トップ > My ページ > 白塗りのサル さんのレビュー一覧

白塗りのサル さんのレビュー一覧 

検索結果:573件中436件から450件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     私小説作家であった作者が極貧生活から中世ヨーロッパへ飛翔、その勢いを駆って、あの世まで飛び去ってしまった。
     戦後、ミシマやシブサワの評論による再評価で今や大手の出版会社による文庫で手軽に彼の作品集が読めるようになった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     戦前の数少ない本格短編長編小説の骨格をもった貴重な作品。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     昭和初期の本格短編の貴重な作品集。
     まさか文庫で読めるとは思っていなかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     海野十三の影に隠れているがSF作家として、戦前小栗虫太郎、木々高太郎と共に探偵小説第二世代として活躍した氏の貴重な作品集。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     谷譲二、林不忘という別名三つの顔を持つ超流行作家の牧逸馬名義による作品集。
     流行作家のハードな仕事ぶりは激しく、全盛期に急逝される。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     戦前、創作SF小説の元祖として活躍した作者の都市型幻想探偵小説。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     戦前、江戸川乱歩ら探偵小説創世記の世代の後、小栗虫太郎ら第二世代として、探偵小説勃興に尽力した氏の短編小説の代表作を中心とした作品集。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     早熟な少年は大正期より創作で活躍し、戦後も本格小説隆盛期に横溝正史とともに活躍した作者の作品集。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     短編よりも短い、コントというジャンルで一閃の輝きを発揮した作者の貴重な作品集。
     作品の傾向に比して人生も一閃の輝きを残し、急逝された作者は1920年代日本の幻想小説全盛時代の一閃の輝きとして伝説になる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     華族であり、司法関係者であった作者の残した三大長編小説の一作。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     江戸川乱歩を代表とする幻想文学を主体とした所謂「変格探偵小説」に対し、飽くまでも純粋な探偵小説を追求する「本館探偵小説」を標榜した作者の作品集。
     トリッキーな題材を取り上げたミステリーが多い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     江戸川乱歩等同時代の作家に隠れがちであるが戦後まで息の長い活躍をした著者の戦前の長編小説。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/26

     馬場胡蝶から原稿を取り戻した江戸川乱歩は、当時「新青年」編集長であった森下雨村に原稿を送りなおす。その原稿を読んだ森下雨村は日本人による創作探偵小説としての出来の良さに衝撃を覚えると同時に、雨村自身が読んだ事のない海外の小説の翻訳ではないかとの疑いを抱き、小酒井不木原稿を確認してもらうよう依頼する。
     その原稿を読んだ不木から類まれな純然たる創作であるとの太鼓判を頂きそれに自信を得た雨村は自身の編集する「新青年」に掲載を決意する。
     その作品こそ日本ミステリーの古典「二銭銅貨」であった。
     江戸川乱歩の生みの親ともいえる作者の作品集であり、医学博士であり、犯罪、毒薬に関する評論に造詣の深いところを見せる氏の犯罪小説から、SFの範疇にはいる作品まで、大正から昭和初期に至る当時の世相を反映した貴重なもの。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/25

     小栗虫太郎の「黒死館殺人事件」と並び称される日本ミステリー界の奇書。
     あの横溝正史が久々に読み始めたら頭がおかしくなりそうになったという。奇抜な文章構成、舞台構成、他の作家と一線を画すスタンスによる設定。ある意味文学の極北に位置する異端中の異端文学。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/25

     日本ミステリー界の奇書が久々に文庫として登場。
     作者により、散りばめられたペンダントリーの策略に挑む読者はこの格調ある、悪く言えばとっつきにくい文体にどこまで耐えられるか。ぜひ購入して勝負してもらいたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:573件中436件から450件まで表示