トップ > My ページ > jin さんのレビュー一覧

jin さんのレビュー一覧 

検索結果:11件中1件から11件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/02/16

    この無伴奏を聴いた印象は上手く言葉にできません。
    あえて例えるなら、美しくて洒落た料理がある中で、シゲティは食材をそのまま鉈でぶちぎったままで出してきた。驚きつつも実際食べてみると食材そのものを味わうことができ、畏敬にも近い念を持った。という感じです。
    なので日常の食事は向きません。気持ちに迷いがある時とか、心が弱くなっている時などは必ず何かを感じる演奏だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/02/09

    いやはや迫力満点の第9です。
    ただ、同じ年の年末ではなく1月20日の第9が10枚組のBOXで発売されました。
    そちらも強烈な迫力と推進力です。
    特に第1楽章は凄まじいです。
    このCDで良かったと思われる人は是非そちらの演奏もお聴きください。
    ちなみに大戦末期の第6番「田園」の嵐も聴きごたえあります。
    現代の洗練されたベートーヴェンも良いですが、たまに聴くアーベントロートは魂を揺さぶられます。何でなんでしょうか...

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/02/04

    数あるアーベントロートの第9の中でも平均点より上ということろ。
    LPの頃から繰り返し発売されているのも、その辺が理由ではないかと思います。
    ソロや合唱が悪いとのご指摘もありますが、他の盤はもっと雑な録音が多いです。ひどいものにはフルトヴェングラーの録音と差し替えた部分がある録音(スウェーデン盤)まで販売されています。
    ただわざわざアーベントロートの第9を聴こうという人の取捨選択ポイントは「そこ」ではないのでは。
    個人的には高水準なのがプラハ音楽祭の録音、濃厚なロマンティシズムを感じるのが大戦末期のゲヴァントハウス盤だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/11/24

    多くの方が気にされているのが第9が初出のものかどうかということ思います。この手のものには発売元の記載日間違いが多々あるためです。(ひどいときには別人の録音も)
    実際購入して聴いてみたところ、確かに他の第9の録音とは違う印象を持ちますし、管楽器(特にホルン)に演奏瑕疵が散見されるので他の録音との違いを確認できそうです。つまりこれは初出の第9だと思いました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/08/24

    ん?フルトヴェングラーを凌駕する?
    ベームのバイロイトの第9は海外盤で2種類持っていますが、結論としてはベームらしからぬ凡演です。何か音源が違うのかな?
    それにこのバイロイトの第9も誰かの代役で振らされたと聞いていました。それであの程度の演奏だと納得していたのですが...
    とりあえずこのCD購入して聴いてみます。当時のベームの第9なら本当はもっとスゴイはずなので。
    未聴なので評価不能の意味で星3つ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/15

    来日時にN響と本曲を共演した際はクライスラーのカデンツッアだったそうですが、このCDではティンパニとの掛け合いとかがあるものでした。
    これは誰のカデンツッアなのでしょうか?それともオリジナル?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/16

    この時代にしては音質はとても良い。
    付属ブックは良質。
    でも特筆すべき情報はなし。
    演奏もアーベントロートの特徴は感じられない。
    ちなみにこのシリーズの第2集はオペラ関連の音源とのこと。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/11/03

    Abendrothの方ですが、第1,2楽章では他の録音に見られないボーイングがあり「本当にAbendrothか?」と思いましたが終楽章ではAbendroth節が聞かれ納得しました。戦前・戦後ともロシアでの演奏機会が多かったようなので他の録音も是非発売いただきたいです。
    イワノフについては初めて聞きましたが推進力のある演奏で、これも堪能できます。ただ録音年代の割に音の様態が良くないです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/31

    全曲聞いてみました。初めて聞いたのがNYPとの1番と3番。ベルリン放送響との7番です。NYPのは年代の割に聞きやすい音ですがベルリン放送響のは始終ノイズがのっています。ここをご覧の多くの方が1940年のチクルスをお持ちでしょうから本セットを購入するか否かの判断に悩まれると思います。
    個人的意見として、
    ○:価格が安い。1940年の録音の音も他の盤に比べ意外に聞きやすい。
    ×:1番、3番、7番の演奏はやはりACOのものがあれば敢えて本演奏を聞くまでもない。
    ご参考になれば幸いです。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/02

    悲愴と一緒に購入しました。盛大なノイズと平板な録音ですが、メンゲルベルクファンとしては驚きの内容でした。フランクも悲愴もすでに別盤がありますが、この録音では解釈の振幅の幅が大きくオケがついてこれないところがあります。これがコンセルトゲボウならと思わずにはいられません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/18

    やはり存在するのか!という驚きと期待で注文しました。メンゲルベルクの最後のコンサートはパリでの第9だということで、当日会場に入れなかった人は急いで帰って同時中継された放送を聞いたとか。なら、録音があるはず。と長らく待ち望んでいました。今回は第9ではなかったのですが、悲愴というのも大変有難いです。商品到着を首を長くして待っています。評価は期待だけで星5つ。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:11件中1件から11件まで表示