トップ > My ページ > カバポチ さんのレビュー一覧

カバポチ さんのレビュー一覧 

検索結果:188件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/11/12

    全集が手に入らないので、バラで揃えた。結果は、A評価が、3番、5番、6番、9番の4曲。B評価が4番、8番の2曲。C評価が7番の1曲。(A評価:繰り返し聴くに値する名盤。B評価:たまに聴くことがあるかもしれない盤。C評価:多分もう聴くことがない盤。)なお、1番と2番は、私はベートーヴェンとブルックナーは3番以降した認めないので聴きません。この全集は、曲によって録音の優劣に激しい差があり、7番は論外、8番もかなりひどい。今このコンビは来日公演をしているが、私が一番気に入らなかった演奏の曲をプログラムに採用している。聴きに行っている人が気の毒です。逆に超名演だったのが、5番と9番。これはもう人類の宝と言っても良いレベルに到達している。総じて、ブルックナーをライヴで録音することの難しさと全曲同じレベルで演奏することの難しさを考えさせられた。いずれにしても、現代を代表するブルックナー指揮者の代表作であることに変わりはない。ボックスセットで入荷出来るようになることを祈ってやまない。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/11/09

    中古で入手したERATOのドイツ盤の初期盤でこの演奏と録音の素晴らしさに感動して、今回WARNERの再発盤の新品を入手したのだが、音質が情けなくなるほど悪くなっている。期待していただけにショックの大きさは測り知れない。ジョルダンのパルジファルの真価はこの盤では全く分からないと思う。ERATOのドイツ盤の初期盤を是非聴いてみてください。そこには、今迄に経験したことのないような清澄な世界が広がっています。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 10人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/10/29

    話題になっているので購入してみたが、感心はするものの感動には至らない。ここにベートーヴェンの演奏の難しさがある。ブロムシュテットのベートーヴェン交響曲全集は、旧盤よりは進化してはいるものの、オケのせいもあって旧盤の夕映えのようなホルンのコクのある響きは存在しない。オケ全体としても旧盤の方が音色的には魅力がある。新盤は構成力に主体を置いた演奏で骨格は実にしっかりしているが聴いていて肩が凝ってしまう。ベートーヴェン自身が求めた演奏とは果たしてこのようなものであったのであろうか?疑問が残る。構成力には欠けるがフルトヴェングラーのモノラルのベートーヴェンの演奏があれほど感動的なのは何故であろうか?私はやっぱりフルトヴェングラーのベートーヴェンが最高だと思う。

    10人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/08/31

    確かにこの盤の音質はひどい。金物を叩くような、いかにも安っぽいキンキンと耳を劈く騒音に過ぎない。最近のCDは本当に劣悪な廉価のリマスター盤が氾濫している。私は、EMIの国内初出盤(CD30-5231〜34)を愛聴しているが、それはそれは素晴らしいオリジナルの音質で、これで聴くとカラヤンの至芸にただただ圧倒される。皆さんも是非中古盤で探して頂きたい。カラヤンに対する評価が全く変わると思う。勿論、トリスタンのベストCDは上記のカラヤン盤だ。これを聴くと、クライバーなどはいかにも生ぬるいままごとの世界だ。カラヤンとは次元が違うのである。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/08/19

    演奏は素晴らしいが、音質がひどすぎる。2千円の廉価でベートーヴェンのピアノソナタ全集が買えるのはありがたいが、音質を犠牲にしての大量生産限定販売!もっと高くてもいいからまともな音質で出して欲しかった。それとも、初発売の時の音質もこんなにひどかったのだろうか?平成の時代のEMIのスタジオ録音のレベルってこんなに低いのだろうか?ライヴ録音でも当盤の音質より優れているのが標準だ。演奏が素晴らしいだけに、メーカーには声を大にして苦情を申し立てたい。
    ★1つは、演奏は素晴らしいが、この劣悪な廉価盤は音楽を味わう以前のひどい音質のため、とても推薦できないためだ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/08/09

    久しぶりに本物のブルックナーを満喫、堪能出来て深い満足感に浸っています。
    まず、オーケストラの響きがブルックナーに相応しく重心の低い渋みのあるものとなっている。何よりも、欧米的な豪華絢爛なテクニック至上的な無機的な響きが全くしないのが素晴らしい。技術的には、予想を遥かに上回るレベルで殆ど不満はない。この指揮者は心底ブルックナーを愛しているなあ、といった実感が湧いてくる。まだ今朝届いたばかりで、全曲は聴いていないが、8番、5番、9番、3番、6番の順に5曲聴いた。どの曲を聴いても極上の至福のひとときを過ごせた。ライヴ一発録音で韓国のオケがこのレベルの音楽を聴かせてくれたのには本当に驚かされた。今後、このコンビのブルックナーからは目を離せない。是非、一度、生演奏を聴いてみたいものだ。大推薦盤!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/02/02

    演奏が素晴らしいのは承知済みだが、驚いたのは音質が劇的に改善されてスピーカーから音が飛び出してくるような凄い臨場感が再現されていることだ。聴く度に今迄に気が付かなかった新しい発見がある。ジュリーニの指揮がこんなに素晴らしかったとは、昔聴いた初期の国内盤では分からなかった。ジュリーニのファン、ドン・ジョヴァンニのファンは、これを買い逃すと一生後悔すると思うので、限定盤とのことなので、即買うべし。ただ一点だけ不満がある。それは、1枚目と3枚目のCD収納場所が裏表紙にペッタリときつく糊付けされており、CDを取り出しにくくて傷だらけになってしまうこと!折角の名CDが最初に取り出したときから傷だらけです!これはメーカーに改善してほしい。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/11/03

    折角何万もする高額な商品を買ってあげているのに、最近はレビューを書いても、全く掲載してくれません。タワレコやアマゾンではきちんと掲載されるのに、HMVは一体どうなっているのですか?購入者をバカにしているんじゃないですか?もう今後はレビューを書きませんので悪しからず!

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 9人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/10/10

    全曲を聴き終えての素直な感想。いいんだけれども、何かが足りなくて感動には至らなかった。ひとつには、楽譜にはない装飾音や旋律を全曲に散りばめてしまっていて、どうも違和感が残る。もうひとつはバッハらしいカチッとした造形感がなく、全体的に早目で柔らかい弾き方で、特に有名なシャコンヌでは相当な抵抗感があった。そんな訳で、期待し過ぎていたせいか、不完全燃焼の感が拭えなかった。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/06/25

    これは素晴らしい!小澤征爾、若き日の熱演だ。何よりも、響きが有機的で決してうるさくなく、晩年のサイトウキネンとの演奏のように透明で響きが薄くならないのがいい。このCD1枚だけでも、小澤の名は後世に残るだろう。シングルレイヤーのSACD化も成功しており、小澤ファンは勿論のこと、エロイカファンにも是非一度聴いて頂きたい。推薦盤!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/06/04

    録音・演奏ともに最高に素晴らしい!私はこのCDによって初めてV.ウィリアムズの交響曲の魅力に開眼した。交響曲だけ9曲、他に余分な曲が入っていないのもとても好感が持てる。これを聴けば、V.ウィリアムズの交響曲がベートーヴェンの交響曲に匹敵する作品であることが理解出来る。必聴盤だ。但し、価格が少々高すぎるのが難点だ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/03/07

    既出の盤を所有しているが、解説書にもあるように、オリジナルマスターテープが紛失していているらしく、音質が悪い。音が割れたり、耳にきついです。今度発売されるこの盤がオリジナルマスターテープからの復刻であることを祈りたい。評価はその点が不明なので、★3つとした。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/01/23

    ブリュッヘン&18世紀オーケストラの総決算とも言うべき実に素晴らしい演奏だ。何よりも懐が深く、熟成されたワインのようなコクを満喫出来る。ティンパニの雄弁な打ち込みがこの演奏を実に彫りの深いものにしている。惜しむらくは、第9の第3楽章。出だしから猛烈に早いテンポに度胆を抜かされる。この楽章だけは失敗作と言わざるを得ない。なお、私はベートーヴェンの交響曲は3番以降しか聴かないので、1番と2番は未聴だし、取り上げる価値のある曲とも思えない。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/01/06

    演奏が素晴らしいのは勿論だが、1998年に発売されて現在廃盤のプラスチックケースに入った盤の方が音質がずっと良く聴きやすい。ただ、場所をとるので、スリムになった今回の紙ケースの再発盤を購入したが、余り良くなかったです。価格が半分になったのは有難いが、肝心なのは音質です。残念でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/12

    やっぱりレビューがないですね。CDをかけ始めると、アナウンスの明快な声が会場に響き渡り、これはかなり音質が良いかも、と期待させられる。ところが、演奏が始まるや否や、いかにも貧弱な音質に様変わりしてがっかりさせられてしまう。
    何だ、これならEMI盤の方が音質いいじゃん、で終わり。残念でした。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:188件中1件から15件まで表示