トップ > My ページ > しばいぬ さんのレビュー一覧

しばいぬ さんのレビュー一覧 

検索結果:4件中1件から4件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/05/17

    私はハフナー・セレナードの第6楽章アンダンテを溺愛していて、モーツァルト全作品中でも5本の指に入れたいほどなのだが(同じような評価を与える人を他で見たことがないのがホントに不思議なくらい)、この最高のアンダンテを最高に美しく演奏しているのが、コープマンと本盤のヴァント&バイエルン放送響である。ヴァントによるハフナー・セレナードと言えば、一般的に北ドイツ放送響との録音の評価が高く、たしかにこれも非凡な演奏ではある。だがここでは、このバイエルンとのライブ盤こそ真っ先に聴くべき名演であると特筆大書したいのだ。上述のように私がぞっこん惚れ込んでいる第6楽章アンダンテの演奏タイムは、北ドイツ盤が9:08なのに対して、バイエルン盤は9:47である(参考までに同じ楽章のブリュッヘン盤が7:21、コープマン盤は8:38、ベーム&ベルリンフィルは7:41)。北ドイツ盤でもかなり遅い方であるが、さらにバイエルン盤では「これがほんとにヴァント!?」と驚くほどのスローテンポで綿々と歌い抜かれる。ちょっとびっくりするほど耽美的なモーツァルトなのである。上質のモーツァルトを堪能できる上に、ヴァントの意外な一面を知ることもできるこの一枚、貴重な名盤としてお薦めしたい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/05/17

    コープマンはその風貌が災いしてか、元気だけが取り柄のおバカさんのように評価されることがある。実際、はしゃぎすぎで落ち着きのない演奏も少なくないから仕方のない面もあるのだが、しかしこの人、ときに驚異的に美しい演奏をしていたりするので、まったく侮れない指揮者なのである。私はハフナー・セレナードの第6楽章アンダンテを溺愛していて、モーツァルト全作品中でも5本の指に入れたいほどなのだが(同じような評価を与える人を他で見たことがないのがホントに不思議なくらい)、この最高のアンダンテを最高に美しく演奏しているのが、ヴァント&バイエルン放送響(1982年)とコープマンなのである。コープマンによるこのアンダンテ演奏は、私には「幸せ」とは何かを音で語っているように聴こえる。これ以上はなかろうという無上の幸福感。そして、それがけっして永続することはないと知っているがゆえの透明な哀しさがないまぜとなった絶美の歌。モーツァルトを聴くことの醍醐味がこの8分半の時間に凝縮されている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/05/13

     これはずいぶん久しぶりの国内盤復活ではないだろうか。なかなか人目を惹きにくい地味なCDと思われるが、声を大にして推薦したい名品である。初出時(1997年)からこのCDを愛聴している私は、あまりにも気に入ってしまったがゆえに、万一破損した場合の予備として輸入盤2枚と国内盤1枚の計3枚も購入してしまったほどだ。収録されている曲目はいずれもすばらしい。比較的有名なコレッリやパーセル、ムファットはもちろんのこと、それ以外のめったにお目にかからない作曲家の作品も駄作はひとつもないと言ってよい。とりわけ個人的に強くお勧めしたいのがペッツェルのシャコンヌで、じつに気高く美しい至福の15分間を味わうことができる。ゲーベルを知っている人ならば、ここでもセカセカと速いテンポによる攻撃的な演奏を展開しているのではと不安になるかもしれない。しかしこの盤に限っては、その心配は無用である。リズムはキビキビとしているが、けっして性急ではない。表情はきっぱりとしているが、けっして無味乾燥ではない。それどころか、意外なほどしっとりとした歌い回しに驚かされる場面も少なくない。コレッリがその良い例で、冒頭の開始数秒から曲の美しさに一気に引き込まれてしまう。今回の再発を好機として、ぜひ多くの方にご一聴をお勧めしたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/05/23

    録音からすでに25年が経つが、いまだ魅力の褪せない名演奏。最近ではマクリーシュ盤などもなかなかの秀演だったが、やはりこのガーディナー盤を超えるには至らない。この演奏ではシルヴィア・マクネアーとダイアナ・モンタギューの両ソプラノが大変すばらしく、とりわけ前者による「Et incarnatus est」が絶品だ。木管ソロとソプラノ独唱が完全に一体化して歌い交わすさまには、ため息しか出ない。モーツァルト演奏の極限美のひとつと思う。この8分間のためだけでも買う価値のある一枚。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示