トップ > My ページ > テリーヌ さんのレビュー一覧

テリーヌ さんのレビュー一覧 

検索結果:1283件中1156件から1170件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    1楽章の盛り上がり、2楽章の流れるような自然なワルツ。オーケストラ版では味わえない趣きがあり、リスト得意のピアノ版編曲の他曲(ベートーベンなど)と比べても優れていると思いました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    古きアメリカの情景が浮かび上がるような絵画的な作品。有名な「グランドキャ二オン組曲」の夜明け、嵐、馬旅などの描写の見事さはハリウッド映画にも似合う感じです。ミシシッピ組曲は楽天的な曲想が気分よくさせてくれます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    別宮氏の交響曲はあまり好きではありませんでしたが交響曲第5番はやや好きです。それよりもピアノ協奏曲は味があって、準和風ラフマニノフといった感じで大好きです。バイオリン協奏曲(このCDには入っていません)ととも別宮氏の傑作と思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    別宮貞雄氏は東京大学の美学科と物理学科を卒業した異色の作曲家だったと思います。著書「音楽の不思議」は私の愛読書です。氏のバイオリン協奏曲第3楽章は宮沢賢治の童話にでてくる「ぎんがぎがぎが」という擬音語を思い起こすリズムに乗って日本人の持つ先天的な波長になじむ名曲で、突然終わるコーダ部分が魅力的。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    「管弦楽法」の著者としても有名なピストンですが、よく出来ていても魅力的な曲は多くないように思っています。しかし交響曲第二番は感涙するような魅力を持った作品だと感じています。昔聴いたマイケル・ティルスン・トーマス指揮のものが最高でしたが、この盤はそれに準じて良いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    職人・音楽学者といった雰囲気を持つレーガーは良い曲が多いのですが、惹きこまれるような名曲はあまりないように思っていました。ピアノ毒草の変奏曲などは素晴らしいと思うのですが。このピアノ協奏曲は渋さの漂う重厚な作品で、ブラームスのピアノ協奏曲第一番に匹敵する魅力を持っていると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    初めてモンサルバーチェのピアノ協奏曲を聴いた30年前の喜びをあらたに書き換える綺麗な演奏でした。粘りのある曲想が魅力的。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    文筆活動も行っているピアニストである著者のピアニスト評伝で、著名ピアニストの特色を見事に表現しています。興味深い本です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/19

    実に懐かしい気持ちを呼び起こしてくれる不思議な作品集です。昭和30〜40年代の情景がごく近くに出現したかのようです。しかし現実には起こりえない超常現象を描いており、作品の世界に引き込まれるような気持ちです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/17

    オンドマルトノ協奏曲とハープ協奏曲の2曲が入ったLPレコードを高校時代によく聞いていたのですが、災害で滅失してしまいました。齢を重ねて今CDで聴いてみて、なつかしいと同時に新鮮ですがすがしい印象です。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/17

    トマジやジョリベのトランペット協奏曲など、他ではなかなか入手できない曲が多く入っていることが嬉しい商品です。30年前トマジのこの曲を初めて聴いたときに経験した新鮮で爽快な気分を忘れずにいます。モーリス・アンドレ氏はいつも喜びに満ちて演奏しているかのように聞こえます・

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/17

    神話の世界に引き入れられるような美しい演奏。躍動感溢れる部分でも美しさを保っています。特に木管楽器の澄みきった音色が印象的。きらめき感を引き立てる素晴らしい録音。「ダフニスとクロエ」のベスト盤と思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/16

    対談形式によりとても楽しく書かれた作曲家論。斬新な切り口で意外なエピソードや興味深い分類など、一気に爽快な気持ちで読めました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/16

    ポーランド大統領でもあった大ピアニストパデレフスキーの作品のなかでも、Fantasie Polonaise(幻想ポロネーズ)は、個人的にはひときわ優れた作品と思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/16

    厳しさと優しさを兼ね備えた神々しい音響世界で、宗教曲としては一級の作品と思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:1283件中1156件から1170件まで表示