トップ > My ページ > hourglass part2 さんのレビュー一覧

hourglass part2 さんのレビュー一覧 

検索結果:9件中1件から9件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/02/23

    中森明菜のミ・アモーレで松岡直也の名前を知り、ミ・アモーレだけを目当てに86年頃にこのCDを購入。
    当時、それなりに全ての曲に満足。
    最近になって聴き直して、更に松岡直也の曲を聴きたいと思い、5枚組のベストアルバムや他のベスト盤も購入。
    更に、かつてのアルバムの中古CDも購入するほど、松岡直也の曲と演奏を好むようになったけれども、今のところ、このワン・ラスト・フェアウェルの全曲が最高。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/12/12

    1988年にリリースされた時に、全曲を聴いて、特にBill Bruford作曲のSmall WonderとMen And Angelsが素晴らしくて購入。
    今回のリリースで音質改善を期待して、再び購入。
    やはり、上記2曲はドラマチックな展開で、メロディアスな名曲。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/04/08

    ラジオ・カナダの放送音源。曲目にあるアナウンスメントは、放送時のDJのフランス語による解説。こんな解説は、カットしておいて欲しかった。
    そして、最後の曲segmentは、フェイド・アウト。なので、実質的には、4曲。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/02/22

    Road To Redを持っていて、とても気に入っているので、この73年の終わりから74年の4月までのライブ集も当然、大大大満足。
    かなり録音の悪い3枚を除けば、途中での演奏録音の中断もあるけれど、基本的に録音状態にもそれなりに満足。
    73年から74年までのCRIMSONのライブを楽しむためには、このSTARLESSとROAD TO REDの2セットは、どうしても必要。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/01/22

    REDは、LPの時から聴いていて、CRIMSONで最も気に入っていたもの。もし、74年のカナダとアメリカの公演を実際に見にいけば、必要な経費がどれほどだったか、を想像して、購入を即決。
    いくつか既発の音源と重複するけれど、聴いてみると、大大大満足。同じような曲だけれど、74年のこのライブ集は、何度聴いても飽きない。REDとその直前2枚のアルバムの集大成。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/09/26

    許美静の歌声を初めて聞いたのは、10年ほど前、北京ででした。圧倒的に美しい声に魅せられて、中国でも有名な曲らしく、大陸的とも感じられるメロデイの14曲目で。すぐに、北京で許美静のカセットテープを購入。その後、本来、台湾から出ているCDだと分かって、台湾と香港で許美静のCDを8枚、DVDを1枚購入。ここにあるBEST盤とDVDは、かつて別々に販売していたものなので、この価格は、とても安価。そして、そもそも中国系シンガポール人らしいので、シンガポールでCDを1枚購入。シンガポールには、有名人として手形も街中に。今はもう活動していない許美静の1枚としては、プロモーシオンビデオ付きのこのBEST盤か、黄色の20BITのBEST盤が最良。時々はKING CRIMSONのREDなんかも聴くけれど、普段、聴いているのはJAZZ(MICHEL CAMILO、KEITH JARRETTや特に60年代の終わりから70年代のMILES DAVIS)。JAZZのボーカルよりも許美静やJYONGRIの方が良い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/12/27

    たくさんのPMGのCDが発売されて、それぞれのCDには、JAMESやARE YOU GOING WITH ME?やIF I COULDやTELL IT ALLやその他に名曲も数多くあるけれど、アルバム1枚全体で考えた時、このCDは一つのムードで統一されている。その統一感は、RTFのROMANTIC WARRIORの様。このCDを聞いて何も感じない人は、PMGを聞かなくてもいい、と思えるほどに誰にでも推薦できる。どの曲も良い。PMGでどれか1枚となれば、迷わずこれを選ぶ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/12/24

    全曲素晴らしいけれど、中でもprismは、このライブ録音が、changesに収録されているスタジオ録音よりも断然良い。この曲を演奏しているピーコックの恍惚の表情を見てもらえればそれは明らか!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/12/23

    このhourglass part2の美しさに言及された評を今まで読んだことがない。ケルンもブレーメンやローザンヌも最高傑作だけれども、この曲は、コンサート会場の聴衆がいない分、キース自身が、冷静に曲の美しさを研ぎ澄ませたように思える。サンベアの東京のアンコール曲も美しいけれど、この曲は、特別!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:9件中1件から9件まで表示