トップ > My ページ > ピータン さんのレビュー一覧

ピータン さんのレビュー一覧 

検索結果:84件中16件から30件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/21

    1975年リリースのライヴ盤だから、なんと!36年前のアルバム
    になる!!
    聴いていて思うが勢いが凄いネ☆ 特にライヴはポールのテンションが高い。観客のノセ方も知っている。

    「Deuce」 〜 「Got To Choose」 〜 「Firehouse」 〜 「C’mon And Love Me」 〜 「Watchin’ You」 〜 「100,000 Years」 〜 「Rock Bottom」 〜 「Cold Gin」 〜 「Rock And Roll All Nite」 〜 ラストの 「Let Me Go Rock ’N’ Roll」 の流れがカッコイイね!!

    特に、「Firehouse」。そして「100,000 Years」 のファンとの掛け合いが好きだ! そして「Rock Bottom」、「Cold Gin」、「Let Me Go Rock ’N’ Roll」 がチョー、カッコイイ!!

    KISS 自身もノリノリだし、ライヴ・バンドであるという自負があるように思える!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/21

    1977年発売のキッス全盛期のライヴ!!
    発売から34年経ってる今でも、たまに聴くライヴ盤★

    「Detroit Rock City」 〜 「King of the Night Time World」 の流れがスタジオ盤と同じ。もうノリノリになる!!
    「Ladies Room」 から 「Makin’ Love」 〜 「Love Gun」 の流れがスキ!!
    そして 「Shock Me」 のポールとジーンのコーラスも好きだなぁ〜
    次に 「Tomorrow and Tonight」 をライヴで演ってくれるとは思わなかったから嬉しかった!!

    Disc 2 「I Stole Your Love」 チョー、カッコイイ!! そしてピーターの 「Beth」 が光ってる! ラストの 「Shout It Out Loud」 チョー、元気を貰える★ これがキッスの真骨頂!!

    LP で例えると、D 面もライヴを収録してほしかった。1発録りでライヴ感を出しているが・・・。カヴァー曲の「Any Way You Want It」 はヨカッタ!!ダイスキなナンバー♪

    やっぱりキッスはライヴ・バンド!! スタジオ盤の10倍、力を出してくれる♪

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/21

    まさかキッスがアンプラグドに出るとは!!!
    1曲目のポール作曲の「Comin’ Home」 がイイ!! そして懐かしのジーン作曲の 「Plaster Caster」。そして 「Do You Love Me」 がカッコイイ〜♪ そしてポール作曲の 「Sure Know Something」 が嬉しかった! 続いてポール作曲の 「World Without Heroes」 がシビれる〜♪ そしてポール作曲の 「Rock Bottom」 カッチョイイ〜★ 次がジーンのソロ・アルバムから 「See You Tonight」 、イイ曲だなぁ〜♪ そしてポール作曲の 「Every Time I Look At You」 心からシビれる〜♪ 
    次がエースのストーンズのカヴァー曲 「2000 Man」。出来ればキッス時代のエース作曲の曲を演ってほしかった・・・。
    次がピーター作曲の 「Beth」 。DVD 買って見たけど、ホント Unplugged は良かった!! そして全員で 「Nothin’ To Lose」 と 「Rock And Roll All Nite」。ラストはポール作曲の 「Got To Choose」 で〆。

    この Mtv Unplugged 後、オリジナル・メンバーで再結成!! 長くは続かなかったが、ファンとしては嬉しかった!!
    あれからもう15年経つんだねぇ〜〜

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/20

    キッスのアルバムの中で好きな方です☆
    好きな曲は、ジーン作曲の 「Great Expectations」、ジーンとポールとエースの共作 「Flaming Youth」、ジーン作曲の 「Sweet Pain」、ジーンとポール共作の 「Shout It Out Loud」、ピーター作曲の 「Beth」、ラストは心地良い 「Do You Love Me」 !!
    「King of the Night Time World」 の入り方もカッコイイですね♪

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/20

    「self portrait」 はバラッドでもイケるね♪
    「behind the mask」 と 「tibetan dance」 は残念、って感じ。

    教授の全集中力がピアノに向かっているのが分かる。
    「hibari」、「put your hands up」、「mizu no naka no bagatelle」、「tango」、「amore」、「a flower is not a flower」、「before long」、「energy flow」、ファンのリクエストに応えた 「mc_08 (tong poo)」、「戦メリ」、「the last emperor」 は癒される♪
    「rain」 はやはりオーケストラの方が向いてる気がしたけど、コレはコレでアリだなと・・・。

    ラストはやはり 「parolibre」 だよネ☆

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/20

    「Is That You?」 カッチョイイですよねぇ〜〜♪ 1曲目からキッス・パワー全開!!
    このアルバムはエースの楽曲がとても多くて嬉しい!! エースの楽曲はカッコイイんだ!! 「Talk To Me」、「Two Sides Of The Coin」 、「Torpedo Girl」 。
    ポール作曲の 「Tomorrow」、「Shandi」 もポールらしい素晴らしい楽曲!!
    ジーンもイイ曲書いてますね★ 「She’s So European」、そしてアルバムのラスト曲 「You’re All That I Want」 。
    とても聴きやすいアルバムに仕上がってます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/20

    記念碑 キッスの 1st !!
    持ってる CD は色褪せています。1974年の作品だもんね。キッスの 1st アルバム。
    メンバー皆が若さに溢れています!
    個人的には 「Firehouse」、「Deuce」、「Cold Gin」、「100,000 Years」 が好きなナンバーです☆
    カヴァー曲 「Kissin’ Time」 もイイなぁ〜♪ 1度はライヴで聴きたかったです★
    「Let Me Know」 では、曲のラストにメンバーの息の合ったコーラス部分が聴けます!! 鳥肌もんです!
    僕の中でキッスは永遠です。11年振りに19枚目のアルバム 『Sonic Boom』 も2年前にリリースし、ビルボードで初登場2位です!! キッスのファンは全世界にいます。このまま突っ走ってもらいましょう!!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/20

    メンバーの4人が同時に出したソロ・アルバム。曲数が溜まっていて、『Alive U』 の D面 (LPで言うと)まで使ってしまって・・・あの全盛期のライヴはトータルで聴きたかった・・・。まぁ、カヴァー曲の 「Any Way You Want It」 がチョー好きだから許せるが。僕は、キッスのメンバーの中でポール・スタンレーが1番好きです。ソロ・アルバムが1番売れたのはエースの作品でしたが(エースも、もちろん好きです!)。
    中学生の時に、キッスを知ってロックに目覚めました。
    ポールの作る曲はロックでも、とてもロマンティックだ。
    そうそう! 名バラード曲の 「Hold Me Touch Me」 は今聴いても涙が出そうになるほどの名曲です。
    「Wouldn’t You Like To Know Me」 と 「It’s Alright」、「Goodbye」 はカッコイイ、ナンバーだなぁ〜♪

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/20

    KISS の入門編としてはイイのでは?
    「Deuce」 から 「Rock And Roll All Nite」、「Detroit Rock City」、「Shout It Out Loud」、「Beth」、「Hard Luck Woman」、「I Stole Your Love」、「Love Gun」、「Lick It Up」、「Forever」、「God Gave Rock N’ Roll To You」。そして、エースの 「New York Groove」 が収録されてるのが嬉しい!!
    でも、KISS はやはりライヴ・バンドだから、『Alive: 1975-2000
    』 が入門編としてはベストかな。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/19

    教授のアルバムの中で1番好きなアルバムです☆
    やっぱライヴがサイコーです。「 BALLET MECANIQUE 」 は好きな曲ですねぇ〜
    「 STEPPIN’INTO ASIA 」 と 「 SLEEP ON MY BABY 」は踊れる曲! 教授はバラッドを5曲くらいやると MC で ”踊りたい人、もう少し待っててね” と気遣ってくれる。教授のファンは、色んな人がいるからね。バラッドもイイけど、踊るのもサイコー♪

    そして、一転、サティの 「ジムノペディ」〜 「ゴリラがバナナをくれる日」 コレもサイコーだ!目を瞑って聴きいってしまう。
    「 A TRIBUTE TO N.J.P 」 、途中にドビュッシーを思わせる楽曲。
    「 THATNESS AND THERENESS 」 もう〜 ダイスキな曲です☆ スタジオ盤の 「 THATNESS AND THERENESS 」 もサイコーです♪ 〔 B2 Unit に収録されてます 〕
    「戦メリ」 に言葉は要らないでしょう・・・。

    「 BEHIND THE MASK 」 、マイケル・ジャクソンの作詞です。〔昨年の12月に発売された故マイケル・ジャクソンの『Michael』 にマイケルが歌った 「 BEHIND THE MASK 」 が収録されています。〕
    またココから踊れる曲が続きます。〜 ノリノリです☆ サイコーに好きな3曲です。→ 「 ONGAKU 」 〜 「黄土高原」 〜 「 SELF PORTRAIT 」 → 〔スタジオ盤では山下達郎さんがギターを弾いてます。〕 。ドラムスがカッコイイ〜 メロディー・ラインが美しい名曲ですネ☆
    「 PAROLIBRE 」 はラストに相応しい楽曲です。美しい・・・。このアルバムを聴くと教授のコンサートに行きたくなります♪

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/19

    世界ツアーを収めたアルバム。
    ライヴはスタジオ盤の2倍カッコイイ!!
    高橋さん作曲の 「 RYDEEN 」、教授が作曲の 「 TONG POO 」、「 THE END OF ASIA 」、細野さん作曲の 「 COSMIC SURFIN’ 」。そしてなんといってもビートルズのカヴァー曲 「 DAY TRIPPER 」 がチョー、カッチョイイ!! もっとカッコイイのはアジアの匂いがするから。オリジナルというのは、こういう事を言うのだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/19

    元はっぴいえんどの細野晴臣(B、Vo)さんと、元サディスティックスの高橋幸宏(D)に教授が加わり結成された YMO 。このアルバムは 2nd アルバム。
    僕はまだ子供だったが、「 Rydeen 」 だけは知っていた。ヒットしたからだね。
    それにしても、世界初の音楽とコンピューターの融合を成し遂げてる姿はとてもカッコイイ!!
    もっと凄いのは、コンピューターの打ち込みを自ら実演出来るコト!!
    細野さんのチョッパー、高橋さんの正確なリズム、教授のシンセには世界が驚嘆したのは、想像出来る。
    「 Technopolis 」、「 Behind The Mask 」 なんかは今聴いてもチョー、カッコイイ!!
    そして、なんといってもビートルズのカヴァー曲、「 Day Tripper 」 がめちゃカッコイイ!!
    また、昨年12月に発売された、故マイケル・ジャクソンの 『 Michael 』 に、「 Behind The Mask 」 が収録されている。コレもカッチョイイ〜。 本来ならアルバム 「スリラー」 に収録されるはずだったもの。


    教授は、その後、映画音楽に携わり、「ラスト・エンペラー」 でアカデミー賞の最優秀作曲賞を受賞。バルセロナ・オリンピックのオープニング・セレモニーでは、自らの曲を指揮した。


    追伸:ユーミンが荒井由美の頃、はっぴいえん + 教授などがバックを務めていた。また松田聖子さんのアルバム 『風立ちぬ』 の A面を大瀧詠一さんが作曲。そして松田聖子さんの9割方の作詞は松本隆さん。アルバム 『Candy』 では、鈴木茂さんがギターで参加。大瀧詠一さんと細野さんが1曲ずつ楽曲を提供。細野さんが松田聖子さんに楽曲提供した曲は 「天使のキッス」 と 「ガラスの林檎」 が有名。

    はっぴいえんど → 細野晴臣(B、Vo)、大瀧詠一(G、Vo)、松本隆(D)、鈴木茂(G、Vo)。

    サディスティックス 〔サディスティックスの前身はサディスティックス・ミカ・バンド〕 →
    高橋幸宏(D)、高中正義(G)、後藤次利(B)、今井裕(Key) 。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/11

    こんな佳作が発表せず残っていたなんて、マイケルには驚かされます。デモなので、短い曲も多いですが、満足です☆
    「 Keep Your Head Up 」 と 「 Much Too Soon 」には涙なくして聴けません・・・マイケルは永遠です・・・。
    教授が作曲した YMO 時代の 「 Behind The Mask 」、カッコイイです♪

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/10

    R・ケリー作曲の 「 You Are Not Alone 」と 「 One More Chance 」 が光る☆ 「 BEN 」 のライヴ・ヴァージョンも聴きもの! 名曲たちのオン・パレード!! 一家に1枚あってもいいと思う♪

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/10

    1曲目の 「 Jam 」 カッチョイイ〜 そしてダイスキなナンバー 「 Black Or White 」。チョー名曲 「 Heal The World 」、カヴァー曲 「 Gone Too Soon 」 は涙なくして聴けない。でも、アルバムとしての評価は低くするのが妥当だと思う。

    「 Black Or White 」、「 Heal The World 」 は 『 King Of Pop -Japan Edition 』 で聴けるので、そちらをお薦めする。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:84件中16件から30件まで表示