トップ > My ページ > SPENDOR SP100 さんのレビュー一覧

SPENDOR SP100 さんのレビュー一覧 

検索結果:145件中31件から45件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/17

    英国フォークロックファンやプログレ者に限らず幅広く、特にミクスチャーやジャズクロスオーヴァーだのEGO-WRAPPIN'あたりを聴いている若い音楽ファンに是非この本物を聴いてもらいたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/17

    すべて伝統歌だがsteeleyeあたりと比べたら恐ろしくモダンに聴こえる。前作までの殺気だったスリリングな展開は無いがB面の大曲も一気に聴かせる構成は見事。細部までじっくり聴き込みたい一枚。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/16

    紙ジャケブームを受けて英国フォークのかなりレアなアイテムまで国内CD化されているのに未だ出てこない大御所。スケールの大きさを感じさせる『SUNDAY SONG』はプログレッシブな名曲。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/16

    最近のリマスターCDの音質は素晴らしく国内盤LPなど軽く凌駕しているが、それでもUK盤LPで聴ける感動には及ばない。然しオリジナルが高嶺の花となった本作では紙ジャケCDの存在感は大きい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/16

    高額プレミアの1stと異なりオリジナルLPでも容易に入手可能。話はそれるが確かにケイパビリティブラウンは最高なので早くCD化して多くの人に聴いてもらいたい。私はオリジナルLP持っているので買わないが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/15

    オリジナルLPは日本人の平均月収を上回る伝説のアルバムのデモ・トラック集。唯一無二の天上界の音楽の片鱗が聴ける。ジャケと一部の曲が異なるLPには、さらに興味深いR&Rナンバーも収録。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/15

    オリジナルLPはSWIRL VERTIGOの特殊ジャケで10万円超。紙ジャケCDまでメロウキャンドル同様プレミア付。それ程素晴らしいかは疑問なのだが、かといって決して放ってはおけない魅力を持っているのも事実。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/15

    レインボーがカヴァーした曲なんて、かなりキャッチーで良い感じ。聴き応えのあるキーボード・ハードロック。オリジナルLPはかなり高いが、デフジャケのリイシュー盤はCD並の値段…。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/14

    フォークやジャズ、ブルース、ロックは素材に過ぎない。様々な材料を持ち寄って、とにかくカッコ良い音楽を作ろうとしていたのでしょう。伝統あるトラッドをベースにこの時代最もプログレッシブに先端を行っていたのだから凄い。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/14

    UKフォークに括ってはいけない。仏ジャズに通じる気品とヤバさが両立。この人たちは本物の不良。本来ロックはこうあるべき。本来ジャズはこうあるべき。オリジナルLPも入手し易いので是非。名盤。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/13

    オリジナルはSWIRL VERTIGOでジャケも良いので人気、ドラムレスのトリオながらジェスロタルとサードイヤーバンドが合体したようなヘヴィなロックを聴かせる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/07

    ドーン移籍第一弾。オリジナルLPはデニムジャケットの特殊仕様でありそれなりのプレミア。ブルーアイドソウルの大御所、元コロシアムのクリス・ファーロウ加入で当然大幅に黒方向へシフト。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/11/07

    オリジナルLPはペガサスの1番で比較的入手は容易。ハードロックでありながら英国的にヒンヤリとした肌触りであくまでもクール。キーボードも活躍する。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/10/28

    チャボの発案で何故かサイケに。最もマニアックといわれたバンドが最後に万人に受けるアルバムを作った。セールスも好調だっただけに活動停止が残念。ハチのいるRCがもっと聴きたかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2005/10/28

    RC再浮上はこのライブ盤から始まった。
    『KING OF〜』より曲がコンパクトにまとめられており、わかりやすいロックンロールショーを展開、敷居が高く敬遠されがちだったバンドが以降一般人ファンに浸透していく。RC入門用。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:145件中31件から45件まで表示