トップ > My ページ > takeshi kagan さんのレビュー一覧

takeshi kagan さんのレビュー一覧 

検索結果:19件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/02/14

    1970年ショパンコンクール第6位入賞、「戦場のピアニスト」の演奏などで知られるオレイニチャク。ポブウォツカやパレチニと並ぶポーランドを代表する名ピアニストです。
    今回はエラールピアノを使ったライヴ録音ということで、正直モダンピアノで聴きたかったなぁという思いで聴き始めましたが、1曲目の有名な遺作のノクターンからすっかりこのエラールピアノの音色に耳を奪われてしまいました。
    これもオレイニチャクの実力なのでしょう。
    モダンピアノに比べダイナミクスも音色の幅も小さいであろうエラールピアノをこんなに美しく歌わせられるピアニストもそうはいないと思われます。モダンピアノで弾く時よりアゴーギグを多用し、しかしあくまで男性的に旋律を紡いでいきます。
    このライヴに居合わせた聴衆の幸せな雰囲気が伝わってきます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/02/13

    エッカルトシュタイン特有の冷たい叙情性とスタジオ録音ではみせなかった、ちょっとびっくりするくらいのヴィルトゥオージティが聴ける1枚です。
    楽器がベヒシュタインのためか強音はややキツい音を出しますが、その反面弱音はえも言われぬ美しさです。
    特にここではメトネルの「夜の風」が録音としてもまだ数が多くないだけに貴重でしょう。
    メジューエワのスタジオ録音では第1楽章20’52”2楽章15’00”で演奏していますが、メジューエワも決して遅いテンポではありませんでしたが、ここでのエッカルトシュタインは第1楽章18’19”2楽章14’16”とかなり快速に弾き進めていきます。かなり長大で難解な作品ですが、速めのテンポ設定のせいか、作品の構造がみえてきて聴き手にわかり易く、持ち前のロマンティズムとヴィルトゥオージティも遺憾なく発揮され非常に楽しむことができました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/01/29

    「シャコンヌ」は入魂の演奏。
    曲によって出来不出来があるのですが、録音のせいか音が硬めで、打鍵もかなり強いのでコラールではもう少し柔らかい音色が欲しいところ。
    有名な「主よ、人の望みの喜びよ」でも骨太でスケールの大きい楽奏を展開していく。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/02/22

    この熱情、とっても地味ですが、聴けば聴くほどにいいです!
    さすがゴルノスタエヴァの生徒!
    音色もよく吟味された、大人の熱情です!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/01/04

    非常に良く楽譜を読み込んであり、オーソドックスながらシャープで現代的な演奏です。テクニックも申し分ない!
    強いて言うなら葬送とスケルツォという選曲でアルバムを作ったのであればもっと怒りに満ちた表情や、デモーニッシュな表現も聴いてみたかった。あまりに健康的過ぎます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/21

    素晴らしい!!
    若干の衰えはあるものの素晴らしいテクニック!美しい音!
    音楽ってこんなに楽しくて自由なんだと改めて教えてくれます!
    こんなに香りのするピアノを奏でられる人って、現代ではもういないんてしょうね

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/04

    メジューエワのドビュッシーを聴いて、例えば私達日本人が山田耕筰の歌曲を聴いて美しい夕焼けを思い浮かべるように、そんなとても懐かしい気持ちになりました。フランス人もドビュッシーを聴いて郷愁を感じているのかな・・・あくまで個人的な感想です。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/31

    もちろん高次元な演奏にちがわないけど、意識的な表情付けが煩わしかったです。
    もっと自然な歌が聴きたいです。音も録音も雰囲気もいいので、それが惜しい気がしました。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/20

    音はやや細めですが、壮大な音楽づくりに成功しています。
    懐が深く、いい意味で生々しい表現をする女流!
    これからも期待大です!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/01/17

    この”悲劇的ソナタ”は、奇跡です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/09/22

    これは凄い!アラウの年齢(録音時79歳?)やレビューをみて大して期待はしてませんでしたが、柔らかな極上な音でこんなにもデモーニッシュな音楽を奏でることが可能なんて!
    ライヴ録音とのことで多少のミスタッチはありますが技術的な衰えは全く見当たりません。アラウは健康的な音楽しかできないと勝手に思い込んでましたが圧倒されました!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/09/28

    たしかにピアノはよく鳴っていて音もきれいだし技術も素晴らしいですが
    “これがショパンなのか?”と問われると疑問です・・・
    でも間違いなくこの先楽しみなピアニストです★

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/08/19

    この幻想曲はかなり素晴らしいです!
    これでスタインウェイで弾いてくれたら…

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/08

    確かに好き嫌い分かれる演奏家ですが、細部にわたって彼の才気がほとばしっています!リツキーが創る壮大な波や渦に身を任せている感じです。雪かきなどは特に圧巻!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/06/26

    このプロコは凄過ぎる!
    今まではプロコの7番はマツーエフを聴いてきましたが、あの重量級マツーエフ盤が華奢に聴こえるほど超怒涛の重量級戦車、桁違いです!ちょっとした録音の悪さもモノともしない!
    是非1度聴いていただきたいです★

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:19件中1件から15件まで表示