トップ > My ページ > 古き良き時代 さんのレビュー一覧

古き良き時代 さんのレビュー一覧 

検索結果:346件中136件から150件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/25

    妥当な演奏です。聴かせどころを十分に心得て聴いている間は満足させてくれます。
    録音のライブながら満足ができるホールトーンの美しいものでした。
    「それでもベーム、カラヤン、アバドとどこが違うの?」と友人に聴かれたら小生は返答できませんでした。素人の小生でもオケを動かす能力はカラヤン、アバドの方が上だと分かります。

    最近は、ほとんどファンの声を聴かなくなってしまったヴァントです。
    あの一部の方々に神格化された称賛の嵐はどこに行ってしまったのでしょうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/24

    ゆったりとした落ち着いた気持ちで聴けるベートーベンです。
    何も変わったことをしているわけでもありません。ひたすら誠実です。
    「20世紀後半には、こんな演奏が主流だった」とかじることができました。

    録音は、マストーンをうまく採り切れており素晴らしかったと思います。
    フィリップス・クラシックCD最終期の名盤の一つでしょう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/23

    素晴らしい演奏です。
    飾ったところなど、全くありませんが、本当に語りかけるがごとき名演で、心が静まり幸福な気分になれます。

    どことなく、シフの演奏に似ている感じがします。
    シフがDECCAでバッハの主要独奏曲全集が出ていますが、ケンプは出ていませんので、是非、一枚一枚お買い求めになることをお勧めします。
    絶対に損はありません。
    録音状態も決して悪くはありません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/23

    大好きなケンプの演奏です。
    こんなショパンがあっても良いのです。心を落ち着かせて聴いていれば幸福な気分になれます。
    ポリーニみたいに弾いてもらわなくっても十分楽しめるものです。

    録音は残念ながら年代を感じてしまいました。同時代でもDGの方がよく採れていると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/22

    「ケンプにリストは、、、」と勝手に想像していた小生ですが、どうしてどうして見事に裏切ってくれました。
    ホロヴィッツのロ短調のように、聴き手に有無を言わせない圧倒的な迫力も素晴らしいですが、このような語り掛ける演奏でリストを聴くのも一興です。
    しかし、ケンプには本当に楽しい思いをさせていただきました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/22

    ケンプにはほぼ全面的に賛同する小生の数少ない★4つCDでした。
    ケンプは基本的に「ネアカ」の奏者だと思います。どこかブラームス独奏曲の淡々としたトーンにまっちしていないところがありました。
    無論、全体としては文句のない名演で十分聴かせどころもありましたので購入して損のないCDです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/20

    全てが素晴らしい名演でした。
    強く逞しい打鍵で押し切るシューマンも魅力ですが、ケンプのように語り掛けるシューマンも捨てたものではありません。
    かといって「ケンプのテクニックがどうこう」などと音楽大学教授のような評論をされる方がしばしばおられますが、決してそうではないでしょう。
    スタジオ録音ですから万が一、テクニック上でうまくいかなかった箇所があれば間違いなく採り直しています。
    私はバックハウスよりステレオの録音状態が良いものが残されたケンプのドイツ作品の方をはるかに長い時間愛聴しています。
    まとまりの良い選曲でもあり、購入して損はないCDです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/19

    ケンプのバッハは、私にとって、生涯の名盤の一つです。
    飾ったところなど、全くありませんが、本当に語りかけるがごとき演奏で、心が静まり幸福な気分になれます。

    どことなく、シフの演奏に似ている感じがします。
    シフがDECCAでバッハの主要独奏曲全集が出ていますが、ケンプは出ていませんので、是非、一枚一枚お買い求めになることをお勧めします。
    絶対に損はありません。
    録音状態も決して悪くはありません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/18

    クライスレリアーナが素晴らしい名演です。
    録音にさえ目をつぶればこの曲の最高の名演でしょう。
    冷徹な響きで冴えに冴えわたったピアノとはこのような演奏の事を言います。残念ながらDGの再録音は録音状態は良くなっていますが、ホロヴィッツの腕の冴えが衰えてしまったので、是非、このSONY盤を聴いたいものです。

    ホロヴィッツのシューマンでは、このクライスレリアーナは65年カーネギーでの幻想曲と並ぶ名演だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/18

    ドイツ系やポリーニ、アシュケナージ、ギレリス(30&31)のような強く逞しいベートーベン後期を愛聴してきた私にとっては異次元の演奏でした。
    しかし、こういった行き方も十分許容してしまうほどの素晴らしい作品であることも同時に感じました。
    映像はなかなかセンスが良かったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/17

    素晴らしい演奏です。
    ケンプのバッハは、私にとって、生涯の名盤の一つです。
    特にこの小品集はケンプのバッハCDのNO1と言っても過言ではありません。
    飾ったところなど、全くありませんが、本当に語りかけるがごとき演奏で、心が静まり幸福な気分になれます。

    どことなく、シフの演奏に似ている感じがします。
    シフがDECCAでバッハの主要独奏曲全集が出ていますが、ケンプは出ていませんので、是非、一枚一枚お買い求めになることをお勧めします。
    絶対に損はありません。
    録音状態も決して悪くはありません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/16

    素晴らしい演奏でした。
    ケンプのモーツアルト独奏曲のステレオ正規録音盤は、このDGたった一枚しかありません。残念な限りです。
    しかし、この心温まる優しさはたとえようもありません。是非、聴いておきたい名演です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/16

    素晴らしい演奏です。
    ケンプのバッハは、私にとって、生涯の名盤の一つです。
    とくに飾ったところなど、全くありませんが、本当に語りかけるがごとき演奏で、心が静まり幸福な気分になれます。

    どことなく、シフの演奏に似ている感じがします。
    シフがDECCAでバッハの主要独奏曲全集が出ていますが、ケンプは出ていませんので、是非、一枚一枚お買い求めになることをお勧めします。
    絶対に損はありません。
    録音状態も決して悪くはありません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/15

    名演奏・名録音でした。廉価版で放置されているのが気の毒です。 ベーム・ウイーンのブルックナーでは、ロマンティックの時ほどには騒がれませんでしたが、私は、学生時代のアルバイト代をためて、同時発売の7番と合わせてLP3枚組を購入したのを覚えています。
    特に目立った演奏をしよう、という意図など皆無でしたが、雄大な音の流れで、幸福な時間を過ごさせてくれるCDです。

    ブルックナーの7&8番では、全てウイーン・フィル演奏版でのカラヤン、ベーム、ジュリーニをお勧めします。一時期、騒がれたヴァント盤よりずっと良いと確信します。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/13

    演奏は極めて妥当なものでした。スイトナーの全集に似ていた感じです。
    問題は録音で、どうしてこれだけ硬い音質になってしまっているんでしょうか、と思ってしまいました。当時の東独のレヴェルの問題でしょうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:346件中136件から150件まで表示