トップ > My ページ > ブルース・フレーリー さんのレビュー一覧

ブルース・フレーリー さんのレビュー一覧 

検索結果:109件中16件から30件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/27

    レディ・バイオレッタにつきる!紙ジャケにはシングル・ヴァージョンがボーナストラックで入っている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/27

    78年発表のデビュー作。アコースティック・ギター、キーボード中心でクラシカルな美しい曲を作っている。哀しげに歌う女性ヴォーカルもいい。全10曲。@〜Bがお勧め。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/27

    これも、SHM-CD紙ジャケ出るかな?今廃盤になってるのは、輸入盤国内仕様とかいう紙ジャケだから期待はできる。いや、出して欲しい。ドラマチック&ハードの傑作。イタリア最高!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/26

    Aはピアノ、Cはギター、Eはキーボードが聴き所。素朴な曲あり、攻撃的な曲あり、もちろんイタリアならではの叙情性あり、多彩で素晴らしいアルバムだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/24

    完璧。なんてドラマチックなアルバムなんだ。テクニック云々が良く言われるが、楽曲が素晴らしい。ギターインストというとオランダのフィンチ、ジャズ・ロックのアルディ・メオラを思い出すが、それぞれに特徴があって聴き比べて見るのもおもしろい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/24

    32曲。1アーティストを紹介するには充分な量と言えよう。メタルファンならたちまち虜になってしまうだろう。しかしながら、幾つかの名曲が漏れているという事実もある。それを探す旅に出るのも楽しいぞ!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/24

    リアルタイムで彼らと出会っているにも関わらず、存在を無視してきた自分。聴いてみれば、なんとメロディアスではないか?泣きの曲も存在するし。何故、当時メタルを避けていたのだろう?そんな気持ちにさせてくれたのが、そうジューダスだ。このアルバムは、”私の耳にメタルを受け入れさせた作品”と言っても過言ではない。とくにFG、そしてボーナスのJが超好き。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/24

    こんな良心的なベストなんて他には見当たらない。1枚でこの質・量。HRのスタンダードだ。後世に語り継がねばならない名曲集だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/24

    どの曲も平均点以上の名盤と言えよう。アルバムの構成に関しても、曲の調和がよく取れている。野球で例えるならジグザグ打線、もしくは、緩急織り交ぜた投球とでも言おうか。ギター、ヴォーカル、ドラム、ベース全てが最高!だから、早くこの時期まで紙ジャケ化して欲しい!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/24

    Cはどこかで聴いたような。このアルバムのクライマックスは終盤FとGだろう。Fの泣き泣きのギターインストが堪らないねえ。Gは一転してテンポアップして激しいドラミングがいいね。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/24

    LPをMDに落とし、LPを処分した。「MDでこれから一生音楽を聴いて行こう。」なんて矢先に紙ジャケの存在を知ってしまった。実際、聴き比べて見ると最近のCDはFROM-LPのMDなんて比べ物にならない音質になっている。このアルバムも、そんな印象を持った1枚だ。素晴らしい音だ。内容も、より好感をもてるようになった。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/24

    また、ジャケットが2種類ある。こちらは、裸婦が蠍の真中に座っている。他は裸婦が居ない(HMVの写真を信じれば)。彼らのジャケットにありがちな話だけど。 ☆そして、組枚数1とあるのはおかしいと思うのだが?!あれだけの曲数を1枚に入りきるのであろうか? ☆内容は、文句無し。移籍云々は詳しくないが、これとBMGの紙ジャケとファーストを揃えれば網羅できるのでは?もちろん、この時期も紙ジャケ化して貰いたいと願う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/24

    HMVレビューの通り、確かにポップ路線。シングルヒットもあったが、何と言ってもここでもバラードのHが圧巻でしょう。彼らのアルバムは、紙ジャケ化して欲しいものだ。(こちらのレコード会社からは未発売)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/24

    これが彼らのデビューアルバム。イメージと違う世界が広がるのでは?!プログレ的なアプローチが感じられる作品だ。72年というとイタリアのバンドなども同様の音を出しているものがあった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/24

    「人生は川の如し」イントロからして泣かせる。クラウス・マイネが、また極上のバラードを歌い上げる。精神を高揚させるハードロックもいいが、感傷的にさせるハードロックもいいものである。人生を川に例える曲は良いものができるのだろうか。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:109件中16件から30件まで表示