トップ > My ページ > robin さんのレビュー一覧

robin さんのレビュー一覧 

検索結果:118件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/02/11

    才女の演奏という印象を受けた。知性と教養のヴァイオリニストでそれ以上でも以下でもなく、知性と教養の中にとどまっているという感じ。彼女のCDは3枚目だが皆ほとんど感銘を受けない。ドヴォルザークの郷愁などまったくといっていいほど感じられずただヴァイオリンが鳴っているだけという厳しい私の評価。もっと突き抜けたものが欲しいのだが。音楽家でなく芸術家としての大きな音楽を期待したいい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/02/09

    ピアノ協奏曲2番でなく1番です。間違っています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/02/05

    ドヴォルザークの7番は情感不足で今いち。聴くべきはバッハである。実に暖かく充実した演奏で、バッハ臭くなく表現が豊かなのもいい。モントーならではの素晴らしさだろう。バッハだけ星5つ、ドヴォルザークは2か3つ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/02/04

    予想どうり期待外れの演奏。すっきりしてというよりすっきりしすぎて味わいに乏しい。クリーヴランドとのステレオもそうだが、基本は同じ姿勢で含みや彫りの深さなどこの演奏には少なすぎると思う。あえていうなら、フルトヴェングラーの英雄とは正反対にあるようだ。でも実演で聴いたら感銘するかも。同じすっきりでもシューリヒトはもっと味がありセンスを感じさせる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/24

    モントゥにしてはやや淡泊で味も薄いと思う。曲が曲だけにもっと濃厚な音色を期待していたのに。これでは他の名演と言われる演奏と肩をならべるのは無理だろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/24

    ほとんど評判にならないが、これは名演です。ソロ、オケとも申し分なくこの曲のすばらしさを伝えている。落ち付いたテンポでじっくりすすめ、味のある音で弾いている。シェリング・イッセルシュテット盤と肩をならべる出来だと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/24

    音色は実に美しく惚れ惚れするが、音楽としてはどこか物足りなさが残ってしまう。深い美しいさが欲しいと思う。画家でも超一流は色自体に深さがある。フルトヴェングラーがいいと思うのは、音のつながりやその他色々あるだろうが音に深い味があるからだろう。パールマンのCDにその点でいまいち積極的に聴こうという気持ちが私にはない。でも実際に聴いた彼のヴァイオリンの音の張りと美しさは言葉では形容しがたいほど素晴らしかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/17

    面白いあるいは流麗な四季はこれからも聴けても、こんな芸術性の高い四季の演奏はもうないかもしれない。さすがチョンのヴァイオリン、芸術性は並みではない。これが四季の演奏としてベストではないかも知れないが、現時点ではこの演奏を上回るものはないと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/15

    はじめて見るCDです。このようなCDを買った方は勇気ある人だとおもいます。ぜひ聴いてみたいとおもいますが、フルトヴェングラのCDに夢中なのと今は財布に余裕がないので残念ながらまたの機会にします。でも良さそうな演奏のジャケットの絵柄。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/15

    評論家の故U氏はいたく88番をほめていたが、わたしは97番の演奏が大好きだ。なんとロマンティックな演奏だろう。3楽章のmenuettoのトリオのヴァイオリンのテンポと謳いかたはまさに陶酔してしまうほど優雅でロマンの香りに満ちている。他の楽章もいうことなしの名演。廉価盤になってやや音の鮮度が落ちたようなので、この初出盤か輸入盤がいい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/15

    ほとんど目も向かれないが、演奏、録音ともに上クラスだとおもう。しかし、いくら廉価盤とはいえこのセンスのないジャケットの絵柄何とかならないのかなぁ。REDLIEの文字も安っぽいし、色の配分、構図もいただけない。これでは食指は動かないです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/08

    これぞ第九といいたいぐらい力がある。マルケの才能全開。満足することうけあいます。評判のいいフリッチャイの第九など足元にも及ばない充実感がある。こんな素晴らしい第九があったのに、世間は、アバドやカラヤン、ベーム、ハイティンク等の第九で、ほとんど見向きもされなっかたマルケの第九。フランスデッカでも出ていた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/06

    すっきりしたきれいな音になっています。単にそれだけです。コンピューターのいじった冷たい感じの音で、音楽的な感動できる音ではないようです。中音部が薄くなって物足りないです。デルタ、オーパス等も同じ傾向です。香りや雰囲気が薄れ感動に遠い音になってしまいました。LPのALPの音に近いのはオタケンでしょうか。この音にバイロイトのゲネプロの音が聴き取れますか。単なるスタジオのセッション録音みたいになった音です。聴き終わった後、きれいな音だが音楽的、温もりがあり人間味の感じられる美しい音ではないと思いました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/05

    実にすばらしい新世界だ。スケール大で彫りが深く迫力満点。言うことなしの新世界の演奏。ひょとするとあのケルテス・VPOと同等かそれに迫る名演。録音も優れている。すぐSACDにしてほしいという人がいるが、音を変にいじったりしないでこのアナログ的な音のままがいい。先月聴いたテンシュテットの演奏もいいと思ったが上には上がいるものだと思わせるほどいいです。益々PRETREにほれ込んで、この人のCDすべて聴いてみたい気になります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/05

    20年前位英DECCAのオリジナルlpで7番を聴いたことがあり、その録音と演奏のあまりの素晴らしさに驚いたのを今でも鮮明に覚えている。演奏はフルトヴェングラー張りの凄み、彫りの深さをもった感動的なものだった。CDではLPなみの音は期待は期待できないだろうが、80%再現できていればいいかなと思って、今回購入する次第です、まさに隠れた名演奏の録音である。6番もlpで聴いたはずだが記憶にないのでコメントできません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:118件中1件から15件まで表示