トップ > My ページ > 慎みましょう さんのレビュー一覧

慎みましょう さんのレビュー一覧 

検索結果:62件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/04/12

    スティービーはブルース・ギターリスト?答えはNo!彼は素晴らしいギターリストでありミュージシャンです。発売当時、ブルースなんて知らない音楽好きが皆、このアルバムを愛してた!マイケル・ジャクソン、シンディー・ローパー、マドンナ、デュランなど聞いていたファンもこのアルバムに魅かれて愛聴していました。ブルースに拘る必要もなく、ブルースと言う音楽も知らずに愛されたんです。まあ、私はここからブルースにハマッた口ですが(笑)!最高の音楽を奏したミュージシャンを語る時はジャンルなんて無用なんですよ!聴いて下さい!グッドミュージックを!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/02/11

    何と言っても全曲かっこいい。「これがジャズ」と言いたい。ハードバップ、モダン、スピリチュアル、フリーと全てを消化し、磨き上げた4ビートジャズの傑作だと思います。と言っても奇を衒ったものではなく、非常に聞きやすい作品になっております。そして、ワッツの演奏が素晴らしい。この人、サックスは確かに上手い。でも、技術を超えた情感溢れるプレイに痺れます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/04/01

    クソッー!騙されてきた!こんな素晴らしいロックのアルバムがあったなんて!評論家や古株のブリティッシュ・ロックの評価なんて当てにならない!捨て曲無しのカッコいいロックアルバムです。私も好きな「アーガス」が好きな方なら、この良さが分かるはず!分からないなら「アーガス」の良さを本当に分かっていない方だ(失礼)!よく「アメリカンナイズ」されたと酷評されますが「どこが?」です。どこから聞いてもブリティッシュ・ロックです。どちらかと言うと次の方が…その傾向が強いと思います。フェアポートの「ナイン」と同じく、まともに聞かないファンや評論家に「アメリカンナイズ」と酷されてしまった悲しいアルバム。でも、名盤です。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/01/09

    「ブルックナーって、よく分からない」これではダメだと好き嫌いを無くすために色んな演奏を聴いてきましたが、気に入ったのがコレとハイティンク指揮(ACO時代)のもの。カラヤンのブルックナーは批判の対象にされているが、名演名盤と言われているものと比較したら確かに異質と感じるだろう。でも、本質は変わっていないし正当な演奏です。あとは自分の感性に合うかどうかの問題なので聞き手側が判断するだけのこと。私は「カラヤンのブルックナーが好き」と胸を張って言えます。「ここに最高の芸術美がある!」とは言い過ぎかな…?お気に入りは8番です。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/11/10

    彼の中では久しぶりの純ジャズ・アルバムのような気がします。内容はいいです。正攻法のブロウがまた素晴らしい。昔、オーネットの曲をやっていたアルバムや最近のスタンコ関連、ビッグバンドものよりはストレートな表現が出ています。亜流的なジャズをやる人のイメージが強いので人気や評価が低いのはもったいない。サルツマンやジャノー、ジョームも然り(と思う)。一度聞いてあげて下さい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/26

    やっぱりパープルはライブですね。ロックってカッコイイ、最高の一言。事情により、リッチーが映らない所もあるが満足。理由はやっぱりリッチーと笑えます(私は)。一番凄い(と思う)のはIペイス。爆発的なのに安定したリズムを叩き出すドラミングには脱帽。そして、彼のシンバルワークの巧さ&表現力&センスに魅了されました。でも、やっぱりこの時期のメンバーだからこそ成し得た壮絶なライブは感動もの。買って良かったです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/29

    最高。それ以上の言葉はありません。この当時、日本では本当に彼は“神”でした。その彼のファンだった人たちは絶対感動します。映像は時代を感じさせますが演奏は今でも色褪せない。永久ものです。やっぱりマイケルは素晴らしい!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/20

    「詩的で宗教的な調べ」の全曲が聞けるという事で購入しました。でも、良かったのはエンゲラーと言う素晴らしいピアニストの演奏で聞けた事です。彼女は大分前から知ってはいましたが、恥ずかしながら初めて彼女の演奏を聞きました。本当に良かったの一言。リスト好きにとって、このようなコンセプトのCDは大歓迎ですが、それにプラスされて素晴らしい弾き手に出会える事はさらに嬉しいことです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/16

    渋い。これぞ大人のロック。これぞブリティッシュ・ブルースロックです。アンダーソンはやっぱり声がいい!そして巧い!素晴らしいヴォーカリストです。キーフ・ハートレー時代から比べると勢いまかせが減り、アダルトな貫禄と風格が増してグレードアップ。いい歳を重ねてきましたね。名曲Fは今の方がいいかも。ギタリストとしても素晴らしく、私はIに痺れました。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/16

    傑作です。ブレイはカーラやアーネット・ピーコックの曲を弾くと何て素晴らしいのだろう。このアルバムはタイトル通りカーラの曲のみ。耽美的、観念的、退廃的とも言えるがメロディそのものは美しい。ブレイの芸術性が昇華されています。一応、フリージャズの部類に入れられますが極端な即興や暴走、曲そのものの崩壊パターンはありません。常にメロディアスです。そして、マーク・ジョンソンのベースラインが音楽的なのでいい意味でまとまっています。@のベースソロなんてカッコいいです。これまで褒めてきましたが、私は代表曲のDは尺が短くて軽快なESP録音の方が好きです。でも、私にとっては一番大好きで一番よく聞くピアノトリオのCDです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/16

    めちゃくちゃカッコイイの一言。ロックは楽しくなければ面白くない!中学時代、当時ヒットしていたストーンズの「ハーレム〜」をやっているミュージシャンは他にいない?と中古レコード屋の店員に聞いて勧められたのがコレ。ジョニー初体験のアルバムでした。どちらかと言うとエドガー寄りのコンセプトですが、オールド・ロックンロールを楽しそうに演奏する兄弟とバンドが本当に楽しそうにジャムっています。こういうアルバムっていいですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/05/30

    このノリ、ジョニーの感情溢れる歌、弾きまくるギターが最高。この時代ならではなアーシーな雰囲気もまた最高。一番好きなのはカヴァーである@。目茶苦茶カッコいいブルースロックに仕上がっています。そして、DSDマスタリングというのはいいですね。今まで、つまらない音のCDを聞かされてきたので、この出来には大変満足です。(この先、SACDにする必要もないと思う。多分、音が薄くなるので…)ちなみに私はアナログ好きですが、ジョニーのUSオリジナル盤、UK初版はたいした音ではないので(ひどい方が多い)、このCDを一番にします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/05/20

    これは名盤です。当時、サバスもギランも好きだったので、両者の合体は非常に喜びました。そして出来上がったアルバムに興奮。かっこいいロックアルバムです。また当時、批判もあったのは確かですが、そんなの気にしていた奴はほとんどいなかったはず。ライブでアイオミが「スモーク〜」を弾いたと言う情報は周りでは大興奮でした。後にブートで聞きましたが、これがカッコイイんです。まあ、ギランはライブでは手を抜く&歌詞忘れるのハズスの常連ですが(笑い)。オジーのサバス、ディオのサバス、ギランのサバス、マーティンのサバス、それぞれ個性があってどれも好きです。アイオミのギターにしびれる私は最後までサバスについて行きます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/05/19

    大名盤。名演奏。と褒めてもいいぐらいの素敵なアルバムです。また、今までそんなに興味がなかった「英雄の生涯」という曲が素晴らしい曲だと改めて知りました。おかげで、他の演奏の「英雄〜」を集め始めるという単純な私…(笑)。「メタモルフォーゼン」は最高!(購入はこの曲目当て)
    。出会って良かったの一言です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/05/18

    ロック史に残る名盤です。40過ぎの私ですが、小学生の時に買ってもらって以来の付き合い。未だに飽きないし、今でも愛聴しています。ただ、今回はちょっと音をクリアにし過ぎたんじゃない?と感じました(輸入盤を購入)。元々から左右のギターの音がクリアに聞ける好録音盤だったので違和感はそんなに感じませんが。どちらにしても素晴らしいアルバムなので私は一生愛し続けます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:62件中1件から15件まで表示