トップ > My ページ > KURO さんのレビュー一覧

KURO さんのレビュー一覧 

検索結果:91件中61件から75件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/23

    室内楽のような雰囲気のなかで奏でられてゆくモーツァルト。これはこれで良いのではないでしょうか。クレーメルのヴァイオリンが雄弁に語りかけてくるかのような弾き方にも好感がもてます。爽やかな清涼水のような演奏です。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/23

    ホーホランドのピアノは上品で、それでいて滋味あふれる演奏。心の隅々にまで染みわたるものがある。素朴な雰囲気ではあるが、そこがモーツァルトには相応しいと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/22

    確かにヘスのピアノが素晴らしい。ベートーヴェンの「皇帝」の第2楽章がこんなにも美しく聴こえるなんて。ほんとうに良い雰囲気を持つピアニストだと思う。ベイヌムの指揮も好サポート。音質もほんとうに聴きやすく、この演奏の価値をより高めている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/16

    ハイドンの四重奏曲は最近でこそ色々と出てきているが、そんな中でフェシュテティーチ四重奏の演奏は白眉である。極上のアンサンブルから紡ぎ出される音楽はとても幸せな気持にしてくれる。室内楽ファンにはお薦めのCDである。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/11

    感情を制御しつつ歌っている。そうしたなかで「冬の旅」が本来持っている美しさを際立たせているのは見事。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/10

    なんてロマンチックなモーツァルト!これを聴くだけでも価値は十分にあると思います。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/10

    シューベルトのピアノ曲。ともすると平板に聴こえてしまうこの作品を見事に弾きこなしている。ブレンデルに師事していたというだけあって、味わい深い演奏となっている。心に染みわたるような、そして美しいものがそこには存在する。続編を期待したい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/03

    これは貴重な歴史的録音です。もちろん音は良くありませんが、それでもライヴとしての生々しい雰囲気はあります。メンゲルベルクを知ることのできる内容。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/02

    リマスターがほどこされたことにより、この三重奏団のダイナミックなところが、くっきりと明瞭になったように感じる。そのぶん演奏に深みも加わった。後半のドヴォルザークとスメタナ特にがよい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/02

    私も単品でいくつか持っているが、ソロ・アルバム同様、今回も入手した。久し振りに耳にしたショパンのコンチェルト。彼女らしさの出た見事な演奏。アバドとの相性がよいのは歴然だが、それにしてもこの華麗なテクニックは一度は聴いて損はしないと思う。ピアノの好きな方にはお薦め。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/01

    ヨッフムのブルックナーは幾多の名演があるが、このミュンヘン・フィルとのものも間違いなく秀演のひとつと言える。どこまでも美しい旋律を響かせてくれるミュンヘン・フィルの実力がいかんなく発揮されていると思う。これは入手してよかったと感じている。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/01

    アンセルメのバロックも悪くない。きっちりとした曲の流れの中にキラリと輝くものがある。フンメルのトランペット協奏曲も秀逸。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/31

    このカラヤン指揮による「オルフェオとエウリディーチェ」は、豪華なキャストというだけにとどまらず、内容としても極めて完成度の高い名演といえる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/28

    ミルシテインのキャピトル時代の名盤が復活するのは嬉しい限りである。音質も向上していれば申し分ないのだが。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/07/26

    まさに勢いのある演奏である。心地よく耳を通り過ぎてよく清風のようだ。指揮者とソリストが一体となったことによる境地というべきなのであろうか。いずれにせよ、聴き終えて爽快感の残るアルバム。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:91件中61件から75件まで表示