トップ > My ページ > teen's heart さんのレビュー一覧

teen's heart さんのレビュー一覧 

検索結果:49件中31件から45件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/20

    むさっ苦しい革ジャンとジーンズの観衆がひしめくN.Y.のライブハウスを想起させるような音です。ヘヴィメタルと言えばそうですが、R&Rの要素も感じられる。ある意味に初期のMANOWARやANVIL, RAVENあたりが好きななら気に入るかも。真剣に聴きこむよりかは、肩の力を抜いて楽しめるHMです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/20

    アルバム全編を良質なヘヴィメタルサウンドが突き抜けている。細かいジャンル分け無用の本質的なHMの音です。個人的にはRIOTの”Thundersteel”と共通する音に感じた。”決め”の一曲がないのは事実だが、インナースリーブの人柄の良さそうなオジサン達の写真が象徴するように、良質のHMです。2nd”Night of The Blade”は名盤だって?知らなかったよ。中古盤で探してみよっと。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/17

    管弦楽隊をフィーチャーした感動の旋律を聴かせてくれる名盤中の名盤”Concerto Grosso PerT”と”同 PerU”のライヴ収録盤。アレンジをほとんどしていないが、それは結果的に良かったと思う。一般には知られていないアーティストですが、哀愁の美旋律にひたりたい方は、絶対におすすめです。パートVも出ています。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/17

    過去数作で感じられた迷いがない。吹っ切れたのか分からないが、自分の好きな曲を作り、自分のスタイルで演奏しているのが実感できる。確かに往年の名曲を凌ぐ曲がないのも事実である。しかし、同時に捨て曲もないのも事実だと思う。聴きこんで聴きこんで味が出てくる一枚です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/16

    純粋なロックを聴かせてくれるバンドです。アメリカの正統派ロックバンドは夏の海や楽しいパーティロックの雰囲気ですが、カナダ出身のはSURVIVORは「雪のやんだ晴れた冬の早朝の都会」「晩秋の自然がきれいなハイウェイをひた走る」といった清涼感を感じさせてくれます。映画「ロッキー」「ロッキー4」の主題歌を歌ったバンド、ほとんどの人はこのイメージでしょう。更には「ダサい」「いもクサい」「時代遅れの音」なんて酷評する人も実際にいました。しかぁ〜し!!その2曲の主題歌ははっきり言ってSURVIVORでは異質の曲です。本来の彼らはとても感動的なロックを聴かせてくれます。ロッキー4の主題歌から選定漏れしたバラード曲’Man Against the World’は絶品です。くどいですが「ロッキーの主題歌のバンド」の観念を捨ててSURVIVORに耳を傾けて欲しいです。本当に気持ちのいい音ですよ!!!それにしてもカナダ出身の過小評価されているアーティストは多いですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/14

    群雄割拠の70年代の香りがプンプンします。泥臭いけど疾走感を感じられる音です。現代の若いHR/HMファンがNWOBHM以前のバンドを追究しようとするとまず大御所系へ行くと思いますが、GUNのようなマイナー(あくまで結果論としてマイナーという意味です)なバンドにも是非、アプローチして下さい。意外と格好いい音と出会えますよ(プロダクションは目をつむって下さいね)。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/14

    昔から気になっていたバンド。評論家や視聴者レヴューでなかなか良い評価だった。今回購入して聴いたが、自分の嗜好には合わなかった。悪いアルバムではないし、好きな人にはたまらない音だと思う。でもNEW ENGLANDもそうだったけど、自分には(滅茶苦茶に語弊のある言い方かもしれませんが)少女マンガを読んでいるような気分になってしまう音。ヴォーカルの声質や歌い方のためかな?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/13

    お金がなくて結局買えなかったけど大学生の時に中古レコード屋でジャケットを見て「これ、絶対格好いい」と思ってから20数年。やっと聴けました。結論、滅茶苦茶格好いいです。音はまさに70年代のヘヴィロックといった感じです。ハードロックでもヘヴィメタルでもプログレでもないです。70年代のヘヴィロックの音です。でも現代のHR/HMファンにもお勧めしたい一枚です。プロダクションの時代差は考慮要ですけど。DUSTはアメリカのバンドですが、恐らくはNWOBHMのアーティスト達が10代の頃はこの様なバンドを聴いていたのでしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/13

    え?WHITE WOLFって再結成していたの?この10年位、音楽誌とか全く買っていないので知らなかったよ=速攻「買い物かご」クリック。
    20年以上前の1st,2ndと比較はしてはいけないのかもしれないが、とりあえず今日届いて1回聴いた限りだと、ちょっと物足りない感じ。インパクトのある曲がないせいかな?全体的にはいい曲ばかりなので、聴きこんで味わいが出てくるかも。いずれにしろメロディを大事にしているハードロックバンドには好感が持てます。WHITE WOLFをこれから聴こうとされる場合は個人的には「1stから順番に」をお勧めします(入手困難なのかな?)。
    1stアルバムを買う時、レジのキレイな御姉さんの前にLPを出すのに勇気を出さなければいけなかったのがいい思い出です。知らない人も多いかと思いますが「なんじゃこりゃ」的なアルバムジャケットなんです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/13

    大掃除の時に大量に出てきた昔のカセットテープの中に、高校の時にラジオ番組でエアチェックしたDAREの”Abandon”が入っていました。その後のDAREを聴きたくなって購入。デビューアルバムと比べるとかなり落ち着いた雰囲気ですね。心を洗われる感じもします。アメリカのバンドにはなかなか作れない音です。個人的にはもう少しギターを前面に出して欲しかったです。でも良いアルバムです。最後まで一気に聴いてしまいました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/13

    CD再発されていたのですね(思わず「買い物かご」へ)。高校の頃、聴きまくっていました。L.A.出身のバンドですが、硬派なハードロックを聴かせてくれます。派手さはありませんが、実力を感じさせてくれるサウンドです。WHITESNAKE、BON JOVIといったあたりが好きな人にお勧めです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/11

    BOSTONはプログレバンドに分類されるケースが多いけど、個人的にはジャンル関係なく普通に音楽っていいなと感じさせてくれるバンドです。超絶テクの持ち主のメンバーですが、曲からはそんなことは感じさせない気持ちのいいアメリカンロックです。他の方も書かれていますが選曲は確かに難ありです。でもそれはBOSTONのアルバムを全て聴いている前提です。これからBOSTONを聴こうとする方には十分な内容です。お勧めは@DEJMです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/11

    名盤”Gevecht Met De Engel”をどっかのレーベルさん、再発して下さい。今持っているCDの再生面のキズがかなり増えてきた。二度と聴けなくなるのは拷問に匹敵する自分の願いをどっかのレーベルさん叶えて下さい。話は違うけど、このFLAIRCKを教えてくれた石井君、達者かい?大学卒業してからかれこれ20年位会ってないけど・・・

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/11

    代表作となると次作「”Streets” A Rock Opera」かもしれません。しかしこの”Gutter Ballet”は純粋にSAVATAGEのヘヴィメタルバンドとしての魅力を内包している最強のアルバムだと思います。故クリストファ・マイケル・オリヴァのギターワークは筆舌に尽くし難いほど素晴らしい。ソロワークは勿論ですが、リフの作り方、音の間の取り方は唯一無比の能力です。Cの歌詞は感動を禁じ得ない(特に後半部分)。共感できたら次作のラスト曲”Believe”も絶対に聴いて下さい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/11

    政治腐敗、麻薬の蔓延、銃問題、虐待、生活の格差、宗教問題・・・世の中に不満を抱きつつも何とか改善しなければと考える青年ニッキーが宣教師ドクターXに思うように操られてしまう。そして大切な人の死。最後にはドクターXにはめられて逮捕されてしまうニッキー。当時の(今も?)アメリカで(世界中で?)表面化していた様々な問題を物語形式に作り上げたコンセプトアルバムです。他の方も書かれていますが、局面で脳裏にその映像が浮かんでくるほど緻密に作られています。犯罪ドキュメンタリ映画を観ているようで、正に音の映像化に成功しています。なぁ〜て書いていると「なんか堅っ苦しそう」と敬遠する人もいるかもしれませんが、曲そのものも最初から最後まで非常に格好いいので、物語は別にして普通に聴いても十分に楽しめますよ。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:49件中31件から45件まで表示