トップ > My ページ > せごびあ さんのレビュー一覧

せごびあ さんのレビュー一覧 

検索結果:680件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/17

    タイトルを良く見れば・・・全集ではなく、デジタル録音は含まれていませんので注意しなければいけません。アナログだけならアナログレコードでノイズとともに聴いたほうが楽しいので企画としての不足感を感じます。まあ協奏曲集などのような抜粋ではないのでまだ許せる範疇かもかもしれませんが、精神衛生上もビシッと出して欲しいところです。もしもSONYまでDGにならい出し惜しみを始めたとするならこれは問題で、あくまでコンプリートとした上でパッケージやプラスαのところで正々堂々と勝負するというのが健全なあり方ではないでしょうか。しかし「アナログ」コンプリートとは、「コンプリート」の言葉の重みがどこかへ行ってしまったな〜と思いました。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/25

    大変素晴しい!なかでも「CD7」はなんと素晴しいことか。今回新たにウエスギの300B真空管を利用した希少なアンプを導入できたことで、あらためて彼女の歌の技術(専門的なことはわからないが、ただ事ではないことはわかる)にも気付くことができた。これからも長く聴き続ける盤となるでしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/05

    恥ずかしながら全く知らないアーティストでした。ライトクラシックという分野になるのでしょうか?しかしながら音楽は単なるライトではなく、むしろ情熱的で思い切りが良く、さまざまなアーティキュレーションはグッと心に響き大変気に入りました。純クラシックと区分されているものでも実際には編曲が施されていて、一家言あるコアなクラシックファンの餌食になりそうな事が満載なのですが私は気に入りましたよ。フォスターなども良いです。オケも華麗なサウンドと言われるとおりですし、演奏技術も立派なものです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/05

    とても良い盤に出会うことができました。ギター五重奏というスタイルの魅力がよくわかる盤です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/05

    とても良い盤に出会うことができました。ギター五重奏というスタイルの魅力がよくわかる盤です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/05

    とても良い盤に出会うことができました。ギター五重奏というスタイルの魅力がよくわかる盤です。またおまけトラックで有名な「(ボッケリーニの)メヌエット」が聴けます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/05

    久しぶりにアシュケナーを聞いたのですが、やはり彼は指揮者ではなくピアニストですね。すばらしい演奏です。また久しぶりに触れたことで、良い意味でいかに古いタイプの演奏をしていたのかという点にも気付くことができました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/05

    ヴォカリーズで、リラックスできる曲群です。バックはオケだけでなくシンセサイザーも利用したものですが嫌味はありません。ただ、ずっと聞いていると飽きてくることは否めません。しかし新古品で99円だったので文句はありません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/05

    タンスマン全集と言うのが大変すばらしい企画です。タンスマンというとカヴァティーナ組曲くらしか残念ながら知られていないのは残念です。現代の演奏家にはセゴヴィアがタンスマンに作曲を依頼した頃の想いをもう一度思い起こしてほしい(映画音楽なども良いですし好きなのですが・・・)。そういう意味でもアンドレア・デ・ヴィティスさんには心からありがとうと言いたい。また楽器はフレドリッシュで、軽く弾くだけでパコパコと大きな音が鳴るような楽器ではありません。よって演奏も現代によくある技術をひけらかすようなものではなく、そういう点でも本来のギターここにありという感で好感が持てます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/05

    タンスマン全集と言うのが大変すばらしい企画です。タンスマンというとここにも収録されているカヴァティーナ組曲くらしか残念ながら知られていません。ポーランド風組曲などセゴヴィアも演奏し録音もした名曲と思うのですが、いまでは風前の灯で残念極まりありません。この盤で見直されることを大いに期待したいですし、現代のギタリストには映画音楽なども良いのですがもう一度セゴヴィアが取り上げたレパートリーを一から見直してほしい。そういう意味でもアンドレア・デ・ヴィティスさんには心からありがとうと言いたい。演奏も現代に良くある技術をひけらかすようなものではありません。楽器もパコパコと大きな音が鳴るだけのものではなく、素朴で芯があり色のある昔ながらのクラシックギターの音で、ジャケットに写るのは名器フレドリッシュです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/05

    特にウォルトンのヴィオラ協奏曲がすばらしいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/05

    スイトナーはN響などでなじみがありながらもけっして多くを聞いた演奏家でありませんが、これはいい演奏で驚きました。どう良いのか言葉にしづらいのですが、おおよそ全体を通して感じますのは、抑制?ではなく慎み?でもなく、常に楽器のバランスにおいて何かをこれ以上鳴らすと角が立つぎりぎりを行っている感じです。メリハリがありながらも細くなるような所は全く無く、常に極太ですし良い意味での荒さもあり熱気もあります。私の中でのドヴォルザークのBEST盤を更新しなければなりません。なお、本品はクラムシェルボックスではなくプラケースでした。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/04

    なんとゴージャスな音楽でしょう。思ったとおりの音楽でした。ゴールウェイはバウムガルトナーやマリナーと合わせているときのほうが自由に演奏しており、カラヤンとでは少々窮屈のようですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/28

    初っ端の「泥棒かささぎ」がいけませんが、「セヴィリャの理髪師」くらいまで来ると随分良くなり、「セミラーミデ」で十分に至ります。そして最終曲の「テル」で最高潮に達するかと思いきや・・・、ちょっと足りないですね。しかし、明るく楽しませてくれる盤ではあります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/22

    すごい演奏です。こってりとし響きも重厚でありますが、不思議とさっぱりさも同居しているなかなかできない演奏です。マーラー演奏の中でも際立っています。ビックリです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:680件中1件から15件まで表示