トップ > My ページ > STRAD さんのレビュー一覧

STRAD さんのレビュー一覧 

検索結果:162件中121件から135件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/23

    数あるブラームスのVnソナタの演奏の中で、私にとってはベスト3に入るものです。メロディーメーカーであるブラームスの曲は、ただ普通に演奏するだけでもある程度の結果が得られるように思いますが、更により音楽的なメッセージをしっかり伝えていけるかどうかは演奏者の実力の試金石なのだろうと思う。ゴールドベルクは、この美しいメロディーを格調高く、自然体でしかも心から沸き出るメッセージと共にしっかり伝えていて、間然するところがない素晴らしい演奏だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/23

    いかにもズスケらしく丁寧で格調のあるいい演奏だと思います。勿論バリバリ弾くタイプではないので、曲によってはもう少しアピールして欲しいと感じることもありますが、それがズスケの持ち味なのでしょう。是非全曲をリリースして欲しいですね。それにしても、オルベルツの伴奏は素晴らしい。表情豊かで生き生きとしていてズスケの演奏を引き立てています。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/09

    これはいい曲集ですね。特にイタリアにおけるペトラルカの104と123における叙情性は素晴らしい。ベルマンは決して腕っぷしだけのピアニストではないことがわかります。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/09

    曲によって音場の違い(特に第1番と他の曲)があり若干違和感がありますが、演奏は朗々とチェロを鳴らして推進力のある演奏です。リズムのとりかたや強弱のつけ方に独特のものがありますが、決してわざとらしいものではなく、全体としては雄大でいい演奏だと思います。録音は現在のものと比べれば鮮明さに欠けますが鑑賞としては全く問題になりません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/09

    カンポーリというとサロン音楽などもやっていた関係上、バイオリニストというよりフィドラー的な評価がされがちですが、実力は端倪すべかざるものをもっている味のある演奏家だと思います。このヘンデルも格調が高く、躍動感があって素晴らしいと思います。ベートーヴェン、メンデルスゾーン、チャイコフスキーのVn協奏曲を始め、サンサーンス、スペイン交響曲などもっとCD化してほしいものです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/03

    所謂、流麗かつ軽快なモーツアルトとは一線を画した演奏ですが、中々味があっていい演奏だと思います。こういう演奏がドイツの地方では日常的に聴かれていたのだろうと思います。決してベルリンフィルやウイーンフィルばかりが全てではないのでしょう。音楽の根深さを感じます。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/03

    シゲティは晩年、ハイフェッツの演奏するバッハの無伴奏Vnソナタ/パルティータをことごとく批判したそうです。でもハイフェッツの演奏と同程度の演奏技術を持ったヴァイオリニストが言うならば説得力がありますが、シゲティがそれを言っても説得力はあまりないでしょう。「精神性」なるものををきちんと表現できる技術を持てなかった演奏者には、「精神性」を論じることはかなり無理がある。それは我々聴く者にとっても同じです。シゲティを過小評価してはいけないが、過大評価はもっといけない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/03

    ”モーツァルトのVN協奏曲を正座して聴きなさい”とは、これはまた随分厳しいコメントですね。世の中に正座して聴かなければならない音楽があるとは知りませんでした。それは多分シゲティの望んだことではないでしょう。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/03

    昨今のシャープで歯切れの良い演奏と比べると、一見おっとりしているように感じますが、これがまたいいんですね。音楽の呼吸の深さや、精神の落ち着きを感じる演奏です。アメリカのVn奏者とは全く異なるアプローチで、今となっては大変貴重だと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 8人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/01

    古楽によるバッハの演奏が一般的になっている現在、今更ミュンヒンガーでもないだろうと思ったが、これまで持っていなかったので購入して聴きましたが、古楽とか現代の楽器とかというレベルを超えて、音楽として非常にしっかりとしたものを感じました。色々な演奏形態が可能なバッハですが、ミュンヒンガーのこの演奏には、時代を超越した普遍的なものがあると思います。

    8人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/09/26

    初めて聴くチェリストでした。現在の演奏レベルと比べるとやはり切れ味などは劣るのかもしれませんが、心地よいリズム・ゆったりとしたテンポ感(実際の速さではなく精神の落ち着きとでもいうのか)が何とも言えずいいと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/09/25

    ワーグナーというとクナやフルトヴェングラーなどが高い評価を受けているが、トスカニーニの演奏も素晴らしいと思っている。トスカニーニのワーグナーは透明感があってリズム感も良い。それにより、却って曲の悲しみ、奥深さなどが表出されているように感じる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/09/23

    我々素人がプロの演奏家をのことを下手だとかどうだとか、批評家の受け売りで簡単に言ってはいけないとつくづく思います。クーレンカンプは決して下手でも凡庸でもないと思います。音楽、しかもドイツの伝統に即した精神をしっかり持った音楽家だと思います。ただ独奏者としては若干存在感が薄かったことは否めません。しかしそれは彼のキャラクターであって、彼の芸術の質とは関係ありません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/09/23

    クーレンカンプのベートーヴェンは、その昔、クライスラーやフーベルマンと同じレベルの評価であったというのを聞いたことがありますが、確かにそんな感じがします。誰が言ったのか、クーレンカンプが技術的に下手だったとかの声も聞きますがこのCDを聴く限りそんなことはありません。格調の高い良い演奏を聴かせています。Vnファン、ベートーヴェンのVn協奏曲のファンは必ず聴くべき、そして所有すべき演奏だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/09/23

    ミルシティンはよく出来不出来が多いと言われますが、例えばこの「ロンドとカプリチオーソ」は、不出来のほうだと思います。あまり興がのってこないようでなんとも中途半端な感じで、彼らしいシャープでかつ熱い思いが十分伝わってきません。しかし、それでも他の凡庸なヴァイオリニストに比べればたいしたものと言わざるをえず、さすがミルシテインだと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:162件中121件から135件まで表示