トップ > My ページ > SyuR10 さんのレビュー一覧

SyuR10 さんのレビュー一覧 

検索結果:12件中1件から12件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/09/06

    『東京ドーム最終公演』、まったく問題ありません。

    酷評の多いメインディスクの『東京ドーム最終公演』ですが、何ら問題のない出来だと思います。
    あまりに評判が悪い為、購入を迷っている方も多いかとは思いますが、安心して手にとってみてください。

    コアな安室ファンや、ライブ映像を観なれた方々にはそれぞれ判断基準があるのでしょうが、
    今回の作品は、「国民的アーティストの最後の舞台を観ておこうかな」という、
    ライトな安室ちゃんファンが圧倒的に多いはずです。

    確かに画の切り替わりが速いのは、戸惑うことでしょう。
    つまりは、CMやPVのように商業要素の高い映像作品になっているからだと思います。
    短時間に断片的な映像群を見せて、期待をアオる、映画の予告編のようなものです。
    しかし終始そのような状況ではなく、ポイントはおさえられていますし、
    「引退」という事象をスタイリッシュに魅せてくれています。

    また、観客のアップ画像が邪魔だという声も多いですが、
    ライブを追体験するにはそのような画も必要要素だと思います。
    実際、皆さんいい表情をされています。それは、安室ちゃん達演者の功績が生み出したものです。
    彼女からのメッセージである、『I ラブ FAN』を実感させられます。

    アーティスト本人も、自分だけ見て欲しいとは思っていないでしょう。
    自分たちが創り出した『SHOW TIME』を体感して欲しいと、願っているのではないでしょうか?

    「安室ちゃんの様子だけを見ていたい」、「落ち着いた視点で観たい」というのは、
    各地方公演の作品にて堪能すれば良いと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/08/29

    筋肉痛が翌日にきちんとくる方には、なかなか共感を抱けないかもしれません。
    曲がり者にこそ読んでもらい、また曲げてもらいたい、作品です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/08/29

    苦手そうな分野のため敬遠していましたが、タイトルが気になり始めました。
    この世界観に入り込むことは難しかったですが、この作品から発見できたことはありました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/08/29

    タイトルからして、惹き付けられました。
    《ばけもの》なんたがら、《よる》でしょ?
    《よる》なんだから、《ばけもの》が出たって不思議はないでしょ?
    ん?
    そんなファースト・イマジネーションは関係ありませんが、読み終えると納得できる話でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/08/29

    主人公にはなかなか共感を持てませんでしたが、だからこそ読み進めてみました。
    結果、この作品の世界感は理解できました。
    共感できない人と出会えた時こそ、視野を拡げるチャンスなのですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/08/29

    議論し尽くされたことでしょうが、いわゆるタイトルの『食わず嫌い』でした。
    話題作になると、そんな偏見は更に強固なものになりました。
    テレビにて映画版を目にし、結局原作までたどり着きました。
    どんな道順であれ、良作には手にさせる力があるのではないでしょうか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/05/09

    んー、不思議。うつくしい。人間は外見に惹かれるが、自分たちの中身である物質には、目をそむけがちな気がします。何とも言えない感じだが、読み返すほどに惹き込まれる作品集です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/05/09

    ストライプの服を着ると、「あれ?ウォーリーっぽくね?」と誰もが思ってしまう程の、影響力を持っているキャラクター。それがウォーリー。彼こそが、名画です。人によっては、“ぐゎし”か?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/05/09

    「ハシリュウ」。「エイヒン」と並び、受験生の必需品。学校の先生には、この本を教材として授業を行って欲しいぐらい。根本を説明してくれるので、とっつき難い“物理”に興味を持たせてくれます。しかし、これが直結して受験問題を解けるわけではないので、一読して安心しきらないようにご注意ください。当然ながら問題を解くには、数と時間が必要です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/05/09

    純だね。この漫画の世界は、純だ。欲深い現代社会にて生活をしているからこそ、こんなアラレワールドに魅了されるのかな。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/05/09

    自由だ。中学生は自由だ。「今、こんな事やったら大問題だよ」なんて言わずに、規制だらけの今だからこそ、読み返してほしい作品です。笑えば、肩の力が抜けるさ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 9人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/11/08

    @ [※01.〜39. = New Recording]に疑心暗鬼な方→見事な仕上がりになっています。

    私もリマスターされる程度かと思っていましたが、ヴォーカル・演奏共に新たに録音し直されています。下手なRemixではなく、原曲に沿った「リ・アレンジ」程度なので、好感が持てます。安室さん本人の意向はもちろんのこと、制作陣の仕事が素晴らしいと思います。
    *楽曲のオリジナル版を求めている方は、ご注意ください。

    Aアムラー世代の方→聴きましょう!

    私もアムラー世代のため、今さら「TRY ME〜」や「Body Feels〜」から聴き直すのは、正直シンドイなとは思っていましたが、上記の様にリ・アレンジされているため、違和感なく聴きやすいです。また、円熟味をもった安室さんのヴォーカルが素晴らしく、自分の歌にすることが出来ています。
    (試聴も出来ますので、なんとなく感じてもらえると思います)
    下手にタイムスリップして虚無感にさいなまれることなく、何か不思議と心が温かくなりました。

    B新曲収録のdisc3だけが目当ての方→disc1・2も素晴らしいのでご安心あれ!

    ベストアルバムはアーティストの「図鑑」になりがちですが、今回は上記の通り、3枚分のオリジナルアルバムが完成しました。
    安室さんの過去作はベスト版を含めてほとんど所有していますが、この「Finally」
    は別物と考えて良いと思います。


    ありがとう、安室奈美恵。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:12件中1件から12件まで表示