トップ > My ページ > Mr.モジョ さんのレビュー一覧

Mr.モジョ さんのレビュー一覧 

検索結果:339件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/04/09

    枯れた味が出てますね(笑)残念ながら自己崩壊寸前の悪あがき感が…

    この頃からEvanはバンド(OASIS,SUEDEなど)の追っかけとして有名になる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/06/01

    92年の3作目。デトロイトの伝説☆あのジョン・スペも絶賛!初期のフィーリングを取り戻しつつあっただけに解散は残念だがそれもまた潔い。M11の後方援護はヤバイ感じ。前作ではSUICIDEをカヴァーしてたよね

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/31

    91年作品。後年のMOJO NIXONとの共演に繋がる様なホーンを使ったM3はこの中では異色のナンバー。近年はあのMELVINSとの共演を果たし、その健在ぶりを示したシニカル・パンク野郎J.ビアフラ。マイク・パットンじゃありませんよ念の為

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/30

    新たに強力なドラマー、ボブ・バートが加入してのミニ・アルバム。前任ドラマーのチャールズも半分叩いてます。NYのヤバイその筋の連中を追ってきた中毒者なら知らない奴は居ない筈だ(笑)。SUICIDEやTHE BIRTHDAY PARTY辺りの影響がモロに窺えるがどうだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/30

    元祖サーフ・ギターの泣く子も黙る怖いおっさん、それがこの御人。デビューが61年であのジミ・ヘンも慕っていた様だ。しばらくの長い沈黙を破り自身のレーベルより突如出された前作に引き続いての快作。西海岸ガレージ・パンクやハードコア勢に与えたインパクトも大きかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/28

    NYのハイパー・ポップ・ユニットの4作目。コステロ直系のハード・ポップやヒネリの利いたエディット感覚が冴え渡る曲まで、始めから終わりまで決して飽きさせない展開で是非とも皆さんに聴いてもらいたい。M2,8をシングル・カット。全38曲入り@

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/26

    間の生かし方1つにしても経験値が違うのだよ君(笑)MC 5の問答無用のカヴァーも炸裂してますな。故砂男に合掌

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/25

    21世紀も健在で何よりのアメリカ大統領(笑)。音は荒削りだが楽曲は某有名バンドのパロディみたいな物から...までひっくるめて皆さんご存じ変態バブルガム・ポップとでも申しましょうか。最終曲は素晴らしい出来映えであっぱれじゃ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/24

    ルックアウトの古株。今は無きJAWBREAKERらとサンフランシスコにて一時代を築いた。曲によってはBAD RELIGIONやMEGA CITY 4を思い出したりするが、もはや職人芸と化したBenのソングライティングはイケてます。燃え萌え

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/24

    CRYPTより1st&2ndの嬉しい再発盤。訳の分からんロウ・エナジーが炸裂する89年発表の1枚目に比べアレックス・チルトン監督を迎えた90年発表の2枚目は随分音が整理されてきている。ミック・コリンズの影響力は以後衰える事無く、DIRTBOMBS結成へと至る。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/23

    それにしても随分とコワモテな輩ばかり集めたものだ(笑)アドレナリン出っぱなしの ゾンビ的快感に浸ってます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/22

    シスコ拠点のある意味アングラ界モンスター・バンドによる7作目。前作に引き続きアルビニ氏の録音が連中の繊細な音世界をフォローしている。個人的な意見だが特に静的パートのヤバイ雰囲気はJEFF BUCKLEYの神秘的感覚を想起させる。コアなファンを唸らせるのも納得できる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/21

    THE DOORS経由でたどり着きましたが、確かにこのリズムを拝借してましたね〜。しかし退屈である。いつの日か歯医者で聴いたような...リラックス...アルファ波...眠気までしてくる始末だ。こんな時にはBreak On Thru

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/21

    音がブ厚けりゃいいってもんじゃない。さすがに化粧もブ厚いNO DOUBT全く疑う余地も無い。偉大な先輩バンドFISHBONEのお陰よの〜平和ボケにはうってつけの...トホホ

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/05/21

    オタッキーなロンドンっ子達によるある意味オタク入門編といった趣。シングルがM2,10,13。その2曲目NEIL YOUNGのカヴァーがイケてる。私的にはアコースティックな感じの曲が素敵に響きました。THE FIELD MICEやTHE HIT PARADEのメンバーも所々貢献してる様だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:339件中1件から15件まで表示