トップ > My ページ > KURO さんのレビュー一覧

KURO さんのレビュー一覧 

検索結果:91件中31件から45件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/06

    どなたもコメントされていないので、一言だけ書かせていただきます。ボロディン三重奏団によるベートーヴェン、とても気品があり、抑制もよくきいた音楽作りに好感が持てました。この演奏にして、この価格はまさにお値打ちです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/01

    とても耳に心地よいベートーヴェンです。5曲の協奏曲がいずれも良くまとまっており、演奏としてもレベルが高いものです。ルイスの肩に力の入り過ぎない自然なピアノと渋いビエロフラーヴェクのサポートが相乗効果となって素晴らしい演奏となっています。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/01

    輝けるRCAの黄金時代がそっくり詰った宝石箱のようなもの。鉄壁のライナーの指揮や妖艶なミュンシュの音楽作り、剃刀のようなハイフェッツのヴァイオリンや若さ溢れるクライバーンのピアノ。どれも名演秀演といっても過言ではないアルバムばかり。昨今、国内盤で一枚4500円のSACDが発売となって話題となっているが、それに優るとも劣らぬ音質だと思う。しかもこの価格、クラシック・ファンにとってはまさに良心的と言わざるをえない。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/28

    ヴィエニャフスキが目当てで購入したが、グラズノフも素晴らしい。録音状態も当時のものとしては良好で、なによりヴァイオリンの音色を上手くとらえている。ヘンデルにとっても代表的な演奏といえるのではないか。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/26

    アシュケナージのパルティータが発売となったので、やっとこの平均律を耳にした。とにかく素晴らしいの一語につきる。おもわず天使が地上に舞い降りたかのごとき美しさを感じることができた。繰り返し繰り返し聴いているが、もはや虜になってしまった。ここのまた平均律の名盤が誕生した。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/24

    みなさんのレビューにあるとおり、文句なしの名演だ!マーラーの交響曲のなかでは比較的なじみの薄い作品であったが、このショルティ盤を耳にして、その素晴らしさに気付かされた思いがする。すでに廃盤となっているのが惜しい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/14

    待ちに待ったヴェルレのクープラン。この曲の演奏としてはスコット・ロスの名演を忘れるわけにはいかない。しかしながら、このヴェルレの弾き振りも魅力的である。優雅で洗練された、これぞクラヴサンである。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/14

    W.F.バッハの曲を聴く機会は少ないので、貴重なアルバム。素朴でしみじみとした本当によい演奏です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/09

    音質も良く、来日盤と甲乙つけがたい内容だと思います。いずれにせよ円熟期にあったムラヴィンスキーの至芸が心ゆくまで味わえる演奏には違いありません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/03

    ヘンデルの数ある歌劇の中でも親しみのあるアリアの多い作品。歌手陣も充実しており、このオペラの素晴らしさを十分に伝えてくれている。マルゴワールの指揮も見事である。これはバロック・オペラの必聴盤だと思う。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/02

    ジュリーニ&ベルリン・フィルのラヴェルとドビュッシー。その洗練された演奏に思わずため息が出た。決して華麗な雰囲気ではないが、そこはかとなくセンスが光る内容だと思う。とにかく素晴らしい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/02

    ライトナーのブルックナー。改めて聴き直してみて、その美しさに聞き惚れた。
    この曲のベスト10に入る内容だと思う。私も個人的には現代曲は不得手であるが、このハルトマンの第6番は違和感なく聴けた。やはり演奏が素晴らしいせいであろう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/18

    グルックのこのオペラ、カラヤン盤に対抗できる演奏がやっと出てきた感じですね。なんといってもフローレンスの声が良い。全体的にドラマチックな雰囲気を醸し出す老練なロベス=コボスの指揮も見事というほかない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/10

    最初に聴き始めて・・・あれっ!これがバッハといった感じでしたが、だんだんと聴きこんでいくうちに素敵な演奏であることに気付かされました。バッハにおけるひとつの興味深い解釈だと思います。ほんとうにバッハの作品は奥が深いことを改めて実感しました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/27

    コメントに書かれてあるとおり、ほんとうに近年まれに見る真摯なバッハ演奏である。細部にわたり神経が行き届いたといえる素晴らしい内容だと思う。あらためて平均律の素晴らしさに気付かされた。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:91件中31件から45件まで表示