トップ > My ページ > あぶらげ さんのレビュー一覧

あぶらげ さんのレビュー一覧 

検索結果:9件中1件から9件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/24

    ベートーヴェン交響曲全集は複数持っていますが、小編成オーケストラのものは初めてです。デジタル録音のおかげもあり、各パートの音が一つ一つ浮かび上がってくるようです。テンポはやや安全運転寄りで、このくっきりとした音ならもう少し飛ばしてくれた方が私は好みですが、唯一無二の全集ということで、ローテーションの頻度は高いです

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/08

    演奏は華麗で技巧も充分、録音も綺麗で聴きやすく、モーツァルトの魅力を堪能するのに良い選択だと思います。
    全集ものはディスクへの収まりや録音時期等で順番がバラバラなことが多く、私はデジタルライブラリにトラック番号を曲順に揃えて取り込むのですが、これは作業が大変でした。
    また、本項記載の伴奏者はジャケットの記載と一部異なっていたり重複がありますので、ジャケットを確認してタグ付けされることをおすすめします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/25

    幻想交響曲は名盤と名高いミュンシュ盤を愛聴していましたが、メータはすっきり鮮やかな演奏でミュンシュとは違ったこの曲の魅力を浮かび上がらせる名演でした。
    惑星も旧録音と比較して酷評されているようですが、こちらもすっきりと聴きやすく、身構えずに音に浸れる良い演奏。
    カルミナ・ブラーナはヨッフムとの聴き比べになりますが、メータのは所々うるさ過ぎると感じ、ヨッフム盤には及ばないかと。
    分売している個々のディスクのページに諸先輩方のレビューがあるので、そちらをご参考にしてください。
    ワーナーのは総じて価格が安いのでオススメです。グラモフォン等にも見習ってもらいたいです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/22

    バラバラと発売されていたものが一つになった、ありがたいボックスです。
    演奏家はあまり馴染みのない方々ですが、日本人が好む地元中心のラインナップ。録音も総じて優秀です。
    ピアノ協奏曲はリヒテルのものを好んで聴いていたので、出だしのピアノ部分で少し戸惑いましたが、フィヨルドから流れ落ちる滝を表現しているということならば、この全集に収録のギムセ盤の解釈が正しいのだと思います。リヒテルの野太い演奏とは対極の、景色や情感を唄うタイプの演奏です。
    他はこれから時間をかけて聴いていきたいと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/03

    このボックスには、名盤として名高いマウエルスベルガー兄弟のマタイ受難曲が収録されています。同じような企画が他社含めいくつかありますが、このマタイだけをもってしても本ボックスの素晴らしさは群を抜いていると言えましょう。古楽全盛でリヒターやマウエルスベルガーのようなスタイルはほぼ絶滅してしまいましたが、この厚み、この深みはモダン楽器でしか表現不可能なものです。死ぬまで聴き続けたい永遠の名盤です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/07

    ショスタコーヴィチは交響曲のイメージが強く、管弦楽曲に馴染みがなかったのですが、このボックスに収められた魅力的な楽曲の数々は、ショスタコーヴィチのイメージを大きく変えるインパクトがありました。
    舞台管弦楽のための組曲、ジャズ組曲などは運動会でかかっても違和感のないほど生き生きと明るく気楽に聴ける逸品です。深遠な音楽性といったものとは方向性が違うと思うので、そこを指摘するのはナンセンスかと。
    スメタナやドヴォルザークの楽曲も、優秀な録音とクチャルの軽快な指揮ぶりと相俟って楽しく聴けるものばかり。
    価格も安く、これだけの枚数と名曲、名演、なおかつ録音も良くおすすめです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/03

    今後こういうマイナーな曲含め新録音しようという企画がなされたり、ボニングのようなバレエ職人が現れることはないだろうと思うので購入しました。
    目当ての曲はさることながら、聞いたことも無い作曲家の小品などにも優れたものが多く、好みの曲を探す楽しみもあります。
    おすすめです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/01/31

    似たような曲名や長い曲名が大変多く、デジタルライブラリに収める場合はタグ付けに工夫が必要です。また、曲調も似たものが多い印象です。作曲の発端もそうであったかと思いますが、じっくり腰を据えて聴き込むと言うよりは、茶を飲みながらゆったり過ごす際のBGMに最適です。録音も小編成アンサンブルと相俟ってくっきりはっきりの優秀なもの。全集や選集を流し聴きしながら、好みの曲を探すのも楽しいものです。協奏曲ニ短調RV566が私のオススメです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/01/23

    ヘッドフォンで聴く時にノイズが気になるので、ライブラリを順次デジタル録音のものに置き換えているのですが、失礼ながら値段と曲目の豪華さに惹かれて買っただけだったのに、見事に裏切られました。

    録音は大変良いです。ライブにしては雑音もほぼ聞こえてきません。

    古楽演奏特有の響きの薄さは勿論ありますが、キレの良い演奏でモーツァルトの軽快さにはマッチしているかと。
    歌手陣も粒揃いで、往年の名歌手のシンパには不満もおありかと思いますが、中級と自負する私には充分過ぎる佳作です。

    ★5だとこれ以上無いということになるので、存命のクイケン氏が更なる名演を残されることを期待して★4とさせていただきます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:9件中1件から9件まで表示