム。今作はユーロダンスが主体となったトラックが多く含まれており、個人的に「motorcycle」は疾走感あふれるダンスナンバーでお気に入り。その他、大ヒットシングルの「GALAXY SUPERNOVA」も収録されており、ファンのみならず手にとっていただきたい一枚。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:157件中31件から45件まで表示