トップ > My ページ > 蓮華人 さんのレビュー一覧

蓮華人 さんのレビュー一覧 

検索結果:516件中511件から516件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/06

    バルビローリの呪縛から逃れられたのはマゼールのおかげだった。1番を初めて聴いた時の衝撃が戻ってきた。でもライブ体験と同じように、マアはっきり言って忘れていました。それがこともあろうに再び痺れてしまった。不覚!と言うことで最高を評します。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/31

    別に演奏者が日本人だからどうと言うことはない。まあ結果だと思います。オスカンプはそれなりに自己主張を入れながら、腰の重いベルリン響を叩いて、オケ部分においては、まあとやかく言われない水準に整えているようだ。しかし、たとえば「皇帝」の第3楽章ではソロに付き合いすぎて、いったん上げたテンポをソロに戻され、殆ど音楽にならず終わってしまっている。不完全燃焼の感が拭えないのだが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/29

    CD4のニ短調は提示部の反復なし。一番の聴かせどころの第一主題の提示なのに。さらにちょっと頭、コンマ0何秒か切れているような。しかし、全く不満なし。変幻自在。揺れ動くテンポ。今まで聴き飛ばしていた経過や導入や、さまざま部分が何とも言われなく素晴らしい。それにしても録音がどれもこれも生々しく、美味しすぎます。グレートシリーズの最高峰!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/28

    ラフマニノフが弾いたスケルツオが素晴らしくて。ボロディンを弾きたいと思った少年は、街一番の楽器店で楽譜を漁ったが全く無い。後年やっと小組曲を含むアルバムが見つかったが、輸入楽譜で高額の上、難しそうなので諦めた。で、「全集」なのに一枚のCDに収まってしまっている。ホントに寡作だったんだ。しかし曲は面白い。4手の作品が多いが、2手でも4手並みに分厚い。ラベルが献じたように、ちょっと印象派風なソノリティもある。演奏はラフマニノフと比べるのも可哀想。でも全集+「中央アジア」ピアノ版という珍品もあり感謝の意を表そう

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/26

    人生とは悪いことばかりではない。DGのオペラはCD移行以降、デジ新録ばかりを買い込んでいた。まあ予算面もさることながら、ある予感、廉価盤化の可能性がよぎっていたのです。正解。まあ、これだけの名盤揃いでダブりなし。ありがとうございます。ところで、★評価の1つはどういうこと?クリックし忘れでしょう。ならばHMVさまも単純に加算割り算することなく「評価し忘れ」として評価のあったものだけで表示すべきでは。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/25

    確かに垂涎の一枚でしたが、聴くにはそれなりの覚悟が必要です。まず睡眠不足でないことが必須です。演奏自体傷無く、歌手陣も作品の知名度を遙かに超えるレベルで、まあ満足すべきなのでしょう。詰まるところ作品の出来ですが、序曲でほとんどノックアウトでした。独語が堪能であれば多少は持続できたのでしょうが、音楽だけでは最後まで聴き通せませんでした。不甲斐ない私を笑ってください。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:516件中511件から516件まで表示