トップ > My ページ > Human@TheEarth さんのレビュー一覧

Human@TheEarth さんのレビュー一覧 

検索結果:101件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/03/05

     初期Deutsche Grammophon盤から買い換えた結果、正解でした。古い録音のSACD化は、音質にがっかりするものもありますが、これは、解像度が上がり、低音から高音までよく出ています。
     鼻につく演奏もあるカラヤンですが、ここまできれいで完璧なら、最高のシベリウスと言ってもいいでしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/06/26

    何曲かは、同録音CDを持っているが、このシリーズの方が、音の悪いものが多い。「音がいい」という触れ込みで買ったのに、残念です。(演奏がいいのは言うまでもありません)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/06/23

    チャイコ4〜6のDG盤も初期のものを持っていますが、それと比較して音質は落ちるように思います。特に、音域と音の輪郭が劣化しているように感じます。残念でした、DGのSACDの音はどうなのだろうか?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/01/12

    交響曲は、想定外の掘り出し物。まず録音がいい。低音から高音までフラットに入っていて、なめらかさがSACDのよう。演奏は、大向こうを唸らせる類いのものではないが、小編成で要所を押さえた秀演。日常で何度も聞きたくなるようなCDです。交響曲以外は、初期NAXOSによくあったように、まあこんなものかというところ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/01/06

     全般的に、現代のショスタコという印象で、Salonenのようにクッキリとクリアな音作りです。Kondrashinのような激しさ、Svetlanovのようなドデカさ、Mravinskyのような厳しさといった作曲者と時代を共にした世代の演奏のような、鬱積した感情とその爆発は感じられません。かと言って、Inbalほど冷静というわけでもありません。新世代のカチッとした格好いいタコ全と言えばいいでしょうか。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/12/15

    年代を考えると、録音がひどい。ウィーンでの録音が大好きだったので、それより録音年度の新しい本盤を購入したら、×。膝上録音というのは、本当でしょう。ただし、演奏は彼らしいもの。それだけに、録音が惜しまれる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/09/15

    アンチェルの演奏は、Supraphon盤、Thara盤、Philips盤、Aura盤と集めたが、このBoxの中に所持していない演奏が多少あって、購入を迷うところ。音質がよくなっていれば、ぜひとも買い直したいところ。従来盤は、Stereo録音でも音質が気になる録音ばかりだったので。。。こんなに多くのレーベルから出ていた録音が混じっているというのは、ライセンスはどうなっているのだろう? また、原盤からのコピーはどういう過程を経ているのだろう?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/04/26

    古楽器による語るバッハ演奏を聴き慣れた耳には、重くて、流麗に(リズムを誇張しない)感じる演奏ですが、録音当時としては小編成で軽めの演奏だったのでしょう。比喩的に表現すれば、清潔感と清涼感のある演奏で、清々しく感じます。特に2番は、ニコレのフルートも加わり、夏の日に日陰に吹いてくる高原の涼しい風のようです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/04/25

    これは、久しぶりの大当たり。ロドリーゴは、非常に馴染みやすい旋律の曲が多く、半分ムード音楽として聴けます。録音もなかなかいいし、演奏もなかなかのレベル。もし、スターリンがいわゆる社会主義的リアリズムの曲を、ショスタコでなく、ロドリーゴに強要したら、、、などと想像してしまいます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/04/22

    このレビューを読んで音質がかなり改善したのかと思い買い直したら、ガッカリ。Tharaレーベルの紙のブック型のフルヴェン4枚組(その中の1枚がこの録音)と、それほど変わらない。演奏は、もちろん、すごい!!!

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/31

    nanamomaさんの指摘される箇所、音飛びがあり、気になっていました。以前、同録音(全集3枚組)と選集(1枚)のCDとを持っていましたが、私の記憶にある限り、この音飛びはありませんでした。私の記憶が正しければ、製造過程が原因か、オリジナルテープが損傷したのか? HMVに問い合わせましたが、それに関する今のところ返答はありません。再問い合わせしました。
    演奏は、いつも言われるように凛としたものです。オリジナル楽器を聴き慣れた耳には荘厳に感じますが、演奏は★★★★★です。上記の件で-★です。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/11/15

    宇野功芳氏絶賛の演奏ですが、宇野氏の評論は主観がかなり強いように思います。当たりもあるけれども、はずれもそれなりにある。それで、価格が下がったので購入してみたら、おもしろい、おもしろい。すごいデフォルメなんですが、聴いていて気分がウキウキしてきます。こんな演奏もあるんだな〜、と新鮮な気分です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/08/23

    音の印象が多マイク録音でなくて、DENONのようなワンポイント録音でないかと思うような音で、楽器の分離が往年のDECCA録音と比べるとよくないです。全体的に、ソフトできれいな音で、音の傾向はやはりDECCAですね。
    演奏は、ビエロフラーヴェクらしく、奇をてらった表現はなく、淡々と進みます。それでも、充実した内容だともいます。残念なのは、ここ20年でチェコフィルの演奏技術が上がったとともに、音色が豊かになり、ローカル色がなくなってきたように感じます。これはこれで録音も含めすばらしい全集で、オーソドックスな名盤と言えると思いますが、ローカルな音色で充実した演奏を楽しみたいのなら、ヴァーレク=プラハSOの方がいいと思います。ノイマン旧盤はアンチェル時代の音色が残っていておもしろく思いますし、ノイマン新盤もオーソドックスで悪くはないと思いますが。。。
    買ってよかった全集です。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/08/07

    「白鳥の湖」のみ別レーベルのCDを持っています。臨場感があふれて、リズムといい、途中の拍手といい、まるで会場にいるような録音です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/05/31

    音が豪華すぎて、今ひとつ馴染めません。威圧されているようで。。。カラヤン全盛期のベルリンPOのせいか、クーベリックの音というよりベルリンPOという気がします。でも、レベルの高い全集だと思います。全集としては、個人的には、ヴァーレク=プラハRSOの落ち着きのある演奏が好きです。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:101件中1件から15件まで表示